オトナコドモ(漫画・特撮) マーベル映画 エンタメ

【アベンジャーズ4のタイトル】Annihilation(アナイアレーション)? マーベルが意識している「5つのクリエイトポイント」

投稿日:2018-10-11 更新日:

Pocket

【アベンジャーズ4のタイトル】Annihilation(アナイアレーション)? マーベルが意識している「5つのクリエイトポイント」

つなワタリ@捨て身の「プロ無謀家」(@27watari)です。いままで明かされなかった2019年5月3日全米公開予定の『アベンジャーズ4(仮)』の作品タイトルですが、『アベンジャーズ:アナイアレーション(Avengers:Annihilation)』で確定っぽいとされていました。しかし、『The Last Avenger』という説も出てきました。

最終的にどちらでもない可能性もありますが、いままで築き上げてきたアベンジャーズの世界が「消滅」することは間違いなさそうです。

今回は私が『アベンジャーズ』にハマってしまっている理由を少しだけ考え、軽いメモ的にまとめてみました。

作品タイトルだけで盛り上がる期待感! 仕掛けがうまいマーベル&ルッソ兄弟

先日、このツイートが話題になりました。

 

 

この中に4つの「A」が隠されているとか、「END GAME」という単語が隠されているとか、新作のタイトルのヒントが隠されているとか、ファンたちによる謎解きで大議論が繰り広げられました。

実際にこのツイートの写真にどんな意味が隠されていたのかは現段階では不明ですが、どうやら2019年5月3日全米公開予定の『アベンジャーズ4(仮)』の作品タイトルは、『アベンジャーズ:アナイアレーション(Avengers:Annihilation)』で確定っぽいようです。

いままで積み上げてきたアベンジャーズの世界は「消滅」し、X-MENたちの世界へと合流(移行?)すると予想されています。

 

しかし!

 

そんなときにハルク役のマーク・ラファロがテレビ番組でネタバレしたという話題が飛び込んできました。

そして、放送ではピー音でカットされた言葉を修復したファンが登場しました。

 

これによると『Avengers:The Last Avenger(アベンジャーズ:ザ・ラスト・アベンジャー)』だそうです。

 

マーク・ラファロの様子は海外のサイトでもまとめられています。司会者とのやりとりは、メッチャ面白いです。

参考:「Polygon」Mark Ruffalo’s Avengers 4 gag led Marvel’s most dedicated fans to decode audio
https://www.polygon.com/2018/10/8/17950986/avengers-4-title-mark-ruffalo-jimmy-fallon-spoilers

 

正式なタイトルは、遅くとも2019年3月8日公開『Captain Marvel』の本格的な予告公開時に判明します。2018年末あたりでしょうか。それまでまだまだ盛り上がっていくんでしょうね。

 

最終的には『Annihilation(アナイアレーション)』でも、『The Last Avenger』でもないような気もしますよね。

 

 

 

 

いち早くニュースをゲットするための巡回サイトはこちら

関連ニュースをいち早く知りたいなら、とりあえず公式ツイッターなどをフォローしておくのがイチバンでしょう。

 

【アベンジャーズ4のタイトル】Annihilation(アナイアレーション)? マーベルが意識している「5つのクリエイトポイント」

https://twitter.com/Avengers

 

 

【アベンジャーズ4のタイトル】Annihilation(アナイアレーション)? マーベルが意識している「5つのクリエイトポイント」

公式サイトはこちらです。
https://www.marvel.com/

 

 

さらに「Google NEWS」をチェックすると効率的にニュースを収集することができます。

参考:「Google NEWS」’Avengers 4′ title revealed

 

 

作品タイトルだけでファンの気持ちを盛り上げていくマーベル&ルッソ兄弟は、非常に仕掛けがうまいです。

とにかくファンの乗せ方がうまいですね。

海外エンタメの優れたクリエイターたちの共通項のような気がします。

 



 

チーム制でクリエイトすることで、大きな成功を得る可能性が高くなる

漫画に限定した場合、日本の場合は「一人の作家」が主導権を握って創作を続けるパターンが多いようです。

それに対して、マーベルなど海外の場合では「チーム制」になっている場合が多いです。人数が多いからこそ物語のきめ細かい展開ができますし、簡単にアイデアが枯渇することもなく多様なストーリーを積み重ねていくことができます。

