ブランディング

【トランプ氏・退任メッセージ全文】繁栄と素晴らしい未来を(2021年1月19日)

投稿日:2021-01-20 更新日:

Pocket

【トランプ氏・退任メッセージ全文】繁栄と素晴らしい未来を(2019年1月19日)

つなワタリ@捨て身の「プロ無謀家」(@27watariです。2021年1月19日、 トランプ米大統領は翌日の退任を前にビデオメッセージを発表しました。最後までバイデン氏の名前を出さなかったことが話題となりました。

 



 

トランプ氏・退任メッセージの映像と全文訳

トランプ米大統領の最期の演説は「PRESIDENT TRUMP FAREWELL ADDRESS TO THE NATION 1/19/21」というタイトルでYouTubeにアップされています。

 

こちらです。

 

 

20分に渡るものです。英文と訳を紹介します。日本語訳はゆっくり訳していきます。

 

 

「Remarks by President Trump In Farewell Address to the Nation」

 

My fellow Americans: Four years ago, we launched a great national effort to rebuild our country, to renew its spirit, and to restore the allegiance of this government to its citizens. In short, we embarked on a mission to make America great again — for all Americans.

親愛なるアメリカ国民のみなさま、4年前、私たちはアメリカの再建、新しい精神を呼び起こすこと、さらに尊敬すべき市民への忠誠心を回復するために、偉大な国家的努力に取りかかりました。簡単に言ってしまえば、偉大かつ誇らしいアメリカを取り戻すという使命に乗り出したわけです。

 

As I conclude my term as the 45th President of the United States, I stand before you truly proud of what we have achieved together. We did what we came here to do — and so much more.

第45代大統領としての任期を終えるにあたり、私はみなさんと共に成し遂げたことを心から誇らしく思い、ここに胸を張って立っています。私たちは共に協力して目的を達成しました。いや、それ当初の目標以上のことを成し遂げました。

参考:【歴代アメリカ大統領リスト】Presidents〜Learn more about the presidents of the United States(The White House/ホワイトハウス公式サイト) https://www.whitehouse.gov/about-the-white-house/presidents/

 

This week, we inaugurate a new administration and pray for its success in keeping America safe and prosperous. We extend our best wishes, and we also want them to have luck — a very important word.

今週、新政権が発足します。望むらくは築き上げたアメリカの安全と繁栄が維持され続けることを祈ります。私たちは最高の祈りを捧げると同時に、彼らに「幸運」が訪れることを願っています。幸運・・・これはとても重要な言葉です。

 

I’d like to begin by thanking just a few of the amazing people who made our remarkable journey possible.

私たちの素晴らしい旅(任期での成功、過程)を可能に導いてくれた数人の素晴らしい人々に感謝の意を伝えることからやらせてください。

 

First, let me express my overwhelming gratitude for the love and support of our spectacular First Lady, Melania. Let me also share my deepest appreciation to my daughter Ivanka, my son-in-law Jared, and to Barron, Don, Eric, Tiffany, and Lara. You fill my world with light and with joy.

第一に、素晴らしいファーストレディであるメラニアの愛とサポートに、最大限の感謝の意を表します。また、娘のイヴァンカ、義理の息子ジャレッド、そしてバロン、ドン、エリック、ティファニー、ララにも深く感謝しています。家族たちは私の世界を光と喜びで満たしてくれます。

 

I also want to thank Vice President Mike Pence, his wonderful wife Karen, and the entire Pence family.

また、マイク・ペンス副大統領とその素晴らしい妻であるカレン、ペンス一家に感謝いたします。

 

Thank you as well to my Chief of Staff, Mark Meadows; the dedicated members of the White House Staff and the Cabinet; and all the incredible people across our administration who poured out their heart and soul to fight for America.

私のチーフ・スタッフであるマーク・メドウズ、ホワイトハウス・スタッフと内閣の献身的なメンバー、そしてアメリカのために心血を注いでくれた政権全体の信じられないほど素晴らしい人々に感謝します。

 

I also want to take a moment to thank a truly exceptional group of people: the United States Secret Service. My family and I will forever be in your debt. My profound gratitude as well to everyone in the White House Military Office, the teams of Marine One and Air Force One, every member of the Armed Forces, and state and local law enforcement all across our country.

