つなワタリ@プロ無謀家 | 炎ジョイ!高熱量で創造的に生きる

プロ無謀家&エディトリアルアーティスト「つなワタリ」によるブランディング&創造生活の提案→自分らしく輝き、可能性を追い求めながら生きよう!

謝罪文一覧

椎名林檎『百薬の長』は無神経すぎ。素直に仕切り直しした方がいい | 謝罪文 実例58

投稿日:2022-10-11 更新日:

椎名林檎『百薬の長』は無神経すぎ。素直に仕切り直しした方がいい。付属グッズ、アルバムジャケット、ファイザーのようなマークもアウトでトリプルプレー成立

つなワタリ@捨て身の「プロ無謀家」(@27watariです。

 

気になった謝罪文の実例を収集してアーカイブしている記事です。謝罪するようなことが起きないことに越したことはありませんが、もしご自身や仲間に何かが起きた時に参考にしていただければ。

 



 

椎名林檎のアルバム『百薬の長』の付属グッズが波紋

2022年10月07日に情報公開となった椎名林檎のリミックスアルバム『百薬の長』の付属グッズが大きな波紋を呼んでいます。

 

騒動の発端となったのは、特典グッズのうち、夢語りマスク(マスク+マスクケース・セット)と、諸々券ケース(アクリル・カードケース)。それぞれ、赤地に白い十字マーク、白地に赤い十字マークがデザインされているが、これがネット上で「ヘルプマーク、赤十字マークに似ている」と批判を集めていた。

 

引用:椎名林檎 「ヘルプマークに似ている」と物議のグッズ販売元が報告「弊社内で協議しております」(スポニチ/2022年10月10日 18:00)
https://www.sponichi.co.jp/entertainment/news/2022/10/10/kiji/20221010s00041000531000c.html
魚拓URL:https://archive.ph/kWyl5

 

ネットでも大きな非難を受け、UNIVERSAL MUSIC STOREの公式サイトが10日、公式サイトにリリースを掲載しました。

 

こちらです(クリックすると画像は拡大されます)。

 

椎名林檎『百薬の長』は無神経すぎ。素直に仕切り直しした方がいい。付属グッズ、アルバムジャケット、ファイザーのようなマークもアウトでトリプルプレー成立
引用:椎名林檎オフィシャル・リミックスアルバム 百薬の長【UNIVERSAL MUSIC STORE限定盤】に関するお知らせ(公式サイト/2022.10.10)
https://sp.universal-music.co.jp/ringo/hyakuyakunochou/#textInfo01
魚拓URL:https://archive.ph/PwedE

 

 

念のため文章に残しておきます。

 

椎名林檎オフィシャル・リミックスアルバム 百薬の長【UNIVERSAL MUSIC STORE限定盤】に関するお知らせ

11月30日発売の椎名林檎のオフィシャル・リミックスアルバム「百薬の長」【UNIVERSAL MUSIC STORE限定盤】に付属する特典グッズに関しまして、多くの皆さまから頂きましたご意見を踏まえ、弊社内で協議しております。改めてご案内させて頂きます。

 

 

 

『百薬の長』の付属グッズだけではない問題

連休中とうこともあり、公式側としても判断がつけられないのかもしれませんね。

 

さて、問題のグッズなどを見てみます。

 

これです(クリックすると画像は拡大されます)。

 

椎名林檎『百薬の長』は無神経すぎ。素直に仕切り直しした方がいい。付属グッズ、アルバムジャケット、ファイザーのようなマークもアウトでトリプルプレー成立

 

いまさらグダグダ言う気にもなりません。

 

 

これはアウトです。

 

 

しかも問題は付属グッズだけではありません。アルバムジャケットも「大塚製薬」の商品に酷似しており、右下にはファイザーのようなマークも気になります。

 

 

これはトリプルプレーで試合終了といった感じです。

 

 

だれがデザインして、誰がゴーサインを出したのかはわかりませんが、こんなもの論外すぎます。オマージュにもパロディーにもなりません。

 

才能のある方々のアルバムですし、ファンも発売を楽しみにしていることでしょう。

 

ここはレコード会社がすべての責任をひっかぶって謝罪するしかないのではないでしょうか。

 

休み明けには正式に謝罪とデザインの変更、発売延期などの発表があると思いますが、どのような形で対処するかが気になります。

 

 

 

 連休が明けても、謝罪も取り消しも……なしっ!

「休み明けには正式に謝罪とデザインの変更、発売延期などの発表があると思います」と予想しましたが、現時点(2022/10/11・夜21時前)では何も動きがありません。

 

残念ながらスピード感に問題ありですね。

 

発端となったのは下記ツイートです。

 

 

これが「2022/10/07のお昼」でしたので、すでに4日以上が過ぎています。明日(2022/10/12)くらいには何らかの発表が欲しいところです。

 

 

 

スイス国旗に類似しており、やはりアウト

ちなみに今回のデザインはスイス国旗に類似しているので、やはりアウトです。トリプルプレーでアウトと記事では書きましたが、アウト4つ目となります。

 

ちなみにスイス国旗は、赤地に十字架にかけられたキリスト像を描いた旗が基になっており、赤は力と主権を表し、白い十字架はキリスト教とその精神を象徴しています。

 

さらにネットで検索していると、「商標」を扱った文書がありました。スイスの事例も掲載されていますので、参考としてリンクしておきます。

 

参考:
・「歴史・文化に係る商標の保護に関する調査研究報告書 – 特許庁」(平成29年度産業財産権制度各国比較調査研究等事業)
https://www.jpo.go.jp/resources/report/takoku/document/zaisanken_kouhyou/h29_04.pdf
魚拓URL:https://archive.ph/2xp8W

 

 

 

UNIVERSAL MUSICさん、どうしちゃったの? 過去は過去でしょ?

いまは「2022/10/13。朝6時」です。現時点でもUNIVERSAL MUSICさんの動きはありません。

 

もしかしてUNIVERSAL MUSICさんや椎名林檎さんは、今回の批判噴出に対して納得いってないのでしょうか。

 

ここまで放置できる気持ちの強さに感心してしまいます。

 

実際、椎名林檎さんは赤十字などを過去にも使ったことがあります。ファンにとっては2000年『下剋上エクスタシー』(←クリックすると、アマゾンのページに飛びます)当時から親しみがあるマークでしょう。当時のシンボルマークは、赤十字の内部に「下剋上」という文字があしらわれていました。

 

ならば、「今回だって問題ないでしょ!」という声もあるでしょうが、それは、やはり、あくまでも過去の話と考えるのがベターでしょう。

 

今回のケースはあまりにもヘルプマークに酷似しているのが致命的です。

 

ヘルプマークは2011年に都議会議員により提案され、2012年に東京都議会で誕生したものです。まだ10年ほどですが、徐々に認知度が全国に広がっているのはご存知のとおりです。だからこそ紛らわしいグッズは避ける必要があると考えるのが正常な対応でしょう。

 

近年はコンプライアンスが叫ばれ、非常に息苦しい状況になってきていますが、やはりこれはアウトでしょう。

 

 

 

