死語の世界

【死語の世界〜英語表現】ネイティブが使わない古臭い英会話フレーズ

投稿日:2018-12-11 更新日:

Pocket

【死語の世界〜英語表現】ネイティブが使わない古臭い英会話フレーズ

つなワタリ@捨て身の「プロ無謀家」(@27watari)です。【死語の世界】に関する記事がそこそこアクセスを集めています。ありがたいことです。

ふと、英語表現でも死語(old schoolな表現)があるんじゃないかと思い、調べてみました。リアルな状況はわかりませんが、何かの参考になれば幸いです。



「挨拶英語」の死語

○How do you do?(はじめまして)

ほとんど使われることのない挨拶フレーズ。かわりに「Nice to meet you.」などを使うのがふさわしい。

 

 

 

○How are you?(お元気ですか)

ほとんど使われることのない挨拶フレーズ。返事の模範文「I am fine, thank you. And you?」も使われることはない。一般的には「Hey!」「What’s up?」「How are you doing?」あたりが使われる。

 

 

 

○Pardon?(えっ? なんておっしゃいました?)

日常会話でほとんど使われることはありません。似たような形としては「Sorry?」「What’s that?」「Please say that again?」などになる。

 

 

 

○What time is it now?(いま何時?)

Whatではじまるフレーズは偉そうな印象を与える傾向が強い。「What’s your name?(名前は?)」なども同様。「Do you have a time?」「May I have your name?」あたりが妥当。

 

 

 

○My meme is〜(私の名前は〜)

フォーマルな場合には普通に使われるが、日常生活では「I’m〜」という表現が使われることが多い。

 

 

 

 

「感嘆英語」の死語

○Funky!(イカす!)

70〜80年代あたりまではポジティブな印象で使われていましたが、現在は「ちょっと変な」的なニュアンスで使われることが多い。

 

 

 

○Groovy!(イイね!ゴキゲン!)

高揚感をイメージする音楽用語などとして80年代あたりに使われていたが、現在はほとんど使われていない。

 

 

 

○Word!(マジで!やったね!おおっ!)・Word?(ホントに?)

ブラックカルチャーで使われることが多かったスラングで、驚きなどを示す言葉。

 

 

 

 

 

「和製英語」的な死語

○Don’t mind(気にしないで)

これは基本的に使われない。同じ意味ならば、「Don’t worry」がふさわしい。

 

 

 

○Fight!(がんばって!)

これは励ましというよりも、喧嘩や直接的な戦いの開始をイメージさせてしまう。「Don’t give up!」「Keep going!」「Go ahead!」あたりが同じニュアンスとなる。

 

 

 

 

「差別英語」の死語

○〜man(職業の名詞)

「fireman」「police man」「fisher man」などの〜manが付く英語は使われなくなった。

 

 

 

○housewife(主婦)

現在は「Homemaker」という表現となっている。

 

 



 

「流行語英語」の死語

○bushlips

アメリカの第41代大統領、ジョージ・H・W・ブッシュ(198年〜1993年任期)の“誠意のない話し方”から付けられた。

流行語英語の死語「bushlips」アメリカの第41代大統領、ジョージ・H・W・ブッシュ(198年〜1993年任期)の“誠意のない話し方”から付けられた。
See page for author [Public domain], via Wikimedia Commons

 

 

 

○Tickety-Boo

「順調な、快調な」という意味で使われていた。ダニー・ケイのミュージカル映画『僕はツイてる』(1958年)での曲「Everything is Tickety-Boo」によって流行した。

 

 

 

○Know your onions

「onion(タマネギ)を知っている」とは、「物事に精通している、博識である」という意味。1920年代?(20世紀初頭?)に流行した。

onionはタマネギのことではなく、1843年から子どもたちに向けたコインによる教育を始めたS.G.Onions(S.G.オニオンズ)という説もある。※S.G.Onions(出典:「S.G. Onions coin?」https://www.metaldetectingforum.co.uk/viewtopic.php?t=73843

 

 

 

○Kick the bucket

「死」を意味する言葉。首つりする時に、踏み台を蹴る行為をからきている。フランス語で豚が梁に吊されている様子や、豚がもがいて肉屋を蹴ることから来ている説もある。

 

 

 

○Pardon my French

「汚い言葉を使ってしまい、ごめんなさい」という意味。14世紀の「百年戦争」が発祥。完全に死語だったが、2015年にフランス出身DJの集団「Pardon My French」が登場。あらためて脚光を浴びた。

 

 

では!