また、この場をお借りして、本当に並外れて優秀な人々の集まりである米国シークレットサービスに感謝の意を表します。私と家族は永遠に感謝してもしきれません。さらにホワイトハウス軍部の皆様、 マリーン・ワンとエアフォース・ワンのチーム、 軍隊の方々、そしてすべての州や地方の法執行機関の皆さまにも深く感謝します。

参考:アメリカ合衆国シークレットサービス(USSS)とは、大統領及び大統領一家への直接警護を担当する「大統領警護部隊」をはじめ、さまざまな部隊がある。 https://www.secretservice.gov/

 

Most of all, I want to thank the American people. To serve as your President has been an honor beyond description. Thank you for this extraordinary privilege. And that’s what it is — a great privilege and a great honor.

何よりもアメリカ国民に感謝します。大統領にとして皆さんに仕えることができたことは、言葉では言い表せないほどの名誉です。この特別な特権を与えてくださり、ありがとうございます。本当にこれは偉大な特権であり、偉大な名誉です。

 

We must never forget that while Americans will always have our disagreements, we are a nation of incredible, decent, faithful, and peace-loving citizens who all want our country to thrive and flourish and be very, very successful and good. We are a truly magnificent nation.

我々が決して忘れてはならないのは、アメリカ人という民族は意見の違いがあるにしろ、信じられないほど、礼儀正しく、誠実で、平和を愛する市民の国であることです。その市民たちすべては、国がより豊かになり、より繁栄し、非常に、非常に成功して良いものになることを望んでいます。私たちの存在は、本当に素晴らしい国家そのものです。

 

All Americans were horrified by the assault on our Capitol. Political violence is an attack on everything we cherish as Americans. It can never be tolerated.

すべてのアメリカ人は、国会議事堂への襲撃に恐れを抱きました。政治的暴力は、我々がアメリカ人として大切にしているすべてへの攻撃です。決して許されるものではありません。

 

Now more than ever, we must unify around our shared values and rise above the partisan rancor, and forge our common destiny.

あんなことは二度とあってはいけません。今こそ、これまで以上に価値観を共有し、一致団結し、党派の対立を乗り越え、共通の運命を切り開く必要があります。

 

Four years ago, I came to Washington as the only true outsider ever to win the presidency. I had not spent my career as a politician, but as a builder looking at open skylines and imagining infinite possibilities. I ran for President because I knew there were towering new summits for America just waiting to be scaled. I knew the potential for our nation was boundless as long as we put America first.

4年前、私は大統領職を勝ち取った “ 唯一の真のアウトサイダー ” としてワシントンに来ました。それまで私は政治家としてのキャリアを過ごしたのではありません。しかし、不動産業を営みながら高層ビルを建築し、広いスカイラインを眺め、無限の可能性を想像していました。私が大統領選に立候補したのは、アメリカにとって新たな頂点をめざしてスケールアップされていく時期に来ていると知っていたからです。アメリカにことを第一に考えていけば、我が国の可能性は無限に広がっていることに気づいていました

 

So I left behind my former life and stepped into a very difficult arena, but an arena nevertheless, with all sorts of potential if properly done. America had given me so much, and I wanted to give something back.

だから私は前の人生を手放し、非常に困難な舞台に足を踏み入れたわけです。アメリカは私に多くのものを与えてくれました。そこで私は何かを恩返したいと思ったわけです。

 

Together with millions of hardworking patriots across this land, we built the greatest political movement in the history of our country. We also built the greatest economy in the history of the world. It was about “America First” because we all wanted to make America great again. We restored the principle that a nation exists to serve its citizens. Our agenda was not about right or left, it wasn’t about Republican or Democrat, but about the good of a nation, and that means the whole nation.

何百万人もの勤勉な愛国者と一緒にこの土地を駆け巡り、私たちはアメリカの歴史の中で最大の政治運動を巻き起こしました。そして、私たちは世界の歴史の中で最大の経済の立て直しを果たしました。これは私たちは皆、アメリカを再び偉大なものにしたい(Make America Great Again)という「アメリカを第一に考える主義」によるものです。私たちは、国家というもは市民に奉仕するために存在するという原則を復元させました。それは思考が右か左かではなく、共和党か民主党かでもなく、国家の利益、つまり国家全体としてどうあるべきかということを意味しています。

 

With the support and prayers of the American people, we achieved more than anyone thought possible. Nobody thought we could even come close.

