『名探偵大活躍』

『名探偵大活躍』第1回 〜おはなしの せかい(3回連載)

投稿日:2017-05-02 更新日:

Pocket

「おはなしの せかい」は、以前に子ども向けの読み物を会員紙にて連載していた読み物に若干手を入れて再掲載したものです。不定期(半月〜1か月ペース)で更新していくつもりです。全体像はこちらからご確認ください。※本サイトはリンクフリーですが、掲載しております。文章などの著作権は「つなワタリ」に帰属します。無断転載、再配信等は一切お断りします。No reproduction or republication without written permission.




『名探偵大活躍』第1回

 

小学6年生のカズマは、何にでも興味を持つ性格で、興味を持ったことはとことん調べるタイプ。好きな本は推理小説や探偵小説。なぞときが得意で、家ではいつもパズルで遊んでいるほどだ。

 

パズル雑誌を買った帰り道、カズマはヘンなモノを見つけた。

 

(あれ? あんなところにヘンな黒いボックスが置いてあるぞ。昨日まではなかったはずなのに……。)

 

カズマが近づいてみると、その黒いボックスには、「当たりつき! スーパーガチャガチャ」と書いてあった。

 

(なんだこれ? 何が当たるんだ?)

 

そのガチャガチャは、スーパーの店先に置いてあるガチャガチャとは、ちょっと形が違う。しかも中に何が入っているかもわからない。

 

(1回100円かぁ。なんだかおもしろそうだなぁ。)

 

普通だったら、そんな中身のわからないようなものにお金をつかうわけがないのだが、カズマはちょっと違う。ちょっと変わったものを見ると、とってもワクワクするのだ。カズマはスーパーガチャガチャに100円を入れ、ハンドルをグルリとまわした。

 

ぽとん……

 

出てきたカプセルも真っ黒だった。

 

(なんだか、ドキドキしてきたなぁ。)

 

カズマがカプセルを開けると、そこにはジグソーパズルのような細かいたくさんのパーツが入っていた。

 

(な、なんだ、これ!? やっぱりムダなことにお金をつかっちゃったかなぁ……。)

 

入っていたモノが期待していたような特別なモノじゃなかったので、カズマはガッカリ。

 

(でも、パズルみたいだから、家に 帰ってやってみるかぁ。)

 

カズマは細かいパーツをカプセルにもどし、家に持ち帰った。

 

家に帰ったカズマはさっそく、細かいパーツを机の上に広げて、組み合わせはじめた。

 

(やっぱり、これはジグソーパズルだったんだな。でも、完成図がついていないぞ。それに、裏にも何か書いてあるみたいだ。どんな絵ができあがるんだろう……。)

 

「なんだこりゃ!」

 

アレコレ考えながらジグソーパズルを組み合わせたカズマが大きな声をあげた。そのジグソーパズルの表面は地図。そして、裏面には『当たり!』という文字が書かれていた。

 

(これはこの周辺の地図だな。ん? 地図に星印がついているぞ。その横には505という数字が書いてある……。なんでこれが当たりなの? あっ、そっか! これはも しかして……。)

 

しばらくジグソーパズルをながめながら考えていたカズマの顔がパッと明るくなった。

 

(よ〜し、明日の学校帰りに調べに 行ってみようっと♪)

 

 

そして翌日。カズマは地図をたよりに星印の場所を探していた。

 

「あった! ここだ!」

 

地図の星印の場所には、ちょうどマンションがあった。

 

(ということは、この数字は部屋の番号かな?)

 

カズマは少しワクワクしながらマンションの部屋まで行ってみることにした。そして505号室の前にたどりついたカズマはドアにかけられた看板を見てビックリ!

 

(ええ〜っ! スーパー探偵事務所  だって!? ど、どういうこと!?)

 

少しためらったが、カズマは思い切ってその部屋のチャイムを押してみることにした。

 

 ピンポーン 

 

「どなた? 何か用かな〜?」

 

いきなりドアが開いて、そこからやさしそうなオジサンが顔を出した。

 

(ど、どうしよう……。何か話さなくっちゃ……。そうだ、ジグソー パズルの裏には『当たり!』って書いてあったぞ!)

 

「こ、これ……。」
カズマは 自分で組み合わせたジグソーパズルをオジサンに差し出した。

 

ジグソーパズルを見たとたん、オジサンはニッコリと笑い、大きな声でさけんだ。

 

「大当たり〜!!」

 

いきなりオジサンがさけんだので、カズマはビックリ!

 

「ささっ、どうぞ入って!!」

 

あっけにとられたカズマは、そのままオジサンに手を引かれるままに、部屋に入っていった。
「すごいね!! 本がいっぱいだ!!」

 

オジサンの部屋はカズマが本で読んだような探偵事務所のイメージそのままだった。大きくて立派な机がデンと置かれ、壁には分厚い本がギッシリ詰まった本棚が並んでいた。

 

「さて、よくぞ当たりをひいてくれたね! わたしはキミがやってくるのを楽しみにまっていたんだよ。」

 

「それよりオジサン、いったい当たりって、なにをもらえるの?」
「それはね……。」

 

「うっそ〜!?」

 

オジサンから当たりの話を聞いて、カズマは思わず大きな声をあげた。
(第2回につづく)

 

 

 

 

↓私はこんなヤツです。
【アクセスアップ発信術/2018年版】ブログで共感者を集める9つの決め手
「よかったらツイッターのフォロー、応援よろしくお願いいたします☆」

 

スポンサーリンク



 

お仕事ご依頼、ブログのご感想などはメールでどうぞ。

 

つなワタリ
紙媒体(チラシ・パンフレット・チラシ・書籍・雑誌)の企画・編集・DTP・デザインから印刷物納品まで、関東圏内でのスチール撮影(プロフィール写真・イベント撮影・ライブ記録・レタッチ・定点映像記録撮影/1時間10,000円〜要相談)、WEBメディア掲載サポート(企画・編集・SEOライティング・取材・撮影)、オリジナル小説や企画作品の原稿執筆(プロットからの制作可能)、イベント運営(企画・サポート)などのお手伝いをいたします。下記からお気軽にお問い合わせください。

<特に下記の経験値が高い>
・スーパー特急チラシデザイン
・人物取材全般(オールジャンルが基本だが、より人間に迫るドキュメント系)
・地域活動文化(ボランティア、NPO関連)、草の根アートに精通(20年ほどの経験値)
・50〜2000人規模程度のイベントプロデュース

>> お問い合わせする

>> 会社サイトはこちら

 

-『名探偵大活躍』
-, , , , , ,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

関連記事

関連記事はありませんでした

関連コンテンツ

サイト内検索はこちら

つなワタリです。どうぞよろしくお願いいたします。 


LINE友だち追加

肩書きは「エディトリアル・アーティスト」&捨て身の高熱量「プロ無謀家」。集めて、編んで、外に発信することが生業。文章、映像、写真、イベント、コミュニケーションなどを活用しながら編み、考えていることを掘り下げて伝えていきたいと思っています。また、自分に負荷を与えるのが好きな性質を利用して、「プロ無謀家」として獣道を切り開きたいと思っています。

サイトタイトルの『インテリジェンス・ライフ』は「intelligence for good life」の略。生きた情報(インフォメーションではなくインテリジェンス)を大切にしたいという願望からつけました。

>>>プロフィール詳細

>>>お問い合わせ

>>>What’s New

>>>ウィッシュ☆ネットワーク|相談・共有・情報交換掲示板

2018年11月
« 10月    
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  
スポンサーリンク