人物スクラップ

好きな本ばかり読んでいた小学生時代の津本陽。今も昔も、自分の歪さを死守した人が生き残る

投稿日:

Pocket

好きな本ばかり読んでいた小学生時代の津本陽。今も昔も、自分の歪さを死守した人が生き残る

これは『週刊文春』創刊40周年記念特別企画の小冊子「Only Yesterday 著名人23氏が綴る“原点”あの頃の私」(1999年4月頃?)の記事を簡単にまとめたものです。若い人は知らない人も多いかもしれませんね。いまから約20年前です。私はすでにフリーで仕事をしており、会社を立ち上げる直前でした。
—————————————–

好きな本ばかり読んでいた小学生時代の津本陽。今も昔も、自分の歪さを死守した人が生き残る

日本の小説家、津本陽(つもと よう)は、現在89歳

好きな本ばかり読んでいた小学生時代の津本陽。今も昔も、自分の歪さを死守した人が生き残る

和歌山県出身、東北大学法学部卒の津本陽さんは、1978年に故郷和歌山を舞台にした『深重の海』で第79回直木賞を受賞しました。

『下天は夢か』『夢のまた夢』などが代表作で、歴史小説を中心に数多くの作品を世に出してきています。現在は時代小説作家、編集者の親睦団体「歴史時代作家クラブ」の名誉会長兼顧問を務めています。

公式サイトなどはないようです。

 

 

本、本、本……本がすべてだった小学生時代

子どもの頃から運動系は苦手だったようです。

泳ぐこと、自転車に乗ること、鉄棒での逆あがり、跳び箱の五段跳びまど、苦心惨憺な記憶しか残っていないようでした。

しかし、「読み書き」は、いつ頃からできるようになった記憶すらなく、自然にできるようになったと述懐されています。

小学生時代はいつでも本を読んでいたようです。

友だちの家を渡り歩き、借りてきて読むことも多かったようです。読んだことがない本がたくさん並んでいる書棚に出会うと、“舌なめずりするような気分になった”そうです。

道を歩いているときも、ご飯を食べているときも、本に没頭。想像の世界にひたっていたそうです。かなりヤバイですね。

成績は良くなかったようです。興味の持てない学科を習得しようとはしなかったからです。授業中も注意散漫と怒られていたようです。

そんな津本少年の心を、本は癒し、喜ばしてくれたようです。

 

・ ・ ・

 

結局、今も昔も、自分の歪さを死守した人が生き残っているケースが多いんだと思います。

私も子ども時代、本は大好きでした。

読むペースも速く、ポプラ社の「怪人二十面相シリーズ」程度だと一日に2冊は読んでしまうほどでした。

小学生時代には小林秀雄なんかも読んでました。早熟?だったのかもしれません。家中の活字は全部読んだと思います。

基本的に乱読タイプでしたが、一人の作家を徹底的に掘り下げる部分もありました。太宰を読み始めたら、太宰のすべてを読まないと気が済まないタイプでした。

もっとも、さんざん読んだんですが、ほとんど本の内容は記憶していないんです。

その中で記憶に刻まれている本もありますので、その辺が自分の性質にフィットしたってことなんでしょうか。

何度読んでも最後まで読み切れなかった本もあります。

それは、宮沢賢治の『銀河鉄道の夜』です。

いま読んだら、ちゃんと読めるかもしれませんね。いや、やはり途中で断念するかもしれません。

どうして読めなかったんでしょう。

もともと宇宙系が苦手だからかもしれません。星座とか、いまだに全然わかりませんし。そういえば『銀河鉄道999』も見てないです。

あ、あと全然話が飛んでしまいますが、レッド・ツェッペリンの『幻惑されて』もちゃんと聴いたことないんです。

何度聴いてもダメなんです。不思議です。

 

 



 

 

 

津本陽の名言←→私の勝手な感想

「完全に絶望するということは、もうそれ以上は落ちない「底」に着いたということ。つまり、本当の絶望は、壁を乗り越えるための復活の始まりでもある」

私の感想→これ以上落ちないと思っていても、まだまだ落ちたりするんですよね。「どん底」下には、蟻地獄も、底無し沼もあると思います。

 

 

「「事実らしく見えるもの」を書くのではなく、できるだけ「事実」そのままを描き出すことだ。」

私の感想→事実をどういう表現するかが小説家のキモですよね。

 

 

「小説を書くうえで想像力は最も大切なものの一つだが、もう一つとても重要になるのが「自分自身の実体験」である」

私の感想→想像力って偉大だと思います。人間にとって、もっとも来たるのが難しい能力とも思います。ホントに想像力には限界があると実感しています。実体験を積み重ね、思考を積み重ねていかないと、どうしても狭い世界から突き抜けることができなくなります。