アメリカの人々の支援と祈りにより、私たちは誰もが可能だと思っていた以上のことを達成しました。誰もが私たちがここまでできるとは思っていませんでした。

 

We passed the largest package of tax cuts and reforms in American history. We slashed more job-killing regulations than any administration had ever done before. We fixed our broken trade deals, withdrew from the horrible Trans-Pacific Partnership and the impossible Paris Climate Accord, renegotiated the one-sided South Korea deal, and we replaced NAFTA with the groundbreaking USMCA — that’s Mexico and Canada — a deal that’s worked out very, very well.

我々はアメリカの歴史において最大の減税と改革を成し遂げました。私たちは、いままでのどの政権よりも多くの雇用を奪う規制を削減しました。私たちは、壊れてしまっていた貿易取引を修正し、非常に恐ろしい環太平洋パートナーシップと不可能なパリ協定(気候変読抑制協定)から撤退し、一方的な韓国の取引について再交渉を行い、NAFTA(北米自由貿易協定)を画期的なUSMCA(米国・メキシコ・カナダ協定)に置き換えました。それはメキシコとカナダとの関係において非常に、非常にうまくいった取引です。

 

Also, and very importantly, we imposed historic and monumental tariffs on China; made a great new deal with China. But before the ink was even dry, we and the whole world got hit with the China virus. Our trade relationship was rapidly changing, billions and billions of dollars were pouring into the U.S., but the virus forced us to go in a different direction.

また、非常に重要なことですが、我々は中国に対して歴史的で記念碑的な関税を課しました。しかし、インクが乾く前に、私たちと全世界はチャイナ・ウイルスに襲われました。貿易関係は急速に変化し、数十億ドル、数十億ドルが米国に流入していましたが、ウイルスの影響によって私たちは異なった方向に進むことを余儀なくされました。

 

The whole world suffered, but America outperformed other countries economically because of our incredible economy and the economy that we built. Without the foundations and footings, it wouldn’t have worked out this way. We wouldn’t have some of the best numbers we’ve ever had.

世界中が苦しみましたが、アメリカは経済的には他国を凌駕していました。これは自分たちが築いた驚異的な経済力と経済のおかげです。基礎と土台がなければ、このようにはならなかったはずです。私たちは今までで最高の数字を出すことすらできなかったことでしょう。

 

We also unlocked our energy resources and became the world’s number-one producer of oil and natural gas by far. Powered by these policies, we built the greatest economy in the history of the world. We reignited America’s job creation and achieved record-low unemployment for African Americans, Hispanic Americans, Asian Americans, women — almost everyone.

我々はまた、私たちのエネルギー資源のロックを解除し、石油と天然ガスの世界第1位の生産者になりました。これらの政策によって力が付き、私たちは世界の歴史の中で最大の経済を構築しました。私たちはアメリカの雇用創出を復活させ、アフリカ系アメリカ人、ヒスパニック系アメリカ人、アジア系アメリカ人、女性など、ほとんどすべての人たちの失業率を記録的な低水準にまで押し下げたのです。

 

Incomes soared, wages boomed, the American Dream was restored, and millions were lifted from poverty in just a few short years. It was a miracle. The stock market set one record after another, with 148 stock market highs during this short period of time, and boosted the retirements and pensions of hardworking citizens all across our nation. 401(k)s are at a level they’ve never been at before. We’ve never seen numbers like we’ve seen, and that’s before the pandemic and after the pandemic.

所得は急上昇し、賃金はブームになり、アメリカンドリームが復活しました。 数百万人がわずか数年で貧困から解放されました。これは奇跡です。株式市場は次々と記録を更新し、この短期間に148の株式市場の最高値を記録し、全国の勤勉な市民の退職金と年金を押し上げました。401(k)sはこれまでにないレベルにあります。見たことのないような数字となりました。それは、パンデミックの前とパンデミックの後です。

 

We rebuilt the American manufacturing base, opened up thousands of new factories, and brought back the beautiful phrase: “Made in the USA.”

私たちはアメリカの製造基盤を再構築し、何千もの新しい工場を作り、それによって”Made in the USA “という美しい言葉の復活へと導いてくれました。

 

To make life better for working families, we doubled the child tax credit and signed the largest-ever expansion of funding for childcare and development. We joined with the private sector to secure commitments to train more than 16 million American workers for the jobs of tomorrow.

