オレ刊!つなワタリ | 自分らしく生きる「インテリジェンスライフ」

エディトリアルアーティスト・つなワタリによる自分らしく輝き、楽しく生きる提案。マイペースな“オレ刊”発信

エンタメ

井深大氏が生きていたら「先代のAIBO」 を見捨てていただろうか?

投稿日:

Pocket

「aibo」が復活する。オーナーとのやり取りをソニー独自のAI技術によって学びながら個性的に成長していくそうだ。

井深大氏が生きていたら「先代のAIBO」 を見捨てていただろうか?

井深大氏が生きていたら「先代のAIBO」 を見捨てていただろうか?

公式ページより
http://aibo.sony.jp/

 

キャッチコピーは「あたらしい物語がやってくる」。可愛らしい表情の「aibo」が女性とじゃれ合う姿は微笑ましい。

しかし、新型「aibo」発表の場で開発担当の川西泉氏(AIロボティクスビジネスグループ長)は、先代のAIBOについて「修理サービスの復活はない」と断言したそうだ。

 

井深大氏が生きていたら「先代のAIBO」 を見捨てていただろうか?
http://president.jp/articles/-/23827
https://archive.is/T9duO(「archive.is」webpage capture)

 

 

「心を満足させることで科学の存在価値がある」

この言葉はソニー創業者の一人であり、2代目社長だった井深大氏のもの。

井深氏は心の貧しい人間が増えていくことを懸念し、教育問題にも力を入れていた。名著『幼稚園では遅すぎる』は昭和の教育バイブルのひとつでもあった。

川西泉氏を批判するわけではない。会社の言葉として受け止めているから言わせてもらうが、ソニーには気概もプライドもない。もちろん心もない。きっと崩壊するだろう。いや、崩壊して欲しい。

1999年に発売された先代の「AIBO(先代は大文字表記だった)」は、まるで永遠の命をもつロボット犬のような売り方をされた。

心に訴えかける売り方をしておきながら、面倒になると切り捨てる。こういった思考は必ずソニーにとって命取りになると思うし、むしろ命取りになって欲しい。

機械だからといって永遠の命というわけではない。当然だ。むしろ機械の方が寿命が短い。それはわかっている。少数の顧客のために部品を定期的にメンテナンスするなんてことは、商売的にはロスでしかない。もちろん「修理サービスの復活はない」は合理的だし、理解できる。

しかし、ならば、機械だから寿命は限られているとハッキリと言わないのか? さも永遠に壊れないような売り方をしたのか? その後始末をする責任感の欠片もないのか?

せめて事情をしっかり伝えて頭を下げるなり、合同葬儀でも行うのがスジではないのか?

井深大氏が生きていたら、こんな無慈悲な対応は決してしなかっただろう。

世界のソニーのプライドがあるならば、すぐに看板を下ろすべきだ。

少しでもプライドが残っていたのならば、壊れにくい部品を開発する目標を掲げるとか、未来に向けて貪欲に挑戦する気概を見せて欲しかった。

もっとも心を失っている状態では何を望んでも無駄だろうが。

ちなみに今回の「ケアサポート利用規約」を読むと、部品の保有期間は「生産終了後7年間」。

また2025年以降に問題が話題になることだろう。もっともソニーがまともな状態で存続しているかどうかはわからない。かなり危ういのではないだろうか。

 



 

 

ソニー魂を引き継ぐ者たちもいるのが救い

かつてソニーで技術者として働いていた者たちが立ち上げた「ア・ファン ~匠工房~」という修理会社がある。ここでは「AIBO」の修理はもちろん、里親まで募集している。

「ア・ファン ~匠工房~」ホームページ
http://a-fun.biz/index.html

AIが進化するのことは喜ばしいことだ。しかし、エゴの塊の会社が開発するロボットには心の欠片もない歪なロボットが生み出されることだろう。いくら体裁は繕っていても誤魔化されてはいけない。

そのロボットがいつの日か暴走してしまうことも容易に考えられる。

太刀打ちできなくなり途方に暮れる人間たち。そこにに救世主として現れるのが、心ある「人間」に補修・維持された初代「AIBO」たちだったりしたら面白いのかもしれない。

これじゃ、安っぽい。映画にもならない……か。

 

人間、余裕がなくなると、心を失いがちになってしまう。

かく言う私だって偉そうに批判なんてできない。反面教師として、このaibo問題の未来を見守っていきたいと思う。

 

<参考>
名著『幼稚園では遅すぎる 新装版 (サンマーク文庫)』はこちら。必読!