ジョンレノンの『イマジン』って、「子どもの頃には何をいってるんだ?」と思ってましたが、30代くらいになって、その言っていることに凄さを実感しました。

出典)ウェブ石碑 https://sekihi.net/writers/6355

 

 

 

 

↓私はこんなヤツです。
【アクセスアップ発信術/2018年版】ブログで共感者を集める9つの決め手
「よかったらツイッターのフォロー、応援よろしくお願いいたします☆」

 

スポンサーリンク



 

お仕事ご依頼、ブログのご感想などはメールでどうぞ。

 

つなワタリ
紙媒体(チラシ・パンフレット・チラシ・書籍・雑誌)の企画・編集・DTP・デザインから印刷物納品まで、関東圏内でのスチール撮影(プロフィール写真・イベント撮影・ライブ記録・レタッチ・定点映像記録撮影/1時間10,000円〜要相談)、WEBメディア掲載サポート(企画・編集・SEOライティング・取材・撮影)、オリジナル小説や企画作品の原稿執筆(プロットからの制作可能)、イベント運営(企画・サポート)などのお手伝いをいたします。下記からお気軽にお問い合わせください。

<特に下記の経験値が高い>
・スーパー特急チラシデザイン
・人物取材全般(オールジャンルが基本だが、より人間に迫るドキュメント系)
・地域活動文化(ボランティア、NPO関連)、草の根アートに精通(20年ほどの経験値)
・50〜2000人規模程度のイベントプロデュース

>> お問い合わせする

>> 会社サイトはこちら

 

-人物スクラップ
-,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

関連記事

小出義雄監督がブログマラソンでメダルを獲る5つのコツを教えてくれた

小出義雄監督がブログマラソンでメダルを獲る5つのコツを教えてくれた

つなワタリ@捨て身の「プロ無謀家」(@27watari)です。7月になりました。6月末までに達成する予定だった「無謀ブログマラソン」の完走を目指して歩みを進めています。 自分へのエールを込めてマラソン …

大手に対抗! 「納豆工房せんだい屋」の伊藤 孝さんの挑戦(『日刊ゲンダイ』の切り抜きより〜2009年頃)

大手に対抗! 「納豆工房せんだい屋」の伊藤 孝さんの挑戦(『日刊ゲンダイ』の切り抜きより〜2009年頃)

目次1 池尻大橋にある“納豆のデパート”は話題性満点の挑戦する納豆店2 現在は世代交代で伊藤英文さんが三代目社長に3 商品の「ふっくら大粒」は、全国納豆鑑評会で永山久夫賞受賞4 そもそも納豆の起源は? …

池上製麺所の池上瑠美子(るみばあちゃん)さん

池上製麺所の池上瑠美子さん(『朝日新聞』の切り抜きより〜日付不明)

  目次1 「るみばあちゃん」は讃岐うどん界のアイドル的存在〜記事メモ2 人柄がいいことで他人から愛されるようになる3 1940年 幻の東京&札幌オリンピック 「るみばあちゃん」は讃岐うどん …

活動する神父、ステファニ・レナトさん(『朝日新聞』の切り抜きより〜日付不明)

活動する神父、ステファニ・レナトさん(『朝日新聞』の切り抜きより〜日付不明)

  目次1 人間の尊厳を地道に守るために行動する〜記事メモなど2 ステファニさんの志は現在も息づいている 人間の尊厳を地道に守るために行動する〜記事メモなど ステファニ・レナトさんはイタリア …

絶対的な存在である「師」との出会いが、平岩弓枝の人生を左右した

絶対的な存在である「師」との出会いが、平岩弓枝の人生を左右した

これは『週刊文春』創刊40周年記念特別企画の小冊子「Only Yesterday 著名人23氏が綴る“原点”あの頃の私」(1999年4月頃?)の記事を簡単にまとめたものです。若い人は知らない人も多いか …

関連コンテンツ

サイト内検索はこちら

つなワタリです。どうぞよろしくお願いいたします。 


LINE友だち追加

肩書きは「エディトリアル・アーティスト」&捨て身の高熱量「プロ無謀家」。集めて、編んで、外に発信することが生業。文章、映像、写真、イベント、コミュニケーションなどを活用しながら編み、考えていることを掘り下げて伝えていきたいと思っています。また、自分に負荷を与えるのが好きな性質を利用して、「プロ無謀家」として獣道を切り開きたいと思っています。

サイトタイトルの『インテリジェンス・ライフ』は「intelligence for good life」の略。生きた情報(インフォメーションではなくインテリジェンス)を大切にしたいという願望からつけました。

>>>プロフィール詳細

>>>お問い合わせ

>>>What’s New

>>>ウィッシュ☆ネットワーク|相談・共有・情報交換掲示板

2018年8月
« 7月    
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
スポンサーリンク