働く家庭のための生活をより良くするために、私たちは児童税額控除を倍増させ、保育および開発のための資金提供の史上最大の拡大に署名しました。私たちは、明日の仕事のために1,600万人以上のアメリカの労働者をスキルアップさせる訓練のために民間部門と協働しました。

 

When our nation was hit with the terrible pandemic, we produced not one, but two vaccines with record-breaking speed, and more will quickly follow. They said it couldn’t be done but we did it. They call it a “medical miracle,” and that’s what they’re calling it right now: a “medical miracle.”

私たちの国が恐ろしいパンデミックに見舞われたとき、私たちは1つではなく、2つのワクチンを記録的な速さで生産しました。そんなことはできるわけがないと言われましたが、私たちはそれを成し遂げたのです。皆はそれを “医療の奇跡 “と呼び、現在でも “医療の奇跡 “と呼ばれています。

 

Another administration would have taken 3, 4, 5, maybe even up to 10 years to develop a vaccine. We did in nine months.

We grieve for every life lost, and we pledge in their memory to wipe out this horrible pandemic once and for all.

もし違う政権でしたら、ワクチンの開発に3、4、5年、もしかしたら10年かかるかもしれません。しかし、私たちは9ヶ月でそれをやり遂げました。

私たちは、失われた全ての命を嘆き、彼らの記憶の中で、この恐ろしいパンデミックを一掃することを誓います。

 

When the virus took its brutal toll on the world’s economy, we launched the fastest economic recovery our country has ever seen. We passed nearly $4 trillion in economic relief, saved or supported over 50 million jobs, and slashed the unemployment rate in half. These are numbers that our country has never seen before.

ウィルスが世界経済に冷酷かつ残忍な打撃を与えたとき、私たちはこれまでに見たことのない最速の経済回復を開始しました。私たちは経済救済で生産量を4兆ドル近くまで押し上げ、5000万人以上の雇用を確保またはサポートし、失業率を半分に削減しました。これらは過去に例のない数字です。

 

We created choice and transparency in healthcare, stood up to big pharma in so many ways, but especially in our effort to get favored-nations clauses added, which will give us the lowest prescription drug prices anywhere in the world.

私たちは医療の選択と透明性を作成し、非常に多くの方法で(利権にまみれた)製薬会社に立ち向かいましたが、特に、有利な国家条項を取得することを実現しつつ、私たちに世界のどこに対してでも最低価格で処方薬を提供することになりました。

 

We passed VA Choice, VA Accountability, Right to Try, and landmark criminal justice reform.

私たちは、VA選択、VA説明責任、試す権利、および画期的な刑事司法改革を可決しました。※VAとは「United States Department of Veterans Affairs」の略で、アメリカ合衆国連邦政府の官庁。退役軍人に関する機関。

 

We confirmed three new justices of the United States Supreme Court. We appointed nearly 300 federal judges to interpret our Constitution as written.

私たちは、米国最高裁判所の3人の新しい裁判官を了承しました。私たちは、憲法に書かれているとおりに解釈して裁くために約300人の連邦裁判官を任命しました。

 

For years, the American people pleaded with Washington to finally secure the nation’s borders. I am pleased to say we answered that plea and achieved the most secure border in U.S. history. We have given our brave border agents and heroic ICE officers the tools they need to do their jobs better than they have ever done before, and to enforce our laws and keep America safe.

何年もの間、アメリカの人々は最終的に国家の国境を確保するためにワシントンに嘆願し続けていました。私はその嘆願に応え、「米国の歴史の中で最も安全な国境を達成した」とここで言葉にできることを嬉しく思います。私たちは、私たちの勇敢な国境捜査官と英雄的なICE(Immigration and Customs Enforcement:アイスとも呼ばれるアメリカ合衆国移民・関税執行局)の役員に、彼らの仕事を行うために必要なツールを与えています。これはこれまででもっとも優れたもので、それは私たちの法律を執行し、アメリカを安全に保つためにです。

 

We proudly leave the next administration with the strongest and most robust border security measures ever put into place. This includes historic agreements with Mexico, Guatemala, Honduras, and El Salvador, along with more than 450 miles of powerful new wall.