椎名林檎ヘルプマーク酷似グッズに対する声

Yahoo!ニュースにあがっている声をピックアップしました。

<ヘルプマーク酷似グッズに対する声>

・ヘルプマーク酷似の方しか取り上げてないけど、グッズは他にもあり、マスクケースの方は白地に赤十字が使用されている。これは国内法違反、ならびにジュネーヴ条約違反になります。どうしても使用したいのなら日本赤十字社から許諾を得る必要があります。あれが大丈夫だったならうちも平気だろと真似するところも出かねません
・林檎サイドは赤十字マークの使用に際し許可を得たのか得ていないのか公表する義務があるでしょう
・この手の話は、タレントではなく事務所に批判するべきだと思ってるけど、今回は事務所の代表取締役が椎名林檎本人だからね。責任を負う立場だから、仕方がない
・許可を取ればOKとかコラボ商品あるとのことで調べてみたが、過去のコラボ商品を見ても赤十字マークの隣に確実に日本赤十字社のロゴが入っている、コラボしたキャラの衣装や道具に赤十字があしらわれている事はないみたい。おそらくだが許可を得ても赤十字マーク単品で使用することは出来ないんじゃないかな
・赤十字マークの濫用は「赤十字の標章及び名称等の使用の制限に関する法律」というジュネーブ条約批准用の国内法により罰則付きの制約があります。現在までに同法で実際の刑罰や罰金を受けたケースはないそうですが、本件がその第一号となる危険性は否定できません。またヘルプマークに付いても東京都の商標権を侵害しているという指摘がありますし、ジャケットにはファイザー社のロゴを真似たデザインも見られる等、かなり法律・権利面のチェックが緩く感じられます。昔なら見過ごされたのでしょうけどSNSで情報が飛び交う現状では厳しいかと
・ここまで椎名林檎スタッフは露骨に違法行為をしていながら今頃検討って…
・本物のヘルプマークは商用利用で作られたものではないため法律違反には当たらないとのことでしたが、今回のものは商用利用です
・椎名サイドはさっさと謝罪表明して問題のグッズは世の中に出さないって宣言すれば良い。何に時間掛けてるんだ?
・西日本高速道路が高速道路のリニューアル工事通行止のお知らせのキャラに赤十字使ってて指摘され変更ってこともあった
・「商標出願2012-087275」及び「登録5624913」の番号で特許庁のデータベース(特許情報プラットフォーム)にヘルプマークの図版が登録されており、現在でも東京都名義で有効とされています
・椎名林檎のジャケットやグッズのデザインはプロのデザイナーじゃなくて林檎の友人=素人がやってるらしいからそこら辺のリテラシーがゼロなんだろう
・回の件で日本赤十字社が何も言わないなら「なんだ、使えるじゃん」って思わせる前例になってしまう。日本赤十字社にこそ、明確に使用停止を申し立ててほしい。法律で定められた機関しか使えないのだから
・少なくとも関わったデザイナーが気づかない事がありえません。プロなら絶対にです。権利、法令、その他制約には敏感です。製品になって不可は許されませんので。そこでブレーキがかからなかった理由が大問題です
・日本赤十字社だけでなく、日赤を所管している厚生労働省と、防衛省もしっかりと動いてほしい
・公の場やネット上にアップすると素人玄人関係なく、罰金のケースに当たります。商用か趣味かも関係ありません。これは医療従事者を守る、というためです。勝手に乱用されたら意味や信憑性も薄れてしまいますからね
・ネット掲載や頒布など公表が目的の場合は不許可とされています。類似マークの厳しめな氾濫抑止や類似判定の基準が異様に広いのは、それらを誤射・誤爆の言い訳とさせない為です
・迷惑するのが自分達ならまだよいが、実際には当事者が迷惑する。ヘルプマークに類似した商品を製作すること自体、そういう意味がある
・誰かがミスに気が付いてもそれをレポートしづらい環境だったり、上からのプレッシャーでもみ消されたりしているようなら、これは大問題だ
・単純に「誤解を招く恐れ」ですね。椎名林檎ファンが着けていれば、今回の騒動を知らない人は席を譲ってくれるかもしれない
・今回のグッズは、販売はともかく、ある意味少しでも沢山のヘルプカードの周知になったのかな?と思います
・この件で記事になってるのを複数見るけど、いずれもレコード会社に問い合わせをしてるメディアが見当たらない。今回のグッズはレコード会社公式ショップ限定の特典なので、椎名林檎本人がどこまで関与していたかは疑問がある。レコード会社はけっこう勝手にやってるとこがあるし。ドリカム、B’z、宇多田ヒカル(UTADA名義)なんかは本人に断りなくベスト盤出したりして本人から批判されたりしてるし。おそらく取り下げになるのだろうが、このグッズのデザインに関して本人発案なのかレコード会社発案なのかははっきりしてほしい
・内輪のノリで「やっちゃえ!いいじゃん?」なのは、通用しない時代になったことの証。ノイジーマイノリティの声も昔に比べて、必要以上に拾われてしまう。戯言を無視する判断力も問われてしまう。
・SNSの普及でこうした知識が世間に広く共有されるようになったのは良いことですし、グッズについてはコストはかかりますがマークを改変するなり別のものを新たに作るなりした方がいいでしょうね…
・若気の至りはとっくに過ぎてる。椎名さんもその周りも、本人の年齢に合わせた格好良さを考えて欲しいな
・今回の林檎さんのグッズを通じて認識が広がるならそれは良いことなんじゃないのかな?
・椎名林檎さんは好きなアーティストです。今回の件、今までの趣向の流れがあったのであろう事とは想像できますが、少しやり過ぎだったかと個人的には思います。グッズ制作過程の会議等で今回の炎上を予見し止める事ができる人間がいなかった事を残念に思います
・グッズをデザインしたのは本人ではないのだろうけど、GOサインは少なからず本人が関わってるでしょう。赤十字も、過去の旭日旗やファンに国旗を振らせる演出も、良識のあるいい大人がすることじゃない
・型破りは良いとは思うけど紛らわしい事はしちゃいけないと思います。個人事務所だったりで甘々な体制なのかと思います
・椎名さんだけの認識の問題ではなく、未だに対応を検討中(…という事はヘルプマークに酷似していてもOKと思っているの?)のユニバーサルミュージックの認識にも問題があるような…
・椎名林檎は固定概念からの離脱と懐古主義の両取りをいつもしてるイメージ。その中で世へのアンチテーゼをしたいんだろうけど、これは一線超えてるわ。ダメなものはダメ
・企画の時点で誰かが指摘しなかったあたり、椎名林檎も落ちたな、と感じた
・ヘルプマークを利用しなければならない人・家族から考えれば、非常識だとしか思えないです。私にも知的障害者の子がヘルプマークをリュックにつけている。会社・デザイナーの良識ある行動を望みます
・発売前で良かったじゃないですか。回収なんてことになったら、目も当てられない。発売を遅らせてグッズを作り直すか、あとから新しいグッズだけお渡しにするか。いずれにしても、これらはすべて廃棄です。万が一にもフリマなどには出ませんように
・この人はコロナ蔓延初期に未知のウイルスに対応するために皆さんが我慢して行動制限していた頃、自分達の都合ゴリ押しで東京事変ライブ決行してますよね。ルール破る事がカッコいい時代遅れの自己満ロック
・11月発売だから、まだ人手には渡ってないよ。だから、一言『止めます』って言えばよいだけ。代替品等の対応は、その後で良いのに。だからこそ、今さら何を協議してるの?ってなってる。そこが更に批判を集めてるよね
・ユニバーサル、アーティスト関係者が、健常者の立場で、障害は他人事と捉えているということ。障害を馬鹿にしているということ
・椎名林檎が売れ始めた頃は「社会的定義から外れた事をするのがカッコイイ」みたいな風潮だったけど、恐らくあの頃から思考が停滞してて今の時代に追い付けてないんだと思う
・ったことはグレーではなく完全にクロ(とくにレッドクロスはマズかった)なんだから、呑気に協議なんぞしてる場合でもないと思うぞ
・そもそもパロって良いか悪いか?分かるだろうし、批判が来たらさっさと下げればいいのに。ここまで意固地になるのはご本人の意向?
・いい大人がこんなの「パロディ」だの「アンチテーゼ」「表現の自由」だので押し切るつもりなんだろうか…
・時代錯誤という甘い問題じゃなくてコンプライアンスの問題であり赤十字マークの歴史を学習するべきだ
・椎名林檎サイドがやるべき最善策は企画の撤回と各所にひたすら謝罪。それだけしかないだろ

