オレ刊!つなワタリ | 自分らしく生きる「インテリジェンスライフ」

エディトリアルアーティスト・つなワタリによる自分らしく輝き、楽しく生きる提案。マイペースな“オレ刊”発信

人物スクラップ

キャンディーズ解散、水谷豊との結婚、そして出産……伊藤蘭

投稿日:

Pocket

好きな本ばかり読んでいた小学生時代の津本陽。今も昔も、自分の歪さを死守した人が生き残る

これは『週刊文春』創刊40周年記念特別企画の小冊子「Only Yesterday 著名人23氏が綴る“原点”あの頃の私」(1999年4月頃?)の記事を簡単にまとめたものです。若い人は知らない人も多いかもしれませんね。いまから約20年前です。私はすでにフリーで仕事をしており、会社を立ち上げる直前でした。
—————————————–

キャンディーズ解散、水谷豊との結婚、そして出産……伊藤蘭

日本の女優、ナレーター、伊藤 蘭(いとう らん)は、現在63歳

東京都武蔵野市出身、日本大学芸術学部演劇学科在学中にキャンディーズ結成。1973年9月のデビューから1978年4月の解散まで、伊藤蘭さんは一気に走り抜けた印象です。5曲目のシングル『年下の男の子』でセンターポジションになってから、ほとんどのリードボーカルを務めました。

その後、女優として芸能界に復帰。女優として映画、舞台、テレビドラマなどで活躍中。

私生活では6年半の交際期間を経て水谷豊と結婚。長女の趣里(しゅり)も女優の道を歩んでいます。

公式サイト http://trysome.jp/artist/ito-ran
インスタグラム https://www.instagram.com/ranito_official/

 

 



 

 

 

キャンディーズ解散から20年。他人から見ると羨ましい人生

キャンディーズ解散から20年という期間に起こった結婚、出産という私生活の一大イベントを中心に原稿は書かれていました。

幸せ報告書的な内容です。誠実に書き綴っています。幸せなによりです。

そして、さらに20年。

変わらず安定して活動を続けている様子です。文章からも伝わってきますが、誠実な性格が運を呼び込んでいるんじゃないかと思います。

 

・ ・ ・

 

息の長い人って、最後は性格なんだと思っています。

もちろん最低限の能力は必要ですが、相手に「一緒に何かやりたい!」と思わせる人柄ってとても重要です。

一匹狼・孤高タイプの人は、よほど自分の才能を磨き続き、唯一無二の存在であり続けないと、フェードアウトしてしまいます。

 

それにしても蘭ちゃん、還暦過ぎているとは思いませんでした。

一見すると華やかで、天真爛漫な印象ですが、影ではかなりの努力家なのかもしれません。

顔つきがキリリとしています。優しい雰囲気ながらも、一本筋が通っている印象です。

水谷豊の活躍を見ていると、内助の功も素晴らしいのでしょう。

ちなみに内助の功とは、言葉のとおり、“内側から助ける仕事をする”ことです。

山内一豊のエピソードから生まれた言葉です。正妻・千代がお金を出してくれたおかげで一豊は良馬を買うことができ、その馬が織田信長の目に止まって出世したという逸話からきたものだそうです。

 

 

 

伊藤蘭の名言←→私の勝手な感想

「私は私なりに、やるしかない」

 

「自分を解き放たないと、舞台や演技ってできないと思うんです」

 

「私はあまり先のことは考えられなくて、いつも今できることを、精いっぱいやることしかできないんです。気力体力の充実と共に、その情熱みたいなものを失わないようにしていきたいですね」

 

私の感想→こういった言葉を見ると、やはりかなり心が強く、前向きで、冷静で、何事にも全力を尽くすような人だと感じます。すごい人は、いまをシッカリと生きています。

 

出展)地球の名言 http://www.earth-words.net/human/ito-ran.html

 

 

 

↓私はこんなヤツです。
【アクセスアップ発信術/2018年版】ブログで共感者を集める9つの決め手
「よかったらツイッターのフォロー、応援よろしくお願いいたします☆」

 

スポンサーリンク



 

お仕事ご依頼、ブログのご感想などはメールでどうぞ。

 

