オレ刊!つなワタリ | 自分らしく生きる「インテリジェンスライフ」

エディトリアルアーティスト・つなワタリによる自分らしく輝き、楽しく生きる提案。マイペースな“オレ刊”発信

雑学スクラップ

パスタを茹でるコツはバター! パスタっていつから呼ばれるようになった?

投稿日:2018-05-26 更新日:

Pocket

パスタを茹でるコツはバター! パスタっていつから呼ばれるようになった?

食べ物屋でバイトしていた期間が長かったので、まかないでパスタをかなり茹でました。そのときの経験やパスタにまつわる思い出を記しておきます。

 

おいしくパスタを茹でる基本と料理のコツ

まずはパスタをおいしく茹でる方法、料理のコツに関する備忘録です。

 

・大きな寸胴にたっぷりのお湯を沸かし、塩をたっぷり入れて茹でるのが基本
・差し水はできるだけしない方がいい(温度差によって味に影響が出る)
・茹でるときにバターを一片入れると吹きこぼれ防止になる(麺のくっつき防止にもなる)
・茹で上がったパスタは、すぐに湯切りしてソースと絡めて完成させる

 

ソース作りとパスタの茹で上がるタイミングを同じようにして、すぐに絡めて完成させるのが美味しいパスタに仕上げるキモです。

味の調整で必要になる場合があるので、茹で汁は全部捨てない方がいいです。

バターを一片入れると吹きこぼれ防止になるってコツは意外と知らない人が多いようです。

まぁ、知っていてもあまりやらないんですけどね。

 

 

 

家では大きな寸胴がない! どうすればいいのか?

私は小さな鍋で茹でるときは、思いきってパスタを折って茹でてました。こればっかりは仕方ないです。

もしくはナナメに入れて、かき回しながら、均等に茹でていくしかありません。それなりに気を遣います。

最近はレンジで茹でるグッズもありますよね。一回も使ったことがありませんが、うまく使えば無駄のないスグレモノって感じです。

 

 

 

大量に茹でたパスタの保管方法は?

一般家庭でやるケースはほとんどありませんが、パスタを茹で置きする場合はオリーブオイルと絡ませて保存します。

そうしないと麺がくっついて大変なことになります。

また、茹でる際に、若干だけ硬めに茹で上げておきます。しっかり茹でておくと、ソースで絡めたときに柔らかくなりすぎるんです。

 

 

 

新宿の専門パスタ屋さんの惨状

以前、新宿にあった某パスタ専門店のバックヤードを見て、かなり残念な気持ちになってしまいました。

超大量のパスタがバットに山盛りで階段に放置されていたんですよね。人気店だから仕方ないんですが、茹でたてのパスタじゃない専門店なんてのが昔はわりとあったんです。

さすがに現在はそんなお店はほとんどないでしょうが。

そういう意味では、なんだかんだいって日本人の口は肥えていますよね。

 

 



 

 

スパゲッティ? パスタ? いつから呼ばれ方が変わった?

呼び名が変わったのは、80年代後半でしょうか。

ちょうどバブル時期です。

「イタめし」なんて言葉が登場した時代と同時期だと思います。神楽坂の「カルミネ」のオーナーシェフがすごくチャーミングな人だったので、その辺から火が付いた印象があります。

あの人、すごくモテたでしょうね。

当時の話はそろそろ時効でしょうから、いろいろ聞き出したいです。

でも、絶対に活字にはできないでしょうね(苦笑)

ここのお店です。

 

パスタを茹でるコツはバター! パスタっていつから呼ばれるようになった?
http://www.carmine.jp/carmine.html

 

そもそもパスタはイタリア語で小麦粉で作られた食品の総称。スパゲッティ、ペンネ、ラザニアなどなどを全部含んでいます。

昔、「壁の穴」もスパゲッティと言ってましたが、いつの間にかパスタに変わりました。この辺の歴史を検証すると、パスタと呼ばれはじめた歴史が見えてくるかもしれません。

ちなみに「壁の穴」は昭和28年にオープンしてますから、半世紀以上の歴史なんです。調べるまで80年代に誕生したお店だと勝手に思い込んでいました。

では、パスタにまつわる雑学と思い出でした。

 

 

 

↓私はこんなヤツです。
【アクセスアップ発信術/2018年版】ブログで共感者を集める9つの決め手
「よかったらツイッターのフォロー、応援よろしくお願いいたします☆」

 

スポンサーリンク



 

お仕事ご依頼、ブログのご感想などはメールでどうぞ。

 

つなワタリ
紙媒体(チラシ・パンフレット・チラシ・書籍・雑誌)の企画・編集・DTP・デザインから印刷物納品まで、関東圏内でのスチール撮影(プロフィール写真・イベント撮影・ライブ記録・レタッチ・定点映像記録撮影/1時間10,000円〜要相談)、WEBメディア掲載サポート(企画・編集・SEOライティング・取材・撮影)、オリジナル小説や企画作品の原稿執筆(プロットからの制作可能)、イベント運営(企画・サポート)などのお手伝いをいたします。下記からお気軽にお問い合わせください。

<特に下記の経験値が高い>
・スーパー特急チラシデザイン
・人物取材全般(オールジャンルが基本だが、より人間に迫るドキュメント系)
・地域活動文化(ボランティア、NPO関連)、草の根アートに精通(20年ほどの経験値)
・50〜2000人規模程度のイベントプロデュース

>> お問い合わせする

>> 会社サイトはこちら

 

-雑学スクラップ
-, , ,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

This site uses Akismet to reduce spam. Learn how your comment data is processed.

関連記事

ドクダミの消臭効果はマジすごいんです。冷蔵庫や下駄箱で使ってみて!

ドクダミの消臭効果はマジすごいんです。冷蔵庫や下駄箱で使ってみて!

目次1 ドクダミの効能は、解毒&利尿作用だけじゃなかった!2 冷蔵庫、下駄箱、ゴミ箱……あらゆる場所で消臭力を発揮!3 ドクダミ風呂も効果アリ!? ドクダミの効能は、解毒&利尿作用だけじゃなかった! …

スポンサーリンク

サイト内検索はこちら

つなワタリです。どうぞよろしくお願いいたします。 


LINE友だち追加

肩書きは「エディトリアル・アーティスト」。集めて、編んで、外に発信することが生業。文章、映像、写真、イベント、コミュニケーションなどを活用しながら編み、考えていることを掘り下げて伝えていきたいと思っている。
サイトタイトルの『インテリジェンス・ライフ』は「intelligence for good life」の略。
輝く未来を一緒に! 無料メールコーチングはじめました。

>>>プロフィール詳細

>>>お問い合わせ

>>>What’s New

>>>ウィッシュ☆ネットワーク|相談・共有・情報交換掲示板

2018年6月
« 5月    
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930  
スポンサーリンク