 

椎名林檎さんファンだと思われる擁護の声も目につきましたが、ほとんどは「バッド」評価が多く付けられている状態でした。

 

コンプライアンスというのは、私でも「権力と社会の声に飼いならされた」印象を持ってしまう部分もありますが、やはり命に関わるようなシンボルであるヘルプマークまでいくと、「やりすぎ」ですね。

 

もしも椎名林檎さんがゴネているのであったら、もはや裸の王様になっている状態なんでしょうね。誰でも陥る可能性のあることですので、他山の石としたいところです。

 

 

 

いまだレコード会社(椎名林檎氏)は「協議中」という無能さ

今回の椎名林檎さんの新アルバムの特典グッズ騒動は、いまだ沈静化していません。ついにしびれをきかせた東京都が対応要請をしたことを共同通信社が伝えました。

椎名林檎さんのグッズ巡り東京都が対応要請

歌手椎名林檎さんの新アルバムの特典グッズが、外見では分かりにくい障害などのある人のための「ヘルプマーク」に酷似しているとして、マークを作った東京都が販売元のレコード会社に「早急の対応」を要請したことが14日、分かった。

引用:© 一般社団法人共同通信社(2022/10/14)
https://nordot.app/953585441512275968

 

なぜ問題をここまで引っ張るのでしょうか? 不思議でなりません。

 

現時点(2022/10/15 10時20分)では、何も動きはありません。

 

事務所からの正式な声明が出るのが待たれます。

 

 

 

近日中に特典グッズの対応を発表する予定?

なんと現時点(2022/10/17 16時46分)でも、レコード会社側からは何も動きはありません。

 

ここまでくると、もはや厚顔無恥な対応として罵られても言い訳のしようもありません。しかし、やはり時代を牽引する人は、人間のデキが違うのでしょう。私のような小心者から見ると、強心臓にひたすら感心するばかりです。

 

問題となった特典グッズの購入予約受け付けはすでに終了。特典グッズ目当てにアルバム限定版を購入予約しようとしても、レコード会社側は別の特典グッズに切り替える対応を取っています。購入予約が完了した人に対しても、謝罪したうえで別の特典グッズに切り替えるとみられます

 

引用:椎名林檎グッズで炎上した「ヘルプマーク」問題 過去には『ポケモン』でも自粛騒ぎ(東スポWEB/2022年10月17日 05:15)
https://www.tokyo-sports.co.jp/articles/-/242154
魚拓URL:https://archive.ph/ymG9a

 

こんな状況ではありますが、このニュースを報道したYahoo!ニュースにあがっているコメントは少ない印象です。今回のトラブルを非難する気持ちが萎えてきているのかもしれませんね。そもそも確信犯としか思えないような問題ですし……。

 

せっかくですので、「いいね」の数が多い声をいくつかピックアップしました。

 

<ヘルプマーク酷似グッズ問題を放置していることに対する声>

・椎名林檎さんは、意図的か、無意識かわからないが、権威的なマークや歴史用語や思想・宗教用語をなどを活用する場合が多い。結局、他の権威を借りて、その権威に同化させて、自分を浮き上がらせようとする意図が潜在的にあるのではと思う
・まだ対応してなかったのかという感じ長引けば長引くほど人が離れていきそう
・普段、色々と辛辣なことを歌ったり、それを自分のアイデンティティとして商売として商売として、心身ともに満たしてきたんですよね。それは多くの人に魅力的に見えたし、見せたかったのでしょう。しかし、問題が起きてから、ご自身が発言されない事は、結局は自分にとって都合の良い上辺だけを汲み取りたかったと思われるのでは?
・本来の目的以外でヘルプマークやそれに酷似する物を付けているとすると、マークへの信頼性が薄れ、「あの人もファッションで付けているだけだろう」と思われるかも知れません。正しい使い方を守り、本当に必要な方だけが付けるべきだと思います
・一般人としても常識であるヘルプマークを個人的志向のネタとしては扱ったことに対しては、本人と事務所で説明してほしい
・コロナの時のライブ決行にしても、公式にコメントを出すスタンスの人じゃなく、批判を気にされないのは何となくわかったけど、ファンの方もそこを割り切って支持してるのかな
・倫理的・道義的に、社会的弱者を助ける制度の妨害になりそうなことを平気でしてしまうのが、やっぱりファンとしては残念です
・運営構成にコンプライアンスや倫理・道徳感のある方を置かなければいけませんね
・ポケモンは商品化時に備えての単なる自粛だからもう少しちゃんと書いたほうがいいと思うのよ。映画やアニメなどの映像作品で出てくるだけなら問題ないはず
・私はヘルプマークを使用しています。先日発作でドブに倒れ、ヘルプマーク裏側の連絡先が泥まみれで汚れたので市役所に交換に行ったら「…それが、すみません。在庫が全くないので入り次第連絡しますね!」と言われて驚きました。もしやと思いフリマを検索したら一人一つしか貰えないはずのヘルプマークが10個で5,000円や3個で1,200円で売られていました
・お蔵入りにすれば許されると思わせてはダメなのでは? 今回も話題作りに利用した形になっているし、既に「広告」として利益を得ているようなものでしょう
・グッズのリンゴマークがAppleのロゴを、アルバムジャケット右下のデザイン処理がファイザー社のロゴをそれぞれ模しているように見えることだ。一つの企画にこれだけ「やらかし」盛りだくさんとなると、意図的にモラルに挑戦したと思われても仕方ない
・遊戯王のお注射天使リリーの帽子もカード再版時やアニメでハートに変更になったしね
・こんなのすぐに答えを出せるはずなのにどうにか金に出来ないかを考えてるレコード会社の誠実さの無さには辟易するわ。ヘルプマークをファッション化しようとしてることにも吐き気がする

 

 

あとは最終的にどのような声明を出すかですよね。

 

もうしばらく気にしてみます。

 

 

販売元のレコード会社「ユニバーサルミュージック」がデザイン変更を発表

椎名林檎さんの特典グッズについて、販売元のレコード会社「ユニバーサルミュージック」がデザインの変更とCD発売の延期を発表しました。

 

参考:
・ヘルプマーク酷似のグッズ、デザイン変更 椎名林檎さん新作CD特典(毎日新聞/2022/10/18 14:49)
https://mainichi.jp/articles/20221018/k00/00m/200/104000c
魚拓URL:https://archive.ph/ZGrTD

 

やっと……ですね。

 

では、ユニバーサルミュージックの謝罪文を確認してみます。

 

こちらです(クリックすると画像が拡大されます)。

 

椎名林檎 オフィシャル・リミックスアルバム 百薬の長 【UNIVERSAL MUSIC STORE限定盤】付属グッズに関するお詫びと発売日変更について(ユニバーサルミュージック/Date: 2022.10.18)

引用:椎名林檎 オフィシャル・リミックスアルバム 百薬の長 【UNIVERSAL MUSIC STORE限定盤】付属グッズに関するお詫びと発売日変更について(ユニバーサルミュージック/Date: 2022.10.18)
https://www.universal-music.co.jp/press-releases/2022-10-18/
魚拓URL:https://archive.ph/CrRFJ

 

 

念のために文章を残しておきます。

 

椎名林檎 オフィシャル・リミックスアルバム 百薬の長 【UNIVERSAL MUSIC STORE限定盤】付属グッズに関するお詫びと発売日変更について

Date: 2022.10.18

 

平素より弊社商品およびサービスをご愛顧いただき、誠にありがとうございます。

 

11月30日に発売を予定しておりました、椎名林檎オフィシャル・リミックスアルバム「百薬の長」【UNIVERSAL MUSIC STORE限定盤】に付属するグッズの内容について、多くの皆様からご意見をお寄せ頂きました。弊社にて検討した結果、当該商品につきましてはグッズのデザインを改訂するとともに(*1)、発売を延期いたします。(*2)