私たちはこれまでにない最強かつ最も強固な国境警備対策を誇りを持って次の政権に託します。これには、メキシコ・グアテマラ・ホンジュラス・エルサルバドルとの歴史的な協定と、450マイル以上の強力な新しい壁が含まれています。

 

We restored American strength at home and American leadership abroad. The world respects us again. Please don’t lose that respect.

我々は、国内でのアメリカの強さと、海外でのアメリカのリーダーシップを回復させました。世界はあらためて我々を尊敬しています。どうぞその尊敬を失わないでください。

 

We reclaimed our sovereignty by standing up for America at the United Nations and withdrawing from the one-sided global deals that never served our interests. And NATO countries are now paying hundreds of billions of dollars more than when I arrived just a few years ago. It was very unfair. We were paying the cost for the world. Now the world is helping us.

私たちは国連でアメリカのために立ち上がることで主権を取り戻しました。そして決して私たちの利益にならない一方的な国際取引からも撤退しました。NATO諸国は数年前に私が参入した時よりも数千億ドルも多くお金を出しています。それまでは非常に不公平でした。私たちは世界のためにコストを払っていたわけですが、現在では世界が我々を助けてくれています。

 

And perhaps most importantly of all, with nearly $3 trillion, we fully rebuilt the American military — all made in the USA. We launched the first new branch of the United States Armed Forces in 75 years: the Space Force. And last spring, I stood at Kennedy Space Center in Florida and watched as American astronauts returned to space on American rockets for the first time in many, many years.

そして、おそらく最も重要なことは、約3兆ドルを投じて、アメリカ軍を完全に再構築したことです。私たちは75年ぶりにアメリカ軍の新しい部隊、「宇宙軍」を発足させました。そして昨年の春、私はフロリダのケネディ宇宙センターに立ち、アメリカの宇宙飛行士が何年もの間に初めてアメリカのロケットで宇宙に帰還するのを見ました(2020年11月、スペースX社の米国商業有人宇宙船・クルードラゴンの打ち上げ成功)。
参考:「SpaceX Crew-1 Astronauts Continue Journey to Station(NASA Official)」https://blogs.nasa.gov/spacestation/2020/11/16/spacex-crew-1-astronauts-continue-journey-to-station/

 

We revitalized our alliances and rallied the nations of the world to stand up to China like never before.

私たちは同盟関係を活性化し、これまでにないほど中国に立ち向かうために世界の国々を結集させました。

 

We obliterated the ISIS caliphate and ended the wretched life of its founder and leader, al Baghdadi. We stood up to the oppressive Iranian regime and killed the world’s top terrorist, Iranian butcher Qasem Soleimani.

私たちはISISを抹殺し、その創始者で指導者であるバグダディの嘆かわしい人生に終止符を打ちました。抑圧的なイランの政権に立ち向かい、世界のトップテロリストであるイランの虐殺者カーセム・ソレイマニを殺害司令を出し、実行しました。
参考:「One year after US killed Iran general Qassem Soleimani, Iraq tensions boil(The Times of Israel)」https://www.timesofisrael.com/one-year-after-us-killed-iran-general-qasem-soleimani-iraq-tensions-boil/

 

We recognized Jerusalem as the capital of Israel and recognized Israeli sovereignty over the Golan Heights.

私たちはエルサレムをイスラエルの首都と認め、ゴラン高原のイスラエル主権を認めました。

参考:トランプ大統領「ゴラン高原、イスラエルに主権」 国連決議違反との声も(BBC NEWS JAPAN 2019年3月22日)https://www.bbc.com/japanese/47663449

 

As a result of our bold diplomacy and principled realism, we achieved a series of historic peace deals in the Middle East. Nobody believed it could happen. The Abraham Accords opened the doors to a future of peace and harmony, not violence and bloodshed. It is the dawn of a new Middle East, and we are bringing our soldiers home.

私たちの大胆な外交と信念と道義に基づいた現実主義の結果、私たちは中東で歴史的な一連の和平取引を達成しました。誰もそれが実現するとは信じていませんでした。アブラハム合意は、暴力や流血ではなく、平和と調和の未来への扉を開きました。これは新しい中東の夜明けであり、我々は兵士を帰還させています。

参考:【解説】イスラエルとUAEが国交正常化、なぜトランプ大統領は「歴史的成果」とアピールしたのか?(Business Insider Japan 2020年8月14日) https://www.businessinsider.jp/post-218417

 

I am especially proud to be the first President in decades who has started no new wars.