 

 

↓私はこんなヤツです。
【アクセスアップ発信術/2018年版】ブログで共感者を集める9つの決め手
「よかったらツイッターのフォロー、応援よろしくお願いいたします☆」

 

スポンサーリンク



 

お仕事ご依頼、ブログのご感想などはメールでどうぞ。

 

つなワタリ
紙媒体(チラシ・パンフレット・チラシ・書籍・雑誌)の企画・編集・DTP・デザインから印刷物納品まで、関東圏内でのスチール撮影(プロフィール写真・イベント撮影・ライブ記録・レタッチ・定点映像記録撮影/1時間10,000円〜要相談)、WEBメディア掲載サポート(企画・編集・SEOライティング・取材・撮影)、オリジナル小説や企画作品の原稿執筆(プロットからの制作可能)、イベント運営(企画・サポート)などのお手伝いをいたします。下記からお気軽にお問い合わせください。

<特に下記の経験値が高い>
・スーパー特急チラシデザイン
・人物取材全般(オールジャンルが基本だが、より人間に迫るドキュメント系)
・地域活動文化(ボランティア、NPO関連)、草の根アートに精通(20年ほどの経験値)
・50〜2000人規模程度のイベントプロデュース

>> お問い合わせする

>> 会社サイトはこちら

 

-エンタメ
-, , , ,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

This site uses Akismet to reduce spam. Learn how your comment data is processed.

関連記事

フィジェットスピナーより地球ゴマやフィジェットキューブが面白い

フィジェットスピナー より地球ゴマやフィジェットキューブが面白い

目次1 2017年のトレンド! アメリカで「フィジェットスピナー」が流行中2 日本にもあった! 回転式遊び道具「地球ゴマ」3 高齢者にオススメのフィジェットキューブ 2017年のトレンド! アメリカで …

2025年の国際博覧会(万博)は大阪に!? 2018年11月のBIE総会で決定

2025年の国際博覧会(万博)は大阪に!? いつ決定? ライバル国は?

「ダウンタウンDXDX」に松井一郎大阪府知事が登場するらしい。なぜにそんなバラエティーに出演するのか? どうやら大阪万博誘致に向けて世論を盛り上げたい思惑があるらしい。 2017年11月に「御堂筋オー …

6月に日本公開。グレタ・ガーウィグ監督作『レディ・バード』はヒットするのか?

6月に日本公開。グレタ・ガーウィグ監督作『レディ・バード』はヒットするのか?

目次1 「Rotten Tomatoes」で100%評価。全米映画批評家協会では最優秀賞2 「ママはわかってくれない!」 悩める女子高生の青春ストーリー3 故郷「サクラメント」と神の恩恵を意味する「サ …

「東京ゲゲゲイ」のメンバーは? 経歴は? 基本情報まとめ

ハイパーキテレツなダンスチーム「東京ゲゲゲイ」 2018年は世界を席捲してもらいたい

エンタメは世界の共通言語。さまざまなジャンルで日本人が海外に進出していますね。その中でも個人的に2018年には日本から飛び出して世界を席巻してもらいたいと願っているのが、昇り調子のダンスチーム「東京ゲ …

72時間ホンネテレビ「3人だけの72曲生ライブ」で気になった3つのこと

72時間ホンネテレビ「3人だけの72曲生ライブ」で気になった3つのこと

72時間ホンネテレビが話題になってますよね。7400万人が視聴したそうですが、私はいっさい見てないです。視聴数はともかく、気になったことが3つありますので、備忘録的に残しておきます。   目 …

スポンサーリンク

サイト内検索はこちら

つなワタリです。どうぞよろしくお願いいたします。 


LINE友だち追加

肩書きは「エディトリアル・アーティスト」。集めて、編んで、外に発信することが生業。文章、映像、写真、イベント、コミュニケーションなどを活用しながら編み、考えていることを掘り下げて伝えていきたいと思っている。
サイトタイトルの『インテリジェンス・ライフ』は「intelligence for good life」の略。
輝く未来を一緒に! 無料メールコーチングはじめました。

>>>プロフィール詳細

>>>お問い合わせ

>>>What’s New

>>>ウィッシュ☆ネットワーク|相談・共有・情報交換掲示板

2018年6月
« 5月    
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930  
スポンサーリンク