今回の【UNIVERSAL MUSIC STORE限定盤】の付属グッズは、内容及びデザインを弊社で企画検討したものです。

そのデザインについて改めて弊社で検証しましたところ、法令の確認を含めた各種チェックが不十分であったこと、また、日本赤十字社及び東京都福祉保健局からも各マークの使用規定などについてご指導を頂きましたことなどを踏まえ、このたびの決定に至りました。

ファンの皆様、当該商品をご予約頂いた皆様(*3)、そしてリミックスアルバムの制作に携わって頂いたアーティスト及び関連各位の皆様にご迷惑をおかけしますことを深くお詫び申し上げます。

そしてヘルプマークをご利用の皆様、その普及に努められている皆様には、ご不安・ご不快な思いを抱かせてしまいましたことを心よりお詫び申し上げます。

今後は制作物に対するチェック体制および社員向けのコンプライアンス/倫理教育についても改めて見直し、再発防止につとめてまいります。

*1:改訂後の付属グッズのデザインは以下の通りです。
■夢語りマスク(マスク+マスクケース・セット)
<マスクケース>
■諸々券ケース(アクリル・カードケース)

*2:リミックスアルバム「百薬の長」【UNIVERSAL MUSIC STORE限定盤】、及び通常盤も発売延期となります。新しい発売日は決定次第お知らせします。

*3:既にリミックスアルバム「百薬の長」【UNIVERSAL MUSIC STORE限定盤】をUNIVERSAL MUSIC STOREでご予約を頂いた皆さまにつきましては、本日より1週間以内に別途メールにてご連絡させて頂きます。

 

謝罪と合わせて、変更したデザインがアップされていました。

 

好みはあるとは思いますが、・・・とてもダサいです。

 

さて、つづいて「SR猫柳本線 椎名林檎・東京事変オフィシャル」のツイートがこちらです。

 

 

 

最後にYahoo!ニュースにあがっている声をピックアップしました。

 

 

 

椎名林檎ヘルプマーク酷似グッズのデザイン変更&CD発売延期に対する声

Yahoo!ニュースにあがっている声をピックアップしました。

 

