オレ刊!つなワタリ | 自分らしく生きる「インテリジェンスライフ」

エディトリアルアーティスト・つなワタリによる自分らしく輝き、楽しく生きる提案。マイペースな“オレ刊”発信

オススメ!wordpressプラグイン

【2018年春】有料? 無料? wordpressテーマ選び☆ベスト3

投稿日:

Pocket

【2018年春】有料? 無料? wordpressテーマ選び☆ベスト3

wordpressのテーマ(テンプレート)は山ほどリリースされています。一長一短はありますし、最後は好みでしょうが、私なりの「オススメ有料&無料wordpressテーマ☆ベスト3」を紹介します。2018年春の時点でのベスト3です。年内は紹介する3つのテーマが人気上位を争うことでしょう。参考にしてもらえれば幸いです。

 

 

テーマは無料で充分だが、差別化したいなら有料テーマ導入がオススメ

wordpressテーマは無料と有料の2種類があります。本来ならば、無料で充分ですが、有料は有料なりの良さがあります。

機能性とカスタマイズ性、さらにデザイン性が高いモノが多数あります。導入すれば、他のサイトとの差別化もつけられます。かなりグッドなんです。

有料だと魅力的なカスタマイズが簡単にできます。初心者だって苦労ありません。

無料テーマだと、ある程度のhtmlやcssの知識も必要になってきたり、ちょっとしたトラブルが発生したときに壁にぶち当たったりします。ここでの時間的ロスは馬鹿にできません。

とにかくパッと見で差別化したい人は、有料テーマでスタートしてみるといいでしょう。金額は1万円程度で導入可能です。費用対効果を考えると、有料テーマの導入は価値のある選択です。

代表的なものは「STORK(ストーク)」あたりがオススメです。後ほど、各テーマも含めてオススメ有料wordpressテーマの特色を説明します。

その前に、どこで購入するのがいいのかを書いておきます。

 

 

デジタル商品は「DL market」で購入するのがベスト

デジタル商品はすぐにダウンロード購入できるのが魅力的です。

それぞれの開発者やメーカーからダウンロード購入するのがスタンダードですが、私は「DL market」で購入することをオススメします。

「DL market」は商品点数7,000万点以上の日本最大のダウンロードマーケットです。すでに会員になられている方も多いことでしょう。電子書籍、楽譜、写真素材、イラスト素材、WEBテンプレートなど、ありとあらゆるデジタル商品が揃っています。

「ダウンロードトラブルのサポート」「Dropboxと連携」「DVDバックアップ送付サービス」「豊富なお支払い方法」などの特徴があり、使いやすいです。

さらに楽天スーパーポイントが使えます&貯まります。これが個人的にはけっこう魅力的です。

最新デジタル商品をチェックするのにも役立ちます。

「DL market」ホームページ
https://www.dlmarket.jp/

 

 

有料wordpressテーマ☆ベスト3の特色と購入リンク

私的には「STORK(ストーク)」一点押しです。1万円でこれだけ多機能なのは素晴らしいです。

◎STORK(ストーク)

ブログマーケッターJUNICHI監修のもとOPENCAGEが開発したwordpressテーマです。テーマは「アルバトロス」「ハミングバード」「ストーク」の3種類あり、モバイルファーストにこだわった設計になっています。その中の「ストーク」は最上位wordpressテーマです。使える機能がフルラインナップしています。金額的にも3000円程度の差です。騙されたと思って購入しても間違いないです。

「ストーク」WordPressテーマの「DL market」購入サイトへ

 

 

◎賢威(ケンイ)

SEO業界で圧倒的な実績を持つ京都のWebプランニングチーム「ウェブライダー」が、 そのノウハウを余すことなく詰め込んだ、SEOテンプレートです。ちょっと高めですが(税込み24,800円)、200ページを越えるSEOマニュアルなどが非常に有益です。企業や本気のアフィリエイターに愛されています。

SEOテンプレート【賢威】の購入サイトへ

 

 

