インターネットお役立ち情報

【2018年度版・速度診断ツールでサイト確認】スピード化は検索結果にも影響する

投稿日:

Pocket

【2018年度版・速度診断ツールでサイト確認】スピード化は検索結果にも影響する

つなワタリ@捨て身の「プロ無謀家」(@27watari)です。自分のサイトのスピード感を把握していますか? 以前にも【スピード診断ツールGoogle「Test my site」でユーザー離脱率チェック】という記事で紹介しましたが、あらためて速度診断ツールをまとめておきます。

 



 

Google「Test my site」は簡易的にサイトの速度状況を把握できる

【2018年度版・速度診断ツールでサイト確認】スピード化は検索結果にも影響する Google「Test my site」

先程も書きましたが、スピード診断ツールGoogle「Test my site(テスト・マイ・サイト)」はご存じでしょうか。

 

ここでは下記の項目を簡単チェックできます。

 

・モバイルでのサイトの読み込み時間(3G回線想定)
・読み込み中のユーザー推定離脱率
・速度改善の提案など

 

作業手順はとっても簡単です。

 

下記関連記事に細かい手順を載せています。ご覧になってください。

【最強のスピード診断ツール/2018年版】Google「Test my site」でユーザー離脱率チェック

 

ただ、「Test my site」には少し問題があります。

改善点の提案はあるんですが、その改善をどう具体的に対処していいのかわかりにくいんですよね。

この辺がひとつの分かれ目ではあります。

「わかっちゃいるけど、手が施せない」ってパターンです。

悩ましいですよね。

この辺の部分はあらためて研究&解説していこうと思っていますが、サイトの状況は目まぐるしく変わるので、その点でも悩ましさがついてまわります。

そういった場合は「トップクラスの表示速度を実現! ホームページ作成サービス「グーペ」」などを利用するのも方法の一つです。

 

 

 

 

サイトの表示速度はダントツ! 「Goope(グーペ)」ってなんだ?

【2018年度版・速度診断ツールでサイト確認】スピード化は検索結果にも影響する 「Goope(グーペ)」ってなんだ?

「Goope(グーペ)」はレンタルサーバーの「ロリポップ!」などを運営しているGMOペパボ株式会社が提供しているサービスです。

基本は簡単にホームページを作るサービスがメインです。

個人事業主をターゲットにしています。

自由自在にサイトが作れるのは当然ですが、システムのバージョンアップの度にネット状況の動向を加味していますから、表示速度やseo対策も気にする必要がありません。

とくに個人事業主の場合、「サイトの表示が遅い」「seo対策が不十分」となると死活問題となります。

そこに目を付けたサービス「Goope(グーペ)」の評判はなかなかのようです。

また、個人事業主でなくても、サイト表示やseo対策に費やされる時間って、バカになりません。

そういった部分でも「Goope(グーペ)」というサービスは要注目だと思います。

サイト表示の速度の重要性をもっと知りたい方は、こちらのページをぜひご参考になってください。

 

 

 



 

 

 

Google「PageSpeed Insights」は瞬時にサイトの詳細状況を把握できる

【2018年度版・速度診断ツールでサイト確認】スピード化は検索結果にも影響する。Google「PageSpeed Insights」

Googleさんが提供している速度測定ツールに「PageSpeed Insights(ページスピード・インサイト)」というものがあります。

モバイルに限らず、あらゆる端末での速度調査ができてます。

 

こちらです。

 

【2018年度版・速度診断ツールでサイト確認】スピード化は検索結果にも影響する。Google「PageSpeed Insights」
https://developers.google.com/speed/pagespeed/insights/

 

ページに行って、アドレスを入れてクリックするだけです。

 

こんな感じに診断は表示されます。

【2018年度版・速度診断ツールでサイト確認】スピード化は検索結果にも影響する。Google「PageSpeed Insights」

あとは表示される「最適化についての提案」を改善していくだけです。

 

Googleさんは改善ポイントを解説してくれています。

たとえば「サーバーの応答時間を改善する」の解説ページを見てみましょう。

【2018年度版・速度診断ツールでサイト確認】スピード化は検索結果にも影響する。Google「PageSpeed Insights」
https://developers.google.com/speed/docs/insights/Server

 

来訪者はサーバーが応答するまでに「200ミリ秒以上(0.2秒)」以上時間がかかると、遅いと感じるそうです。スーパーアスリート並みの感覚ですね。

けっこう大変ではありますが、勉強にはなります。

意欲的な人には、「PageSpeed Insights」はオススメです。

最初は「???」な部分も多いと思いますが、ぜひお試しください。

 

 

 

 

WordPressなら最適化プラグイン「Autoptimize」が効果的? 注意!