<デザイン変更&CD発売延期に対する声>

・「ヘルプマークに似ている」として炎上したのは10月8日。それから10日間もかけてようやくのデザイン変更の発表は炎上対応としては遅すぎると言えます。デザイン変更は避けられない状況でしたので、「デザインを変更します」だけでも早めに告知できていれば炎上のダメージを最小限にできたと思われます。新デザインの発表や発売延期の告知はその後でも問題ありません
・ユニバーサルといえば大手なのに「協議中です」のコメントが出るまで時間かかりすぎだったし、それ以降も発売延期までノーコメントというのが本当にダメだった。椎名林檎も含めた多数の関係者がチェックしているはずだけど、誰も疑問を持たなかったのか、持っていても言えなかったのか。そこも引っかかる
・林檎さんのファンですが昔から本人からスキャンダルや問題系の件の明確なコメントは一切出したことがなく後々歌詞とかにあのことかな?って一文を出すようなタイプの人です。とりあえず、そんな感じの人です。様子見してた、の判断で間違ってないと思います。これでファンをやめることはないですが、悪い印象持たれて仕方ないし、いつも通り対応は遅いなって感じ…尖ってるとかじゃなく、割と世間とズレてるのよ
・一度目の炎上ではのらりくらりした文面のみでそこから1週以上も経ってて疑ってはいたが、二度目の炎上起きたら即座にしっかりとした文章発表でこれまではやはり様子見してたんだなと思った
・なんかここまで時間かけて指導もあったからと言われると、指導がなければ強行してたのだろうかと疑ってしまし、指導されないとダメなものだと判断できる人がいなかったんだろうかと疑問に感じる
・一番まずいのは、アーティストである林檎本人が何もコメントしないところだろう
・こういうグッズにしたいと決めたのは本人だろうに未だコメント出さないってなんかかっこ悪い
・エンタメ業界って、常識ないくせに、プライドだけは高い人間も多い。今回ばかりは、ただのクレーム炎上ではないよ。明らかに企業側の過失
・ヘルプマークのことなんかどうでもいいって見下しているから対応が遅れに遅れたのだろう。アルバムに処方薬だの百薬の長だの付けているのだからヘルプマークに寄せているのは間違いないし
・これだけ時間がかかると椎名林檎自身が相当ゴネたのかな、と邪推してしまう人も出てくる。とにかく対応が遅すぎてお粗末
・こういうデザインがまかり通るんだから、まともな感性の人がいないのかとマジで思う
・協議中から8日もかかるって論外ですよね
・ミスじゃなく故意です。許可を得ない限り絶対にアウトな意匠です。デザイナーはディレクションされても全力で止めたはず。それを押して進めたのが誰なのか、組織に問題があります
・ダサいわ。無知の知ってやつですね
・自分たちも権利を商売にしている業界なんだし、法規部門もあるだろうに。田舎の素人集団かよ
・残念な感じにイキってるよねw痛い
・ヘルプマークは僕ら見た目では分からない不自由を持った人にとっての車いすであり白杖です。それが無かったら障がい者と分からない。パロディ化していいものではない。
デザインがかわいいからと着けている人がいるとネットで読んだけど、本当にやめてほしい。迷惑です
・ファッションで着けたり各企業も類似デザインを簡単にするな、ってことですね
・「特異性が失われる」て事ちゃうかな? 救急車や消防車のサイレンや警察車両に酷似したモノが世の中に溢れると、緊急時の警告効果が薄れたりとかの弊害がある。それと同じでヘルプマークは小さいけど強いメッセージ力を弱めない配慮は必要やと思う
・元某国防公務員の衛生ですが、我々が使う赤十字腕章は一つ一つシリアルナンバーがついていて、鍵付きのケースに入れられています。国際的な赤十字マークの重みを感じられます
・見た目では分かりにくい病気や疾患を持った人が見た目で分かるようにする為の物です。話しかけられるとパニック症状が出る人や突然倒れたりする疾患を持った人が症状が出た時に周りの人がパッと見るとヘルプマークを持っているからすぐに何かあったのだろうか?と気付いてもらえる為の物です。場合によっては命に関わる事ですので。それ程の愚行だと言う事です
・あれだけ酷似していたらデザインした人がヘルプマークを知らなかったというのは考えづらいです。一番の問題はグッズのデザインを手がけた人にあるのかもしれませんが、それをグッズとして公に出すまでには、多くの人の目に触れ、グッズとして適当なのかの検討も重ねられて来られたと思うんですが、結果的にこれでOKとして通してしまったという、レコード会社や所属プロダクションをはじめとした周囲のスタッフの方々の責任も大きいのではないかと思います
・こういうマークを、面白半分でいじるのは、モラル的に問題ありだと思う。しかも、グッズとして大手企業の元で大量配布なんて、社会的にもまずい。配布してからでは、実際に社会への被害が生じて、取り返しがつかなくなっていたと思うので、配布前に中止されたのは良かったと思う
・やっとこの発表ですか。対応が遅すぎます。今回の件は、申し訳ありませんが、アーティスト本人も含め、制作に関わった方々が「まるで素人」のような内容の炎上だったと思います。世に出る前にどこからもストップが掛からなかったことに驚いています。そして結局椎名林檎本人は何もコメントせずに終えようという事でしょうか? いくらなんでも自分なりに今回の件についてはコメントすべきではないでしょうか。スタッフが勝手にやった事、とでも言うのでしょうか? 無責任すぎますね
・かなり以前のことですが、大型施設でライフセーバーのアルバイトをしていたことがあり、その時の制服が赤地に白の十字架がついたTシャツでした。そのTシャツはデザイン的にも優れておりメッセージ性もあって気に入っていたので個人的に買い取らせてもらいたいとお願いしたところ厳しく断られました。理由は「仕事外で自由に着用をされると必要な人から誤認されるおそれがあるから」ということです。表現の自由とかアンチの批判とかそういうことではなく、これは一般常識として却下されてしかるべきでしょう
・制作サイドの不勉強という言葉では片づけられませんね。明らかにヘルプマークを模していますから。決定に至るまで多くのスタッフが目にしているであろうこのデザイン。誰も疑問を持たなかったのか? 持った人がいたけど、一蹴されたのか? アーティストも無関係であるわけはないので当該アーティストには失望しました
・赤十字の絵は国際法に関わる世界標準マークのため、明確な規定がありますが、この規定を知らずに、薬や看護のモチーフイメージとしてクリエイターが描写することもあります。当然すべて描き直しになります。制作サイドが制作過程で多くの人目を通しても気づけなかったことも反省するべきですが、対応が遅い点や、本人からのコメントがない点でも疑問が残ります
・もちろん事前に抑止できればそれが一番よいのだけど、抑止できずに公になった際は、今度は「いかに事態を早急に鎮静化させるか」が問題となる。その意味では今回の初期対応はかなりまずい。香川照之のときもそうだったけど、「何とかなるんじゃないか」「そんなに大事にはならないんじゃないか」という甘い見通しがさらなる被害の拡大を招く
・発売延期の決定に時間がかかったのは仕方ないと思うけど、問題のマークが入ったノベルティを取りやめるのに何で8日もかかるの? ちょっと調べれば半日で分かることですよね?
・ようやく発表しましたか。事の大きさを理解するまでこんなに時間がかかるのかと正直思います。私も難病でヘルプマークを所持しておりますし、同病患者さんにもヘルプマークの普及をしてきた身としてはこれは大変な問題なんですけどね。あとこの件でヘルプマークがもっと普及したら良いと言うコメントもちらほら見ますが、ヘルプマークのポスター結構色々なところにありますよ。SAのトイレ、バス電車、駅、もちろん病院、公共施設…必要ない方たちからしたら気に止めてないと言う事なんだなと改めて思いました
・ヘルプマークは認知度が上がってきたとはいえ、全員が知っているわけではない。とは言え赤十字は別。海外でも通じるマークで、赤十字マークの掲げている病院・救護員に対しては攻撃しては行けないと国際法で定められている。つまりそれだけ赤十字の意味は重いもの。それをデザイナーが知らないのであれば勉強不足だし、このデザインでOK出した人も確認しなかったのかとなる
・どんなに攻めたアーティストであっても扱って良いネタの範囲外であり、小さくない規模の会社にも関わらず、無知なのか、線引きを誤るアマチュア感覚なのか、クリエイティブチームの質の低さに衝撃を受けた
・結局、椎名林檎本人はだんまりですか? 販売会社に任せるだけではなく、個人でもきちんと謝罪をして欲しいです
・問題提起から10日近く経ち、行政からもせっつかれてようやくの決断は本当にコンプライアンスに長けた大企業なのか疑いたくなるレベルの異常な遅さ。一旦取り下げてから対応を協議するなどの柔軟さもなく、延々サイトにグッズを掲載し続けるなど火消しが全然出来ていなかった
・林檎さんからコメントあったのか知らないのですが、アーティスト著作権に敏感な職種であるのに、自分が制作したものでなくいても著作権以上に他の物と混同するようなのは細心の注意をはらうべきだったでしょう
・れより事務所の謝罪はともかくとして、本人は一言もコメント出さないんだね。
ファンに対して、ヘルプマーク使用者に対して、当事者として黙っていられるのが理解出来ないです
・林檎氏本人ではなくレコード会社が企画制作したと認めて泥を被ったのは良かった。危機管理の観点から対応ぶりを注視していたが、事柄の性質上こうするしかない。ここの会社の人とごく短期にうっすら関わったことがあるが、割と強気で上からくる人多かったから、協議と発表まで時間かかったのもわかる気がする
・「椎名林檎のおかげでヘルプマークが知れ渡って良いじゃん」という声も見かけます。実際に私も今回の件で知りました。でもそれとこれとは別で、ヘルプマークをおしゃれグッズみたいにするなんて言語道断。とっさの時に判断を見誤っては救える命も救えません
・広告関係の仕事をしています。赤十字のマークは赤十字を表す時にしか使えません。また営利目的にも使えません。赤十字のHPでも注意喚起されているはずです。10年以上前に医療品のパッケージに使われて新聞記事になる問題になりました。イラストでも病院を表現するために描かれていますが、あれもアウトです。小さな案件にまで、赤十字が対応していないだけでOKではないのです。病気を扱う情報番組では微妙に「赤十字ではない十字マーク」にするなどの配慮がされています。プロとして知識がある人が関われば事前に制作できる案件です。日本では病院の地図記号が十字なので、使用して良いと勘違いするのかもしれませんが赤の十字はそれだけで特別な意味を持ちます。不用意に使えば、誤認されてしまいます。認識しましょう、特にクリエイターは
・林檎さんは関係ありませんとでも言いたいコメントですが、アーティストが関わっていないと断言された販促物を誰が買うんだろう…結局、アーティスト側が責任転嫁で都合よくしたいだけにしか見えないような
・企画しデザインしたのが他人でも、OK出したのは椎名さんなのでは? 何のコメントもなくスルーするのが自分の流儀と思っているのだとしたら、いい加減考え直した方がいい。若い頃は個性的で魅力的なアーティストだと思ってましたが、コロナ禍でのライブ強行といい、ただのイタい大人になってしまいましたね
・初からあんまりペラペラ喋る人じゃ無かったけど、物議を醸し出したことに対してはコメントは早めにして欲しかったですよね。このマークを使っちゃいけないことは賛否両論とかじゃなくて、駄目なんですから、販売禁止とかになるのは分かってたでしょうから
・遅ぇよ。ヘルプマークを使用してる当事者としては、レコード会社は当然の判断をしたと思ってはいるが。とにかく遅い。問題になってからここまでどれだけ経ってると思ってるのか
・ようやく正式謝罪とデザイン変更を述べましたが、対応が遅すぎた感は否めないですね。こういう事案は対応が迅速なのと遅いのでは世間の反応と評価に雲泥の差が生まれますし、ダメな物はダメなのですから、早目の判断が必要です
・職場のイベントで救護コーナーを設ける時に、看板として勝手に赤十字を使おうとしてたので止めたことがありますね。違反している事を伝えても「これくらいいいじゃん」みたいな風潮でした。トラブった結果、めんどうな事を言う奴だなって感じに受け取られましたが、そういった人たちにこれらの関連記事を読んでもらいたい
・公式サイト見てきたけど、もう新デザイン発表しされてます。どうも公式コメント遅いと思ってたけど、新デザイン作ってたんですね。これだけとは言わないですが、発表遅れた原因ですね。公式コメントで新デザイン発表兼ねてるところをみると、とても反省してる様には見えません

 

コメントの8〜9割は対応の遅さなどをはじめ、レコード会社(椎名林檎)サイトの批判といった印象です。

 

もはや私がアーダコーダ言うことでもないですね。あまりにも次元の低いトラブルでした。

 

 

 

寝た子を起こした? ユニバーサルミュージックの無能ぶりに唖然!?