◎「AFFINGER4(アフィンガー4)」

超多機能です。「AFFINGER4」+「タグ管理マネージャー」+「ABテストプラグイン」の3点セットは金額的には30,000円以上しますが、1日換算で考えれば1000円/円です。案件の変更などが一括管理できますし、売上げを簡単に把握することができます。それよりも覚悟を持ってサイト作りに励めるはずです。

稼ぐサイトの設計図-AFFINGER4公式ガイドの購入サイトへ

 



 

 

無料wordpressテーマ☆ベスト3の特色

最初から有料テーマ押しという展開でしたが、私は無料テーマを使っています。カスタマイズで悩ましい部分も出てきますが、それを楽しんでいる部分もあるようです。マゾですね。決して褒められたことではありません。

無料wordpressテーマに関しては、下記3つのどれかを「エイッ!」っと選んでしまえばいでしょう。どれもハズレがありません。

無料テーマはある程度使って知識を増やしてから、自分らしいテーマを再考するのがベストの方法だと思います。まずは慣れることが大事ですから。

 

◎STINGER8(スティンガー8)

現在、このサイトはSTINGER8で作成しています。シンプルで多機能な部分が気に入っています。2017年まではSEO対策重視ならばこれが最強!とまでいわれたテーマです。このテーマを取り入れているブログが非常に多いので、困ったときは検索すれば解決します。カスタマイズが自由自在で拡張性が高い反面、ある程度の知識がないと壁にぶつかることも出てくることが難点です。

STINGER8ダウンロードサイト
http://wp-fun.com/dl/

 

 

◎Luxeritas(ルクセリタス)

2018年最強の呼び声も高いテーマです。すでに神テーマと崇めている人も出現してきています。表示速度がダントツに早いと評判です。ボタンひとつでカスタマイズできる項目が多いのが最大のウリです。私が初めてwordpressテーマを使うならば、このテーマを使うことでしょう。

Luxeritasダウンロードサイト
https://thk.kanzae.net/wp/

 

 

◎LION MEDIA(ライオンメディア)

デザイン性と機能が両立している部分が気に入っています。攻守走三拍子揃った万能タイプです。製作者が誠実らしいので、今後の飛躍も期待できます。

LION MEDIAダウンロードサイト
http://fit-jp.com/theme/theme_download/

 

 

 

番外編〜海外のwordpressテーマはさらにすごい! でも……

オススメ情報ではありませんが、海外のwordpressテーマはすごいのがあります。しかし、洋物ですから英語ができないとキツイです。私も何度もデザイン性などに惹かれて無料のテンプレートに挑戦したことがありますが、壁にぶつかった時にへこたれてしまいます。

「日本男子(大和撫子)として負けてられない!」という高邁な精神を持ち合わせた人にはオススメします。ホントに惚れ惚れするようなテーマがありますから。

ちなみにいくつか紹介してもいいんですが、それを見てるだけでは時間の無駄です。なので、気になる方は自分で検索の旅に出てください。

 



 

 

おすすめサーバーはエックスサーバー! 独自ドメインプレゼントキャンペーン開催中

私も使っているエックスサーバー(エックスサーバー)。

ぶっちぎりで評判がいいです。

エックスサーバーでは、2017年12月8日より2018年3月30日まで、「独自ドメインプレゼントキャンペーン」を実施中。対象ドメインの更新料金も無料! これは嬉しいキャンペーンです。

新しいサーバー契約を考えている人は、この機会にぜひ!