つなワタリ
紙媒体(チラシ・パンフレット・チラシ・書籍・雑誌)の企画・編集・DTP・デザインから印刷物納品まで、関東圏内でのスチール撮影(プロフィール写真・イベント撮影・ライブ記録・レタッチ・定点映像記録撮影/1時間10,000円〜要相談)、WEBメディア掲載サポート(企画・編集・SEOライティング・取材・撮影)、オリジナル小説や企画作品の原稿執筆(プロットからの制作可能)、イベント運営(企画・サポート)などのお手伝いをいたします。下記からお気軽にお問い合わせください。

<特に下記の経験値が高い>
・スーパー特急チラシデザイン
・人物取材全般(オールジャンルが基本だが、より人間に迫るドキュメント系)
・地域活動文化(ボランティア、NPO関連)、草の根アートに精通(20年ほどの経験値)
・50〜2000人規模程度のイベントプロデュース

>> お問い合わせする

>> 会社サイトはこちら

 

-人物スクラップ
-, , ,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

This site uses Akismet to reduce spam. Learn how your comment data is processed.

関連記事

人生はすべて「旅」。旅人・探検家を体現している人、石川次郎

人生はすべて「旅」。旅人・探検家を体現している人、石川次郎

これは『週刊文春』創刊40周年記念特別企画の小冊子「Only Yesterday 著名人23氏が綴る“原点”あの頃の私」(1999年4月頃?)の記事を簡単にまとめたものです。若い人は知らない人も多いか …

好きな本ばかり読んでいた小学生時代の津本陽。今も昔も、自分の歪さを死守した人が生き残る

好きな本ばかり読んでいた小学生時代の津本陽。今も昔も、自分の歪さを死守した人が生き残る

これは『週刊文春』創刊40周年記念特別企画の小冊子「Only Yesterday 著名人23氏が綴る“原点”あの頃の私」(1999年4月頃?)の記事を簡単にまとめたものです。若い人は知らない人も多いか …

ロシア人のアイドルだった!? 大黒屋光太夫さん(『日刊ゲンダイ』の切り抜きより〜1992年3月10日)

ロシア人のアイドルだった!? 大黒屋光太夫さん(『日刊ゲンダイ』の切り抜きより〜1992年3月10日)

目次1 日本人最初! ロシア生活10年! 漂流した伊勢の船頭、光太夫2 三重県鈴鹿市にある「大黒屋光太夫記念館」は平成17年に開館 日本人最初! ロシア生活10年! 漂流した伊勢の船頭、光太夫 記事は …

活動する神父、ステファニ・レナトさん(『朝日新聞』の切り抜きより〜日付不明)

活動する神父、ステファニ・レナトさん(『朝日新聞』の切り抜きより〜日付不明)

目次1 人間の尊厳を地道に守るために行動する〜記事メモなど2 ステファニさんの志は現在も息づいている 人間の尊厳を地道に守るために行動する〜記事メモなど ステファニ・レナトさんはイタリア・トリノ出身。 …

絶対的な存在である「師」との出会いが、平岩弓枝の人生を左右した

絶対的な存在である「師」との出会いが、平岩弓枝の人生を左右した

これは『週刊文春』創刊40周年記念特別企画の小冊子「Only Yesterday 著名人23氏が綴る“原点”あの頃の私」(1999年4月頃?)の記事を簡単にまとめたものです。若い人は知らない人も多いか …

スポンサーリンク

サイト内検索はこちら

つなワタリです。どうぞよろしくお願いいたします。 


LINE友だち追加

肩書きは「エディトリアル・アーティスト」。集めて、編んで、外に発信することが生業。文章、映像、写真、イベント、コミュニケーションなどを活用しながら編み、考えていることを掘り下げて伝えていきたいと思っている。
サイトタイトルの『インテリジェンス・ライフ』は「intelligence for good life」の略。
輝く未来を一緒に! 無料メールコーチングはじめました。

>>>プロフィール詳細

>>>お問い合わせ

>>>What’s New

>>>ウィッシュ☆ネットワーク|相談・共有・情報交換掲示板

2018年6月
« 5月    
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930  
スポンサーリンク