すっかり忘れ去られた感がある椎名林檎さんのアルバム「百薬の長」の購入特典グッズトラブルですが、販売元のユニバーサルミュージックが藪蛇ともいえる再度の謝罪でファンを唖然とさせています。

 

アルバム発売予定が延期された問題で、販売元のユニバーサルミュージックは1日、公式サイト上で改めて謝罪。椎名本人が制作に関わっていないことを強調した。

引用:椎名林檎アルバムグッズ問題、販売元が再度謝罪 椎名本人の「参画・監修した制作物ではない」と強調(スポニチ/2022年11月1日 23:12)
https://www.sponichi.co.jp/entertainment/news/2022/11/01/kiji/20221101s00041000639000c.html
魚拓URL:https://archive.ph/VA3DW

 

さて、あらてめての謝罪文を確認してみます。

 

こちらです(クリックすると画像が拡大されます)。

 

寝た子を起こした? 椎名林檎氏グッズ問題でユニバーサルミュージックが再度謝罪。無能ぶりに唖然!?

引用:椎名林檎オフィシャル・リミックスアルバムの発売延期に関する経緯とお詫び (ユニバーサルミュージック/Date: 2022.11.01)
https://www.universal-music.co.jp/press-releases/2022-11-1/
魚拓URL:https://archive.ph/0LNbj

 

念のために文章を残しておきます。

 

椎名林檎オフィシャル・リミックスアルバムの発売延期に関する経緯とお詫び
Date: 2022.11.01

 

11月30日に発売を予定しておりました椎名林檎オフィシャル・リミックスアルバム「百薬の長」【UNIVERSAL MUSIC STORE限定盤】につきましては、付属するグッズの内容について、多くの皆様からご意見をお寄せ頂きました。

 

これを踏まえ弊社は当該商品の付属グッズのデザインの改訂及び発売の延期を10月18日に発表いたしました。

 

改めまして、ヘルプマークをご利用の皆様、普及に努められている皆様へご不安・ご不快な思いを抱かせてしまいましたことを、深くお詫び申し上げます。

 

弊社としては、その後も、多くのご意見・お問い合わせを頂いておりますことを重く受けとめ、この度の経緯および今後の対応について説明いたします。

 

当該商品は、ユニバーサル ミュージックが独自に企画立案し、制作、そして発売を弊社の責任・管理下のもと、進めていた作品となります。今回問題となった【UNIVERSAL MUSIC STORE限定盤】の付属グッズは、椎名林檎本人が参画・監修した制作物ではありません。内容およびデザインについては、あくまで弊社が企画検討したものとなります。

 

弊社はそのデザインを確定する過程において、法令の確認を含めた各種チェックが不十分でした。にも関わらず、その内容について問題要素を孕んでいないという誤った認識のもとで制作を進めていました。

 

これがアーティスト自身の発案によるデザインであるという根拠のない噂を生んでしまったことで、椎名林檎のクリエイティビティや信念を傷つける事態を引き起こしてしまいました。椎名林檎氏、本作品に参加頂いたアーティスト、スタッフの方々、そして、ファンの皆様にご迷惑をおかけしましたことを深くお詫び申し上げます。

 

今回の事態は、弊社のコンプライアンス/倫理認識の至らぬ結果であり、この事実を深く反省し、事態を引き起こした原因・責任を負うものとして認識しております。

 

本件に関しまして、多くの皆様からのご意見、そして日本赤十字社及び東京都福祉保健局からご指導を頂きましたことを重く受け止め、今後は制作物に対するチェック体制および社員向けのコンプライアンス/倫理教育についても改めて見直し、再発防止につとめてまいります。

 

多くのご意見・お問い合わせを頂いておりますですって?

 

これは悪手ですね。

 

ご意見・お問い合わせなどは粛々と対応してればよかったはずです。

 

わざわざゴミのような謝罪をすることは「椎名林檎氏がへそを曲げてしまったためのご機嫌伺い」もしくは「自分たちの著作権に関する無能な集団であるというカミングアウト」の
どちらかでしかありません。

 

こんな謝罪は完全に不要でした。ユニバーサルミュージックの無能ぶりに唖然するばかりです。しかし、実際、ユニバーサルミュージックは無能であるはずがありません。つまり……そうなると、そういうことだと勘ぐってしまいます。

 

 

 

ユニバーサルミュージックの再度の謝罪に対する声

Yahoo!ニュースにあがっている声をピックアップしました。

 