もっともチーム制にすれば、それだけ金銭的、精神的コストもかかります。意思統一が機能せず、空中分解してしまうケースもあるでしょう。

リスクも高くなるわけですが、リスクは飛躍のチャンスでもあります。

そして、リスク回避のために、非常に高いレベルの競争や試行錯誤などが日常となっていきます。

この部分がハリウッドの強みなんでしょうね。

個人主体の日本では、どうしても甘えが出てしまいます。よほどストイックな天才じゃない限り、大きな成功は難しくなるのは明らかでしょう。

 

 

 

優れた作品を生み出すマーベルが意識している「5つのクリエイトポイント」

さて、ここで『アベンジャーズ』にハマってしまう理由を考えてみました。

そこで、『アベンジャーズ』の監督であるジョー・ルッソとアンソニー・ルッソ兄弟のクリエイティブポイントを検索してリストアップしてみました。

意識しているポイントを守れば必ず成功するわけではないでしょうが、リストアップした「5つのクリエイトポイント」は多世代の心に訴える共感ポイントでもあり、とても納得できるのではないかと思います。

 

(1)キャラクター主導が基本

・キャラの見せ場にこだわる(キャラの背景や性格を丁寧に描く)
『ブル~ス一家は大暴走』『コミ・カレ!!』といったテレビ番組で学んだ手法。

・アクションもキャラ主導の自己表現として描き、キャラ同士の化学変化を意識する

・深い人間ドラマが根底に流れている(等身大の人間味を描くことで共感創出)

・誕生するまでのプロセス(ドラマ)を伝えることで共感を生み出す

 

 

(2)熱狂的なファン意識を持つことが必須

・熱狂的なファン(マーベルゾンビ)を大切にする

・マーベルゾンビに認められ、リスペクトされるような熱狂人になる

 

 

(3)最後は自分の心の声に耳をすます

・自分のセンスを掘り下げることで、オリジナリティとクオリティを高める

・スタンリーの「マーベルメソッド」は、視覚的効果が強く、さらに後付けのクリエイティブは可能性の拡張にもつながる

 

 

(4)各映画のユニバース化(宇宙化)とマルチバース化

・科学的な思想をベースに据えることで、ユニバースだけではなくマルチバースの存在を導入することで、カオスという無限の選択肢を広げ、コスモスとして収束させる

・各映画の関連性を演出することにより、コスモスとしての収束だけではなく、思いがけない世界観の拡張(新たなカオス発見)につながる

・インフレ(世界の膨張)を意識的に演出することで、ビッグバンが起こりやすくなる。そして、さらに先にあるオムニバース(全宇宙)を模索する機会を増やす

 

 

(5)技術の集積とマーケティング

・CG技術をはじめ、あらゆる新しい手法や技法を探し求め、集積し、活用し、効率化し、質をふかめていく

・アクション、キャラ、国民性、心情、時代背景、あらゆる要素を意識して、作品をアピールする(例:ポスター展開)

 

メモ書き程度の内容になってしまいましたが、マーベルが意識している「5つのクリエイトポイント」はこんな感じじゃないでしょうか。

すべてのクリエイティブ行為にも当てはめることができそうです。

もちろんブログにも当てはまりそうです。

 

では!

【超クールなMARVELグッズ・セレクト】

【超クールなMARVEL(マーベル)グッズ】見つけたときに買わないと後悔必至

↓[ Googleセレクト 関連コンテンツ ]↓



 

 

↓私はこんなヤツです。
【アクセスアップ発信術/2018年版】ブログで共感者を集める9つの決め手
「よかったらツイッターのフォロー、応援よろしくお願いいたします☆」

 

スポンサーリンク



 

お仕事ご依頼、ブログのご感想などはメールでどうぞ。

 