↓[ Googleセレクト 関連コンテンツ ]↓



wordpressやるなら
エックスサーバーがオススメ!

このサイトはスタート時より「wordpress × エックスサーバー」によって運営しております。他のサーバーとも契約をして別サイトを構築しておりますが、エックスサーバーの使い勝手がイチバンです。セキュリティ、サポートに満足しております。しかも低コストです。利用者が多いので情報がネットに多いことも助かります。

詳細は下記ボタンより

 

 

-死語の世界
-, , , ,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

関連記事

あの時の流行語はどこにいった……キミはどれだけ「死語の世界」を知っているか?

【死語辞典】使わていない流行語・日常語・廃語の一覧【もはや通じない】

ロートルって中国語からきているって知ってましたか? えっ?? ロートルって言葉自体を知らないですって!? そんなわけで、以前は誰もが知っていた言葉だったにもかかわらず、いつの間にか「死語の世界」へと行 …

関連コンテンツ

サイト内検索はこちらから↓

サイト内検索はこちら

アマゾンセール

80%オフも! 日替わり! 売り切れ次第終了! 掘り出し物ザクザク! 最新Amazonセール情報 ↓

同カテゴリーの人気記事

「同カテゴリーの人気記事」はこちら ↓

「ブルボン最高党」結党! ルマンド、アルフォート、エリーゼ……国民的お菓子メーカー、ブルボン最高!

つなワタリです。どうぞよろしくお願いいたします。 


LINE友だち追加

肩書きは「エディトリアル・アーティスト」&捨て身の高熱量「プロ無謀家」。集めて、編んで、外に発信することが生業。文章、映像、写真、イベント、コミュニケーションなどを活用しながら編み、考えていることを掘り下げて伝えていきたいと思っています。また、自分に負荷を与えるのが好きな性質を利用して、「プロ無謀家」として獣道を切り開きたいと思っています。

サイトタイトルの『インテリジェンス・ライフ』は「intelligence for good life」の略。生きた情報(インフォメーションではなくインテリジェンス)を大切にしたいという願望からつけました。

>>>プロフィール詳細

>>>お問い合わせ

>>>What’s New

>>>ウィッシュ☆ネットワーク|相談・共有・情報交換掲示板

auブックパス DL market goodkeyword Google トレンド SEOチェキ Yahoo!知恵袋 Youtuber・Nik Strange “ アスパラのベーコン巻き ” “ サツマイモのコリアンダーソースがけ ” “ シュリンプの焼き串 ” “ ズッキーニとチキンのケバブ ” “ バラエティに富んだオリジナルソース ” 「リラックまん(チョコレート味)」 「リラックマ」をモチーフにした和菓子 『キン肉マン』&『男塾』のスピンオフ お酒が飲めない、飲まない日本の有名人 アクセスSEO対策ツールズ アクセスジャパン オススメ有料&無料wordpressテーマ コピー防止は、さほど防止できない サブドメインとサブディレクトリ ネットショップ/セール情報 パワーランクチェックツール ビジネスホテル「ドーミーイン」 ビル・ゲイツが語った「人生で大切な11のルール」 ポンポコラーメン ルッソ兄弟 七ヶ宿ダム湖カレー 大川ダム&資料館 山本製粉 岩本三千代 愛知県西三河地方 有料wordpressテーマ 格安予約サイト『一休.com』 検索キーワード取得ツール 楽天市場ダイヤモンドジュエリー「Ladia(ラディア)」 源流ポッチョン 無料wordpressテーマ 無料漫画サービス 秋田市上下水道局「水の学習館」 豊橋市(東三河) 超お得なティファニー風ダイヤモンドジュエリー 超多機能プラグイン「Shortcodes Ultimate」 道の駅七ヶ宿 電脳マヴォ
2019年7月
« 6月    
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031  
スポンサーリンク