<ユニバーサルミュージックの再度の謝罪に対する声>

・この時期に、この発表は、余計に、椎名林檎さんのアーチストとしての立ち位置が悪くなり、ブランドの評価を落としてしまう。(椎名氏が)きっぱり事務所の代表として謝罪するほうが評価が上がるのにな、と思います。カリスマ意識がそれを阻んでいるのでしょうね
・制作に携わっていないって、自分のグッズなのに? (椎名氏は)アーティストとしては姿勢が正しくないね
・そこが問題では無いのに敢えてそれだけコメントされると責任逃れしたい椎名林檎さん側の意図が際立ちますね。影響力あるアーティストとしての責任はどうしたって逃れられないし、グッズが問題視されたときに対応が遅れた印象ありますが、破棄せず何とか押し通せないか様子見していた感があり、それは制作側ではなくアーティスト側の判断ですよね
・グッズへの関与はアーティストによって、その時によって変わるので何とも分かりませんが、この文面は消費者向けではなく、椎名林檎への「禊」に受け取れました。さっさとアーティスト本人も謝る。形だけでも、裏側では責任の擦り合いがあっても、それが火種そのものを小さくする最善策
・大抵物販商品の企画とデザインは広告代理店やグッズメーカーで起こされ、事務所は上がってきたデザインや製品のチェックをしているといった流れなので、椎名本人の「参画・監修した制作物ではない」という括弧付きで強調されている内容は間違っていないと思います。
しかし物販商品の「参画・監修した制作物ではない」にしても最終的には椎名林檎も見てるはずなので、結局のところ全ての過程で椎名林檎自身も含め、誰一人気づかなかったことが問題。鉤括弧で強調されている文言は玉虫色に椎名林檎を問題から切り離そうとする詐術に見える。しかし付け加えると、たまたまこの件が大ごとになっていますが、こんなことどこでも起きてます。大抵間に入ってる広告代理店の担当者が良い加減すぎる事で引き起こされてます
・販売元単体の仕事にしては対応を協議する時間が長すぎたのでは?
・ホントに本人が関わってないとしても、椎名林檎グッズとして売り出しているのだから、本人から何か一言、言葉があってもいいと思うんだけど。それにすごくこだわりが強そうなアーティストだと思いますが、グッズをチェックしないなんてありえるのかなぁ?と思う
・椎名林檎レベルになれば最終的に本人に確認してもらうと思うんだけど、本人がOK出したんなら同罪だし、若いアイドルとかなら分かるが本人知らないのはそれはそれでどうなんだ?
・関わってなくても真っ先に謝罪するイメージが有ったので驚きですっ
・本人がコメントしたいのに、周りが止めた様にも思える
・これでは今後も販売されるであろう様々なものの価値を下げてしまっただけなのではと思う。謝罪ではなくとも、コメントさえも出すのが難しい状況なのでしょうか。この一連の流れさえも、厭世的でシニカルな詩になるのかもしれませんけれども
・本人が参画してないってことは、要するにユニバーサルが勝手に作ってたってことでしょ? その方が問題あるよ。いずれにしても、この手のグッズはアーティスト本人と結びついているのだから、本人から一言あって然るべきもの。ずっとダンマリっていうほうが世間一般的な常識に照らし合わせておかしいと思う。ご本人は孤高のアーティストを気取りたいのかもしれないが(笑)、締める時に締めないと、一般大衆から拒絶されるよ?
・大手なのに誰も止めなかったのは会社として問題だと思います
・この腐った林檎は、どこかの政治家みたいだな
・本人がグッズにノータッチとアナウンスすればするほど、このグッズに価値や意味があるのか? それはそれで問題だと思いますが。ギリギリの奇抜をウリにしてきたカリスマのプライドが、これほど頑なに謝罪できない理由でしょうか?今回の件は社会的にも、一人の大人としても林檎さん本人が表に出て謝罪するべき。これでは、残念な大人と判断されても仕方ないと思う
・販売元はアーティストに火の粉がかからないよう必死なんだろうけど、アーティストが関与していないことをことさら強調されて、それでも欲しがる人いるんかね。アーティスト側がだんまりだと、そのつもりはなくても被害者面をしているように見えて、販売元とアーティストが一枚岩じゃないのが透けて見えて、それも購買意欲を削がれるよね
・初動を見誤った上に今回の謝罪内容は、事実であったにしても「椎名林檎」というブランドについた傷は隠せない
・歌の新録がないリミックスアルバムだから、発売元が椎名林檎っぽいグッズを作ったってことなのかな。じゃあ、コンサートやライヴのグッズは本人が監修していたのかな? そうじゃなかったら意味のない、本当につまらない商品でしかないんだけど……。自分が好きなバンドのグッズはメンバーの一人がデザインしてるけど、椎名林檎はそういうのノータッチだったの? 本当に自分が知らないところのものだったら『知らなかったです』と本人も困惑してるとかそういうの発信した方がいいような(もう遅いけど)
・「椎名林檎」という看板を使っての商売では?? 本人が参画・監修してないから無関係って道理が果たして受け入れられるんでしょうか? もし無関係だというなら一体誰の、何のためのグッズなんでしょうか?
・私個人は特段ファンという訳ではないので推測になるのだけど、椎名林檎というアーティストのイメージ的には、「グッズ制作には椎名林檎本人は参画していない」事の方がマイナスになるんじゃないのかな? それともファンの間では周知のことだったりするんだろうか。
・戦争や病気など、極端な題材をこれといった調査や取材をせずに何となく取り上げて、どこか異端であるような、物議を醸すようなイメージを作り上げるのが、この方の表現の基本的なテクニックなんだと思います。それが抽象的であればこれといった苦情もないんでしょうが、現実に触れてしまうとすぐに突っ込まれて、上辺だけであることが露呈してしまいますね
・本人確認無しですか信じ難いです。本人が関わって無いと改めて強調する事では無いと思います。椎名林檎氏のアルバムグッズである事は確かですよね…何故発覚から謝罪が遅れたのか? 誠意ある言葉で早急に発言すれば良かったのではないでしょうか…
・かっこいいアーティストの1人だと思っているし、好きだから、最初に一言欲しかったな。腫物に触るような扱いをされちゃとてもダサいし悲しいな
・あくまでスタートラインに立ってるだけだよ。再発防止にどうつとめるのかを決めて実践しないと。チェック体制や倫理教育などの意識レベルのものではなくシステマチックなものを構築する必要があると思います。そうしないとまた起こるよ。賭けてもいい
・椎名林檎本人が、最終的に私がOKしたので認識不足でした。改めて企画しますってコメントすれば終わりじゃないの? まわりが庇うばっかりで本人がコメントしないから長引く
・椎名林檎本人がコメントして謝罪すれば終わるのに、多分悪いと思っていないかプライド高いからコメントしないのだろうね
・別に椎名林檎さんが参画、監修してても間違いに気付いたなら別にいいのでは…と思うのだけれど。むしろ参画させずに制作するのはどうなの?って気がします
・ユニバーサルミュージックの特典グッズは、アーティストが何も知らないまま出るなんかそれっぽく誰か知らん人が考えた物ってなってしまいますよね。多くはアーティストも少なくとも「そのデザインいいね」と同意の元で出ていたと思ってはいたでしょうに、これは悪手でしょうね
・へぇ…自分のアルバムのグッズにアーティストが監修すらしてないんだ…仮にそれ信じたとしても今回みたいなトラブルが出たらすぐに販売しない旨の発表をさせたり混乱を招いたことの謝罪くらいアーティストには出来るはず。自分のアルバムグッズが問題になっても一切無視、販売元の責任と…それがアーティストなの…?
・本人のプライドが邪魔をして謝罪もなく、放置してきたんでしょう。アーティストであり、事務所の社長である本人が対応する気があるならとっくに解決していたと思います
・こんだけダンマリ続けたあげく、本人は参画してないって言われても納得するどころか、ますますマイナスイメージがつくのでは? 逆効果ですよね
・いやいや、自身の公式グッズなんだから謝罪をするならそのアーティストからでしょう。計画は参加してなくても、最終的な結論は本人も参加してるだろうし
・今後の椎名林檎の商売に大きな影響を与えちゃうんじゃないのかな。アーティストはCDでの商売が成り立たなくなってからグッズ販売が収益の柱らしいからね
・急に本人は責任無いの言い訳をし始めた。
んなわけ無いでしょ。本人から強く販売を止めるよう要望が有ったわけでもなく、話題になってることに、ご満悦だったのではないだろうか
・椎名林檎の名前で出すのだから本人が謝るのが筋でしょう。本当に知らない間にやった事だとしても、プロジェクトの管理ができていないということになる。これでは裏で椎名林檎が絶対に頭を下げたくないと言っているように感じる
・本当に関与してなかったとしても、「次回作より全て私椎名林檎自身でグッズ展開に目を通します」など、何かしらのコメントは必要でしょ
・嘘をついてまで守りたいのか知らんけど、ここまで来ると「私には関係無いことだから、企画を出した方でなんとかしなさいよ」って仰せが見えてきちゃう。火消しの初動に失敗した結果、さらにアーティスト側にダメージ与えちゃって本当にお粗末。それでも食っていけるんだろうからね
・この会社はもう、エンターテインメントに携わらないほうが良い。今更、コンプラだのアーティスト云々だの、大凡、社会を舐めている
・この言い訳はカッコ悪い。椎名林檎のキャラも含めて今まで自己プロデュースでやってきたんじゃなかったの?それが都合が悪くなったら本人は関わっておりませんとかさ、自分のグッズに監修すらしてない訳がない。本人がきちんと経緯を説明して謝罪しない限り延々と批判され続けるだけですよ
・自分が関わってないものを自分を象徴するグッズとして出すこともあるんだ。それを喜んで買って大事に持っているファンの気持ちを考えたらなんか悲しくなる。堂々と椎名林檎さんは関係ありませんって…
・悪手に次ぐ悪手…とにかく全ての対応が遅い、アーティストを守ろうとするが逆に「監修にすら関わってないんかい」という失望を与え、更に「本人はダンマリか」という悪印象だけを残したダメな見本市
・この期に及んでまだ、私の責任じゃないなんて言ってるんだ…。ひとことツイートするだけでも良いのに。秘書が勝手にやりましたと言い訳する政治家みたいだね
・いやいや、そういうことじゃないでしょ。本人名義のグッズなんだから、まず本人から謝罪するのが筋です。プライド高いんだな
・逆に今後は付属するグッズは本人監修以外のよくわからないオマケってことでいい?
・何が問題かと言えば、椎名林檎は自分の公式グッズを他人任せにして平気な程度のアーティストという事。もしくは発表前に事前確認した可能性ありますが、その場合椎名林檎もこれは良くないと気づけぬ程度の人間という事。椎名林檎を守りたくてこの発表したんでしょうけど、またヘンテコ謝罪案件ですよ。さらに悪い印象を重ねただけ。この会社は広報が無能ですね
・都合良いことだけ、世間に向けて発信して、都合の悪いことはだんまりってのが、こすいのよなあ
・椎名林檎のサイトには「椎名林檎初となるオフィシャル・リミックスアルバム『百薬の長』をリリースすることが決定しました」って、そこにオフィシャルってあるから参加はともかく監修したものではないというのは無理筋だし、本当に監修してないならオフィシャルサイトである意味嘘を書いていることになるわけで。すぐに当人が出てきて謝罪すればここまでこじれることもなかっただろうに、謝ったらしんぢゃう病にかかってるのかね
・椎名林檎って名前で商売してるのにコメントすら出さないでなんかクソみたいな言い訳させてる椎名林檎ってマジでダサすぎないか? 東京事変のコロナライブもノーコメントって。まじで人間性に問題ある

