気になった話題 漫画の世界 エンタメ 人物スクラップ

【ジョジョ・荒木飛呂彦氏の真髄】イメージを膨らまし、発見し、創造する旅人

投稿日:2018-11-26 更新日:

Pocket

【漫画家・荒木飛呂彦氏の真髄】イメージを膨らまし、発見し、創造する旅人

つなワタリ@捨て身の「プロ無謀家」(@27watari)です。漫画家・荒木飛呂彦氏のインタビューが「CNET Japan」に掲載されていました。荒木氏の作品を創造する真髄を3つキーワードに落とし込むとすれば「想像」「発見」「旅人」ではないでしょうか。まさにこの要素は創造者には欠かせない条件だと私は確信しています。



漫画家・荒木飛呂彦氏は、「やっぱり紙が好き!」

ツイッターのタイムラインに荒木飛呂彦氏インタビューのツイートが流れてきました。

 

 

タイトルは、荒木氏が考える「紙とデジタルの違い」

 

実際に荒木氏はデジタルを活用していませんので、違いは深く語られていませんでした。ちょっとガッカリ。

媒体的にはデジタルをディスるわけにもいかないでしょうし、まったく取り上げないわけにもいかないところだったのでしょうね。

氏は「絵は自由。ペンやデジタルはツール。“好きな線”が描けて、“新しい(色などの)発見”から得られる驚きが絵の魅力だ」と語り、最後は「やっぱり紙がいい」と締めくくっています。

結局、いかなる創造物も、最後の拠り所は「自分の感性の判断」ってことになりますね。

 

 

 

漫画家として手塚治虫氏以来の快挙だった国立美術館での個展

このインタビューで知ったこと、気になったポイントなどを箇条書きにしておきます。

 

・『ジョジョの奇妙な冒険』の連載は1987年スタート、2017年に30周年
・国立新美術館での展示「荒木飛呂彦原画展 JOJO 冒険の波紋(2018年8月24日〜10月1日)」は、漫画家としては手塚治虫氏以来28年ぶり2人目の快挙だった
・大阪の巡回展示は11月25日〜2019年1月14日(大阪文化館・天保山)

 

【漫画家・荒木飛呂彦氏の真髄】イメージを膨らまし、発見し、創造する旅人
http://jojoex-2018.com/

 

 

・漫画家を本気で目指すきっかけは「キン肉マン」の作者、ゆでたまご氏の存在
・ゆで氏の衝撃から集英社に持ち込み、20歳でデビュー
・同世代のゆで氏は目標というか励みになっている→幸せ
・さまざまな“いい”デザインを衣装などに描いている(昇華させている)
・美意識を刺激するのは音楽
・(物語の展開は)実は計画していない。決めているのは最後だけ。あとは流れ

【漫画家・荒木飛呂彦氏の真髄】イメージを膨らまし、発見し、創造する旅人
(C)荒木飛呂彦&LUCKY LAND COMMUNICATIONS/集英社
http://jojoex-2018.com/highlights/

 

 

・絵は何を使って描いてもいい。自由でいい。デジタルだろうが鉛筆だろうが。
・好きな線を出すこと、新しい色の発見が絵の楽しみ
・大阪展のキービジュアルであるディオのイラストは、黄色やオレンジに緑が入っている。歴史を感じる朱色となった。塗ってみて「ああ!」となった
・デジタルツールは使っていない。試したが、手で描いたほうが速い。しかし、デジタルがダメということではない。コンピューターはアイテム。ペンと同じ
・2メートルの大型原画を12枚の制作期間は約1ヶ月。画材はアクリル(リキテックス)とカラーインク
・大型原画→地球に重力がある!(絵の具が垂れたり、水たまりができたりする)
・描くなら、やっぱり紙とかキャンバス

【漫画家・荒木飛呂彦氏の真髄】イメージを膨らまし、発見し、創造する旅人
新作の大型原画「裏切り者は常にいる」 (C)荒木飛呂彦&LUCKY LAND COMMUNICATIONS/集英社
http://jojoex-2018.com/highlights/

 

 



 

荒木氏の作品創造キーワードは「想像」「発見」「旅人」

冒頭に書きましたが、荒木氏の作品を創造する真髄を3つキーワードに落とし込むとすれば「想像」「発見」「旅人」になると思います。

この三拍子が揃わないと、いい創造ができません。

簡単に理由を書いておきましょう。

 

(1)「想像脳」で新しい世界を“見る”ことで創造する

人間にとってもっとも弱い能力。それが想像力です。

残念ながら想像力の99.9999%は、見たり聞いたりしたものに過ぎません。

だからこそ「何かを創造したい人は、不用意に漫画などを見てはいけない!」なんてことを主張する人もいます。見れば見るほど、知れば知るほど想像力(創造力)が冒されていくという理論です。