WordPressの最適化プラグイン「Autoptimize(オートオプティマイズ)」というのがあります。

これを導入するとサイトを最適化し、スピードアップが図れるという話があります。

 

しかし!!!

 

これは注意です!!

 

ちょっと他と相性が悪いという話もあります。

アフィリエイトの広告が消えるとか、モバイルフレンドリーに悪影響が出るという話もあります。

入れてみて何かしらのトラブルが発生するかもしれませんので、有効化したらしばらくサイトの状況の確認を忘れないようにしてください。

どうぞ慎重にお試しくださいね。

 

 



 

 

 

海外発! 監視ツールの決定版「Pingdom」を無料で使う

【2018年度版・速度診断ツールでサイト確認】スピード化は検索結果にも影響する。監視ツールの決定版「Pingdom」

「Pingdom」はスウェーデン発のWebサイト監視ツールです。

有料版が基本ではありますが、無料版もあります。無料版は一つのサイトしかチェックできませんが、充分でしょう。

これです。

 

【2018年度版・速度診断ツールでサイト確認】スピード化は検索結果にも影響する。監視ツールの決定版「Pingdom」
https://www.pingdom.com/free

 

レポート機能や表示速度の分析など、かなり豊富です。もちろん使い方も簡単。

Googleさんの無料ツールで充分だとは思いますが、「Pingdom」もかなりスグレモノだと評判です。

速度測定を徹底的に調査したい場合は、使ってみることをオススメします。

 

 

 

離脱時間は2〜3秒! 表示が遅いサイトは淘汰されていく!?

【2018年度版・速度診断ツールでサイト確認】スピード化は検索結果にも影響する。離脱時間は2〜3秒

時代はスピード化が加速してきています。

先程、来訪者はサーバーが応答するまでに「200ミリ秒以上(0.2秒)」以上時間がかかると、遅いと感じると書きました。

これはGoogleさんの分析です。

恐ろしく早いです。

 

さらに調べてみました。

 

同じくGoogleさんによる「Is the web getting faster?(2013年4月15日)」というタイトルのコラムが見つかりました。

英語版だけなのか、日本語版もあるのかわかりませんが、こちらをご覧になってください。
https://analytics.googleblog.com/2013/04/is-web-getting-faster.html

 

2013年時点での話です(モバイルの表示速度/国の比較)。

【2018年度版・速度診断ツールでサイト確認】スピード化は検索結果にも影響する。離脱時間は2〜3秒

 

もっとも堪え性がないのがアメリカで2.5秒、日本やドイツは3秒程度で我慢できなくなってしまうようです。

このデータから5年が過ぎていますから、さらに0.5秒程度は堪え性がなくなってきているのではないでしょうか。

 

ホントに恐ろしい話です。

 

Googleさんはスピード化には以前から注目してきてますし、さらに速度診断ツールの力の入れ具合もかなりのものです。今後さらにスピード化が検索結果のランクにも大きく影響していきそうです。

 

では!

 

無謀なる【月間100万PVの目標】に向かっての記録や情報をまとめています。クリックすると記事一覧に飛びます。

つなワタリ@捨て身の「プロ無謀家」によるアクセスアップの道

<内容>
・セルフブランディング
・ツイッター活用術
・facebook活用術
・ブログアクセスアップ術
・wordpress & プラグイン関連
・Googleアドセンス&アフィリエイト関連
・実録!アクセスアップ挑戦の記録 ほか

 

 

↓私はこんなヤツです。
【アクセスアップ発信術/2018年版】ブログで共感者を集める9つの決め手
「よかったらツイッターのフォロー、応援よろしくお願いいたします☆」