 

声の多くは予想通りでした。やはり再度の謝罪は悪手でしたね。

 

 

 

割りを食った? 1冊まるごと椎名林檎批評『椎名林檎論 乱調の音楽』

10月11日に文藝春秋から『椎名林檎論 乱調の音楽』(←クリックすると、アマゾンのページに飛びます)という1冊まるごと椎名林檎批評本が発売されていましたが、残念ながらあまり話題になりませんでした。

 

グッズ問題の割りを食った形ともいえます。著者の北村匡平氏としては残念無念といったところでしょう。

 

そんな北村氏にFLASHがインタビューしている記事を見つけました。

 

最終的な対応は、微妙なところです。デザイナーがデザインしたのは間違いないでしょうが、おそらく椎名林檎のチェックは受けているのではないでしょうか。すべてをコントロールしていると思われるのが椎名林檎というアーティストの特徴でもあります(これがほかのアーティストだったらレコード会社の謝罪ですむケースも多々あるかと)。個人的には、販売元のユニバーサルミュージックだけでなく、椎名林檎も共同で謝罪してもよかったのではないかと思います。

 

引用:椎名林檎「ヘルプマーク騒動」の真っ最中に出版された『椎名林檎論』著者に聞く「騒動の本質」と「影響」(FLASH/2022.10.30 06:00)
https://smart-flash.jp/entame/207452/1
魚拓url:https://archive.ph/RBJfh

 

記事にも出てきますが、2010年代以降はSNS社会ともいえます。ネタ的なメタ性が通じなくなって、すべてがベタに回収されてしまう時代になりました」というのは否定できない事実で、その時代に合わせた発信や対応が必要ということです。

 

時代とマッチして売れた側面もある椎名氏ですが、残念ながらここ数年は彼女と時代とのズレを感じている人も多いのではないでしょうか。

 

表現の内容とは関係なく、空気が何かを左右するのはいつの時代も変わりませんが、空気はいつも変化します。目に見えない空気というのはアーティストにとっては厄介な存在でもありますね。

 

では!

 

あ わ せ て 読 ん で ほ し い

気になった謝罪文を収集しています。謝るようなことが起こらないにこしたことはありませんが、何かの時のために参考にしてください。

 

wordpressやるなら
エックスサーバーがオススメ!

このサイトはスタート時より「wordpress × エックスサーバー」によって運営しております。他のサーバーとも契約をして別サイトを構築しておりますが、エックスサーバーの使い勝手がイチバンです。セキュリティ、サポートに満足しております。しかも低コストです。利用者が多いので情報がネットに多いことも助かります。

詳細は下記ボタンより

 

 

謝罪文一覧の最新記事

-謝罪文一覧
-,

執筆者:

関連記事

謝罪文の実例

アップリンク浅井隆氏・元従業員のパワハラ訴訟に対して | 謝罪文 実例002

つなワタリ@捨て身の「プロ無謀家」(@27watari)です。「UPLINK FACTORY」をメインとし、映画配給をはじめ文化の発信基地で知られる有限会社アップリンクの取締役・浅井隆氏が元従業員から …

no image

NHK福島放送局が列車を電車と表記で謝罪するも鉄オタ批判が多くて驚き | 謝罪文 実例038

つなワタリ@捨て身の「プロ無謀家」(@27watari)です。   気になった謝罪文の実例を収集してアーカイブしている記事です。謝罪するようなことが起きないことに越したことはありませんが、も …

no image

UUUM株式会社イベント中に不審者が侵入!? 大事件ならずには済んだが…… | 謝罪文 実例030

つなワタリ@捨て身の「プロ無謀家」(@27watari)です。   気になった謝罪文の実例を収集してアーカイブしている記事です。謝罪するようなことが起きないことに越したことはありませんが、も …

no image

晋遊舎がパズル雑誌で懸賞品を送らず〜未発送は数千人? | 謝罪文 実例006

つなワタリ@捨て身の「プロ無謀家」(@27watari)です。気になった謝罪文の実例を収集してアーカイブしておきます。謝罪することが起きないことに越したことはありませんが、何かが起きた時に参考にしてい …

実際に私の元に送られてきた迷惑メール・詐欺メールの実例(迷惑メールタイトル、送り相手、本文内容)を紹介することで、ネット被害を撲滅!

【NlCOSカード】重要なお知らせ(三菱UFJニコス・MUFGカード・DCカードを装い、利用制限が継続されると脅かす詐欺メール) | 迷惑メール786

つなワタリ@捨て身の「プロ無謀家」(@27watari)です。私の元に届いた「迷惑メール・詐欺メール」の実例を最速で紹介しています。くれぐれも迷惑メールに引っかからないようにしてくださいね。 &nbs …


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

関連コンテンツ

サイト内検索はこちらから↓

サイト内検索はこちら

アマゾンセール

80%オフも! 日替わり! 売り切れ次第終了! 掘り出し物ザクザク! 最新Amazonセール情報 ↓

同カテゴリーの人気記事

「同カテゴリーの人気記事」はこちら ↓

「ブルボン最高党」結党! ルマンド、アルフォート、エリーゼ……国民的お菓子メーカー、ブルボン最高!

つなワタリです。どうぞよろしくお願いいたします。 


LINE友だち追加

肩書きは「エディトリアル・アーティスト」&捨て身の高熱量「プロ無謀家」。集めて、編んで、外に発信することが生業。文章、映像、写真、イベント、コミュニケーションなどを活用しながら編み、考えていることを掘り下げて伝えていきたいと思っています。また、自分に負荷を与えるのが好きな性質を利用して、「プロ無謀家」として獣道を切り開きたいと思っています。

サイトタイトルの『インテリジェンス・ライフ』は「intelligence for good life」の略。生きた情報(インフォメーションではなくインテリジェンス)を大切にしたいという願望からつけました。

>>>プロフィール詳細

>>>お問い合わせ

>>>What’s New

>>>ウィッシュ☆ネットワーク|相談・共有・情報交換掲示板

70代のLINEスタンプおじいちゃん Appleの2021年CM「Macの向こうから - 日本でつくる」出演者一覧 auブックパス Google トレンド IT用語辞典 e-Words IT用語辞典バイナリ LINEスタンプを作る SEOチェキ WWEのシナリオ Yahoo!知恵袋 “ サツマイモのコリアンダーソースがけ ” “ シュリンプの焼き串 ” “ ズッキーニとチキンのケバブ ” 「リラックまん(チョコレート味)」 「リラックマ」をモチーフにした和菓子 いじめ お酒が飲めない、飲まない日本の有名人 ぬるぽ アングレーム国際漫画フェスティバル「遺産賞」 エックスサーバー(XSERVER)を装った詐欺メール オススメ有料&無料wordpressテーマ コピー防止は、さほど防止できない サイト状態を確認する無料の便利サイト サブドメインとサブディレクトリ タウンワークを装った詐欺メール ネットショップ/セール情報 パワーランクチェックツール ビジネスホテル「ドーミーイン」 ポンポコラーメン マヌカハニー好きな有名人 ルッソ兄弟 七ヶ宿ダム湖カレー 大仏三姉妹 岩本三千代 愛知県西三河地方 有料wordpressテーマ 東京五輪の聖火リレーの辞退者続出 検索避け 沖縄しいたけ田中 源流ポッチョン 無料漫画サービス 福田赳夫「天の声にも変な声がたまにはある」 超お得なティファニー風ダイヤモンドジュエリー 道の駅七ヶ宿 電脳マヴォ
2022年11月
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
282930  
スポンサーリンク