それだけ想像力というものは、不可思議なメカニズムを持った存在です。

 

・ ・ ・

 

インタビューからも伝わってきますが、荒木氏は非常にビジュアル的に想像するクセがついているようです。これは後天的ではなく、元々から「想像脳」なんだと思います。もしくは幼児期に目を開かされたものでしょう(幼児期にどのように育ったのかが気になります)。

音楽を聴いたとき、何かの言葉を読んだとき、誰かと接しているとき、「想像脳」を持っている人は、リアルなイマジネーションを脳内で膨らませていきます。

脳内で起きる新しい世界を“見る”ことを繰り返すこと。この行為が新しい創造物へとつながっていくわけです。

これ、すごく共感できます。

私もステージは低いですが、かなりの「想像脳」でしたから。

音楽を聴くと、昔はビジュアルが鮮明に脳内に浮かんできました。

現在はそんぼスイッチを切っているので、まったく浮かびません(汗)。

たとえば、目を閉じて、光の粒が見えてきて、その光の粒の先に新しい世界が見え始める……みたいな遊びもよくやりました。

そうなると、不思議な世界が見えてくるんです。

 

 

 

(2)不断の努力による偶然の発見が、新しい美の扉を開いてくれる

陶芸は土と炎が織りなす世界です。

最後は人間の力ではどうしようもない自然の力が加味されて完成します。

人間の力にプラス「自然の力」や「創造の神の力」が加わることによって、創造物は大きなエネルギーを宿すことになります。

これはテキトーにやっていては起こりにくいものです。

不断の努力によって何かを突き詰めようとしている者だけが出会える「偶然の発見(出会い)」みたいなものです。

荒木氏の生活はどんなものかわかりませんが、きっと職人のような毎日を送っていると思われます。

 

 

(3)ここではない、どこかへ……永遠の旅人スピリッツが意識や能力を高める

荒木飛呂彦マニアではないので、荒木氏が考えていることはわかりません。

『荒木飛呂彦の漫画術』あたりに詳しく書かれているのかもしれません。

 

ハッキリわかりませんが、荒木氏は「永遠の旅人スピリッツ」を持っている方だと思います。

永遠の旅人スピリッツとは、心の中で「ここではない、どこかへ」という気持ちを持ち続けることです。

例えがわかりにくいでしょうが、頭の中で宇宙空間に飛び、地球全体をリアルに眺めるように想像できるような感覚を持つことです。

行きたいところだらけ。

だって、いろいろな旅先が頭の中に浮かんでいたと思います。

きっと手塚氏も同じだったと思います。

いや、優れた漫画家は同じ感覚を持っていたはずです。例えば、石ノ森章太郎氏、永井豪氏、楳図かずお氏といった方々です……。

現在、「JOJO」がどのような展開になっているのかまったくわかっていません。『スティール・ボール・ラン』以降はまったく読んでいませんから。

当然、今後どのように展開するかもわかりません。

しかし、これだけは言えます。

荒木氏は旅人ですので、漫画を通じて新しい旅を続けていくことでしょう。

 

ちなみに手塚さんについて書いた記事「“クリエイティブ・アスリート”手塚治虫の創作エネルギーの源は何だったのか?」がありますので、興味のある方はどうぞご覧になってください。

 



 

校閲不在? 担当者が疲れ気味? これがネット媒体の限界?

「CNET Japan」さんにケチをつけるわけではありません。

誰でも間違いはあります。

私などはミスタッチの連発、誤字脱字のオンパレードです。とくに最近はその状況が加速してきています。

キーボードを打つ指がギクシャクして、糸が絡まるようになってしまうときすらあります。

だから繰り返します。

ケチをつけるわけではありません。ディスりでもありません。

荒木氏のインタビューの後半を読むと気づかれると思いますが、「製作」と「制作」が混在しています。

「CNET Japan」さんのようなしっかりとしたメディアでも、こんな凡ミスをされているのですから、他のメディアのダメっぷりは言うまでもありません。

ここ10数年、いや20年ほど前あたりから始まったと思われる中堅出版社の雑誌の用語統一のバラバラ感はヒドイものでした。

それと歩調を合わせるようにネットメディアも無規範な世界を彷徨っている感は拭い切れません。

現在は用字用語なんて言葉すら通じない人が山ほどいるでしょう。用語統一なんてかなり曖昧になっているはずです。そして、もっと単純なミスも見過ごされてネット上にバラまかれてしまいます。