 

スポンサーリンク



 

お仕事ご依頼、ブログのご感想などはメールでどうぞ。

 

つなワタリ
紙媒体(チラシ・パンフレット・チラシ・書籍・雑誌)の企画・編集・DTP・デザインから印刷物納品まで、関東圏内でのスチール撮影(プロフィール写真・イベント撮影・ライブ記録・レタッチ・定点映像記録撮影/1時間10,000円〜要相談)、WEBメディア掲載サポート(企画・編集・SEOライティング・取材・撮影)、オリジナル小説や企画作品の原稿執筆(プロットからの制作可能)、イベント運営(企画・サポート)などのお手伝いをいたします。下記からお気軽にお問い合わせください。

<特に下記の経験値が高い>
・スーパー特急チラシデザイン
・人物取材全般(オールジャンルが基本だが、より人間に迫るドキュメント系)
・地域活動文化(ボランティア、NPO関連)、草の根アートに精通(20年ほどの経験値)
・50〜2000人規模程度のイベントプロデュース

>> お問い合わせする

>> 会社サイトはこちら

 

-インターネットお役立ち情報
-, , , , ,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

関連記事

【ツイッターのセキュリティ設定を3分で確認する手順】私がやっているオススメ設定

【ツイッターのセキュリティ設定を3分で確認する手順】私がやっているオススメ設定

目次1 2018年5月25日、ツイッターの「重要な改訂」って何だ?2 典型的な悪文! ツイッターの説明文に限らず、説明文章がよくわからない3 ツイッターのセキュリティ設定を3分で確認&実行3.1 <ツ …

【簡単! 必須!】Googleアナリティクスで自分のアクセスを除外する

【簡単! 必須!】Googleアナリティクスで自分のアクセスを除外する

目次1 自分のアクセスは必ず除外しておくのが基本2 自分のIPアドレスを知る方法は?3 IPアドレスを指定して除外する手順4 ネット情報! エックスサーバーが「独自ドメインプレゼントキャンペーン」開始 …

企業の賢いレンタルサーバーの選び方〜悩まずコレでキマリ!

企業の賢いレンタルサーバーの選び方〜悩まずコレでキマリ!

  目次1 成功するサーバー選び〜コストで選ぶな! 9つの重要ポイント1.1 ●ポイント1 ディスク容量1.2 ●ポイント2 回線スピード1.3 ●ポイント3 マルチドメイン対応1.4 ●ポ …

Facebookキャッシュクリアを一発解決! 「Open Graph オブジェクト デバッガー」

Facebookキャッシュクリアを一発解決! 「Open Graph オブジェクト デバッガー」

キャッシュ問題はボタンを押すだけで一瞬解決! かなり嬉しい facebookで記事をシェアしようとした時に画像が違う!?となったことはありませんか? 私は何度かなったことがあります。解決に時間がとられ …

サイトを作ったら最初にやるべき3つのこと

サイトを作ったら最初にやるべき3つのこと

  目次1 サイト発信はこの3つを押さえておけば大丈夫1.1 (1)Google アカウントを取得する1.2 (2)サイトをGoogle Search Console(サーチコンソール)に登 …

スポンサーリンク

サイト内検索はこちら

つなワタリです。どうぞよろしくお願いいたします。 


LINE友だち追加

肩書きは「エディトリアル・アーティスト」&捨て身の高熱量「プロ無謀家」。集めて、編んで、外に発信することが生業。文章、映像、写真、イベント、コミュニケーションなどを活用しながら編み、考えていることを掘り下げて伝えていきたいと思っています。また、自分に負荷を与えるのが好きな性質を利用して、「プロ無謀家」として獣道を切り開きたいと思っています。

サイトタイトルの『インテリジェンス・ライフ』は「intelligence for good life」の略。生きた情報(インフォメーションではなくインテリジェンス)を大切にしたいという願望からつけました。

>>>プロフィール詳細

>>>お問い合わせ

>>>What’s New

>>>ウィッシュ☆ネットワーク|相談・共有・情報交換掲示板

2018年7月
« 6月    
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031  
スポンサーリンク