つなワタリ
紙媒体(チラシ・パンフレット・チラシ・書籍・雑誌)の企画・編集・DTP・デザインから印刷物納品まで、関東圏内でのスチール撮影(プロフィール写真・イベント撮影・ライブ記録・レタッチ・定点映像記録撮影/1時間10,000円〜要相談)、WEBメディア掲載サポート(企画・編集・SEOライティング・取材・撮影)、オリジナル小説や企画作品の原稿執筆(プロットからの制作可能)、イベント運営(企画・サポート)などのお手伝いをいたします。下記からお気軽にお問い合わせください。

<特に下記の経験値が高い>
・スーパー特急チラシデザイン
・人物取材全般(オールジャンルが基本だが、より人間に迫るドキュメント系)
・地域活動文化(ボランティア、NPO関連)、草の根アートに精通(20年ほどの経験値)
・50〜2000人規模程度のイベントプロデュース

>> お問い合わせする

>> 会社サイトはこちら

 

-オトナコドモ(漫画・特撮), マーベル映画, エンタメ
-,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

関連記事

井深大氏が生きていたら「先代のAIBO」 を見捨てていただろうか?

井深大氏が生きていたら「先代のAIBO」 を見捨てていただろうか?

「aibo」が復活する。オーナーとのやり取りをソニー独自のAI技術によって学びながら個性的に成長していくそうだ。 公式ページより http://aibo.sony.jp/   キャッチコピー …

【超クールなMARVEL(マーベル)グッズ】見つけたときに買わないと後悔必至

【超クールなMARVEL(マーベル)グッズ】見つけたときに買わないと後悔必至

つなワタリ@捨て身の「プロ無謀家」(@27watari)です。MARVEL(マーベル)グッズを見ていると、ついついポチりたくなります。 スーパーヒーローたちのグッズは販売数にも限りがありますので、見つ …

【サノスが塵に!? 日本刀を持ったホークアイ?】海外Youtuberたちの「アベンジャーズ4(仮)」推理合戦がすごい

【サノスが塵に!? 日本刀を持ったホークアイ?】海外Youtuberたちの「アベンジャーズ4(仮)」推理合戦がすごい

つなワタリ@捨て身の「プロ無謀家」(@27watari)です。若いYoutuberっていうのはエネルギーに溢れていますよね。アベンジャーズ関連をメインで発信しているYoutuberたちも、世界中にかな …

6月に日本公開。グレタ・ガーウィグ監督作『レディ・バード』はヒットするのか?

6月に日本公開。グレタ・ガーウィグ監督作『レディ・バード』はヒットするのか?

目次1 「Rotten Tomatoes」で100%評価。全米映画批評家協会では最優秀賞2 「ママはわかってくれない!」 悩める女子高生の青春ストーリー3 故郷「サクラメント」と神の恩恵を意味する「サ …

フィジェットスピナーより地球ゴマやフィジェットキューブが面白い

フィジェットスピナー より地球ゴマやフィジェットキューブが面白い

目次1 2017年のトレンド! アメリカで「フィジェットスピナー」が流行中2 日本にもあった! 回転式遊び道具「地球ゴマ」3 高齢者にオススメのフィジェットキューブ 2017年のトレンド! アメリカで …

関連コンテンツ

サイト内検索はこちらから↓

サイト内検索はこちら

80%オフも! 日替わり! 売り切れ次第終了! 掘り出し物ザクザク! 最新Amazonセール情報 ↓

つなワタリです。どうぞよろしくお願いいたします。 


LINE友だち追加

肩書きは「エディトリアル・アーティスト」&捨て身の高熱量「プロ無謀家」。集めて、編んで、外に発信することが生業。文章、映像、写真、イベント、コミュニケーションなどを活用しながら編み、考えていることを掘り下げて伝えていきたいと思っています。また、自分に負荷を与えるのが好きな性質を利用して、「プロ無謀家」として獣道を切り開きたいと思っています。

サイトタイトルの『インテリジェンス・ライフ』は「intelligence for good life」の略。生きた情報(インフォメーションではなくインテリジェンス)を大切にしたいという願望からつけました。

>>>プロフィール詳細

>>>お問い合わせ

>>>What’s New

>>>ウィッシュ☆ネットワーク|相談・共有・情報交換掲示板

2018年12月
« 11月    
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31  
スポンサーリンク