気になる方は、こちらバナーからご確認を☆



ただし! 申し込んだ後、すぐに独自ドメインは申請するべし! 私は申請を忘れてしまった権利を抹消させてしまった一人なのだ(しょんぼり)。

 

 

 

 

↓私はこんなヤツです。
【アクセスアップ発信術/2018年版】ブログで共感者を集める9つの決め手
「よかったらツイッターのフォロー、応援よろしくお願いいたします☆」

 

スポンサーリンク



 

お仕事ご依頼、ブログのご感想などはメールでどうぞ。

 

つなワタリ
紙媒体(チラシ・パンフレット・チラシ・書籍・雑誌)の企画・編集・DTP・デザインから印刷物納品まで、関東圏内でのスチール撮影(プロフィール写真・イベント撮影・ライブ記録・レタッチ・定点映像記録撮影/1時間10,000円〜要相談)、WEBメディア掲載サポート(企画・編集・SEOライティング・取材・撮影)、オリジナル小説や企画作品の原稿執筆(プロットからの制作可能)、イベント運営(企画・サポート)などのお手伝いをいたします。下記からお気軽にお問い合わせください。

<特に下記の経験値が高い>
・スーパー特急チラシデザイン
・人物取材全般(オールジャンルが基本だが、より人間に迫るドキュメント系)
・地域活動文化(ボランティア、NPO関連)、草の根アートに精通(20年ほどの経験値)
・50〜2000人規模程度のイベントプロデュース

>> お問い合わせする

>> 会社サイトはこちら

 

-オススメ!wordpressプラグイン
-, , , , , , , , ,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

This site uses Akismet to reduce spam. Learn how your comment data is processed.

関連記事

新着情報の表示プラグイン「What's New Generator」。文字サイズ変更にも挑戦

新着情報の表示! wordpressプラグイン「What’s New Generator」が便利。文字サイズ変更も簡単

  目次1 「新着情報」プラグインを導入して、トップページをフレッシュに!2 「What’s New Generator」プラグインは自由自在に新着表示が可能2.1 「What& …

記事の目次を自動生成! 超便利! WordPressプラグイン「Table of Contents Plus」

記事の目次を自動生成! サイドバーにも設置可能! WordPressプラグイン「Table of Contents Plus」

目次1 目次があれば、濃いコンテンツほど有利になる2 「Table of Contents Plus」のインストール方法3 「Table of Contents Plus」の基本&上級者向けの設定方法 …

長文記事の改ページがラクチン! 記事投稿を高機能化させるWordPressプラグイン「TinyMCE Advanced」

長文記事の改ページがラクチン! 記事投稿を高機能化させるWordPressプラグイン「TinyMCE Advanced」

目次1 【スマホ時代の文章法】適切な記事の文字数は? 多くても5000文字程度が妥当か2 長文記事は分割せよ! 「改ページボタン」ワンクリックでページ送りできる 【スマホ時代の文章法】適切な記事の文字 …

WordPressトップページを固定ページ表示に変更して見やすいサイトにする

WordPressトップページを固定ページ表示に変更して見やすいサイトにする

  目次1 サイトの顔(トップページ)で内容をしっかり説明する必要性2 簡単! ワンクリックで投稿ページをトップに固定できる3 固定ページをトップページ表示させる方法4 ネット情報! エック …

【WordPressの画像説明で「代替テキスト」は入力必須】Google未来予想→今後は「キャプション」の価値が高まっていくかも?

【WordPressの画像説明で「代替テキスト」は入力必須】Google未来予想→今後は「キャプション」の価値が高まっていくかも?

目次1 Googleの画像サーチ力は飛躍的に向上中→オリジナル画像が重要となる2 WordPress画像の「代替テキスト」はSEO効果アリ! 入力必須!3 深化するGoogle検索で優位に立つための狙 …

スポンサーリンク

サイト内検索はこちら

つなワタリです。どうぞよろしくお願いいたします。 


LINE友だち追加

肩書きは「エディトリアル・アーティスト」。集めて、編んで、外に発信することが生業。文章、映像、写真、イベント、コミュニケーションなどを活用しながら編み、考えていることを掘り下げて伝えていきたいと思っている。
サイトタイトルの『インテリジェンス・ライフ』は「intelligence for good life」の略。
輝く未来を一緒に! 無料メールコーチングはじめました。

>>>プロフィール詳細

>>>お問い合わせ

>>>What’s New

>>>ウィッシュ☆ネットワーク|相談・共有・情報交換掲示板

2018年6月
« 5月    
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930  
スポンサーリンク