私もゴミ記事を排出しているわけですが、この状況が進むとどうなるんでしょう。

Googleさんはどんな基準でネット記事を取捨選択していくのでしょう。人工知能がチェックして、誤字脱字が1割以上ある記事は検索圏外に追いやられてしまうかもしれませんよね(苦笑)。

そしたら、私の記事の9割は圏外に飛ばされてしまいそうですwww

 

 

 

分析はどうでもいい! いかに自分にフィードバックしていくか

荒木氏の天才ぶりを自分勝手に分析しても、ぬるま湯という自己満足の世界に浸っているだけです。

飲み屋で繰り広げられるクズの批評話と変わりません。

なんとか自分にフィードバックしていきたいところです。

そのためには「想像」の旅に出なくてなりませんね。

そして何かを「発見」して、形にしようと思います。

さて、周回遅れのロートル「つなワタリ@プロ無謀家」がどうなるのか……言うだけ番長で終わりそうな気もしますね(苦笑)。

では!

↓[ Googleセレクト 関連コンテンツ ]↓



 

-気になった話題, 漫画の世界, エンタメ, 人物スクラップ
-, , , ,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

関連記事

【「アベンジャーズ4」タイトル&予告編は来月発表】ネタバレは映画会社が意図的に流出させている?

【「アベンジャーズ4」タイトル&予告編は来月発表】ネタバレは映画会社が意図的に流出させている?

つなワタリ@捨て身の「プロ無謀家」(@27watari)です。ここ最近、海外のアベンジャーズ関連のサイトをウォッチングしています。連日、フレッシュなネタが投下されているので、超面白いです。 しかし、つ …

ロシア人のアイドルだった!? 大黒屋光太夫さん(『日刊ゲンダイ』の切り抜きより〜1992年3月10日)

ロシア人のアイドルだった!? 大黒屋光太夫さん(『日刊ゲンダイ』の切り抜きより〜1992年3月10日)

目次1 日本人最初! ロシア生活10年! 漂流した伊勢の船頭、光太夫2 三重県鈴鹿市にある「大黒屋光太夫記念館」は平成17年に開館 日本人最初! ロシア生活10年! 漂流した伊勢の船頭、光太夫 記事は …

人生はすべて「旅」。旅人・探検家を体現している人、石川次郎

人生はすべて「旅」。旅人・探検家を体現している人、石川次郎

これは『週刊文春』創刊40周年記念特別企画の小冊子「Only Yesterday 著名人23氏が綴る“原点”あの頃の私」(1999年4月頃?)の記事を簡単にまとめたものです。若い人は知らない人も多いか …

小出義雄監督がブログマラソンでメダルを獲る5つのコツを教えてくれた

小出義雄監督がブログマラソンでメダルを獲る5つのコツを教えてくれた

つなワタリ@捨て身の「プロ無謀家」(@27watari)です。7月になりました。6月末までに達成する予定だった「無謀ブログマラソン」の完走を目指して歩みを進めています。 自分へのエールを込めてマラソン …

【短歌とは? ルールは?】最新の現代短歌って? 誰にでも作れるもの? 枡野浩一さんによる3つの短歌ルール

【短歌とは? ルールは?】最新の現代短歌って? 誰にでも作れるもの?

つなワタリ@捨て身の「プロ無謀家」(@27watari)です。最近は言葉が出てこなくなりました。明らかに脳が劣化してきています。限られた文字数のツイッターもスマートに投稿できません。そこで少し脳を鍛え …

関連コンテンツ

サイト内検索はこちらから↓

サイト内検索はこちら

80%オフも! 日替わり! 売り切れ次第終了! 掘り出し物ザクザク! 最新Amazonセール情報 ↓

つなワタリです。どうぞよろしくお願いいたします。 


LINE友だち追加

肩書きは「エディトリアル・アーティスト」&捨て身の高熱量「プロ無謀家」。集めて、編んで、外に発信することが生業。文章、映像、写真、イベント、コミュニケーションなどを活用しながら編み、考えていることを掘り下げて伝えていきたいと思っています。また、自分に負荷を与えるのが好きな性質を利用して、「プロ無謀家」として獣道を切り開きたいと思っています。

サイトタイトルの『インテリジェンス・ライフ』は「intelligence for good life」の略。生きた情報(インフォメーションではなくインテリジェンス)を大切にしたいという願望からつけました。

>>>プロフィール詳細

>>>お問い合わせ

>>>What’s New

>>>ウィッシュ☆ネットワーク|相談・共有・情報交換掲示板

2018年12月
« 11月    
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31  
スポンサーリンク