私は特に、新たな戦争を起こさなかった数十年ぶりの大統領であることを誇りに思っています。

参考:「トランプ氏は平和主義者」って本当?―4年間の「実績」から検証(志葉玲/ジャーナリスト 2021年1月13日) https://news.yahoo.co.jp/byline/shivarei/20210113-00217347/
https://archive.is/r9v5S(アーカイブ)

 

Above all, we have reasserted the sacred idea that, in America, the government answers to the people. Our guiding light, our North Star, our unwavering conviction has been that we are here to serve the noble everyday citizens of America. Our allegiance is not to the special interests, corporations, or global entities; it’s to our children, our citizens, and to our nation itself.

何よりも、アメリカでは、政府は国民に応えるものである、という神聖な考えを私たちは再確認しました。私たちの指針となる光、北極星のような、揺るぎない信念は、私たちがアメリカの高貴な日常の市民に奉仕するために存在しているということでした。私たちの忠誠心は、特別な利益や企業、グローバルな事業体に対してではなく、私たちの子どもたち、私たちの市民、そして私たちの国そのものへの忠誠心なのです。

 

As President, my top priority, my constant concern, has always been the best interests of American workers and American families. I did not seek the easiest course; by far, it was actually the most difficult. I did not seek the path that would get the least criticism. I took on the tough battles, the hardest fights, the most difficult choices because that’s what you elected me to do. Your needs were my first and last unyielding focus.

私にとって大統領として最優先事項であり、常に関心を持ち続けていたのは、アメリカの労働者とアメリカの家族の最善の利益でした。私は最も簡単な道を探し求めたのではありません。実際には大変困難な道でした。もちろん批判を覚悟に進むべき道を模索し続けました。とても厳しい闘いで、最も厳しい戦いで、最も困難な選択をしたのです。なぜならみなさんが私を選んだからです。みなさんが私を必要としてくれたことは、私の最初から最後まで決して心折れない不屈の中心となっていました。

 

This, I hope, will be our greatest legacy: Together, we put the American people back in charge of our country. We restored self-government. We restored the idea that in America no one is forgotten, because everyone matters and everyone has a voice. We fought for the principle that every citizen is entitled to equal dignity, equal treatment, and equal rights because we are all made equal by God. Everyone is entitled to be treated with respect, to have their voice heard, and to have their government listen. You are loyal to your country, and my administration was always loyal to you.

これが我々の最大の遺産になることを願っています。同時に忘れてはないないことは、我々はアメリカ国民自体の存在を国の責任者に戻しました。私たちは自治を取り戻したのです。私たちはアメリカでは誰一人忘れられていないという考えを回復しました。つまり誰もが重要で誰もが発言権を持っていることを確認し、取り戻したのです。私たちは、すべての市民が平等な尊厳、平等な治療、平等な権利を受ける権利があるという原則を守るために戦いました。なぜなら、私たちは皆、神によって平等に作られているからです。誰もが敬意を持って扱われ、自分の声を発言し、政府に聞かせる権利があります。みなさんは国にたいして誠実であり、私の政権は常にあなたに忠実でした。

 

We worked to build a country in which every citizen could find a great job and support their wonderful families. We fought for the communities where every American could be safe and schools where every child could learn. We promoted a culture where our laws would be upheld, our heroes honored, our history preserved, and law-abiding citizens are never taken for granted. Americans should take tremendous satisfaction in all that we have achieved together. It’s incredible.

私たちは、すべての市民が素晴らしい仕事を見つけることができ、愛すべき最高の家族を支援することができる国を構築するために働きました。私たちは、すべてのアメリカ人にとって安全であり、すべての子どもたちが学ぶことができる学校がある社会のために戦いました。私たちの法律が支持され、私たちの英雄が称えられ、私たちの歴史が保存され、法を守る市民がバカをみないような文化を押し進めました。アメリカ人は、私たちが一緒に達成したとんでもない満足感を感じるべきです。これは信じられないことなんですから。

 

Now, as I leave the White House, I have been reflecting on the dangers that threaten the priceless inheritance we all share. As the world’s most powerful nation, America faces constant threats and challenges from abroad. But the greatest danger we face is a loss of confidence in ourselves, a loss of confidence in our national greatness. A nation is only as strong as its spirit. We are only as dynamic as our pride. We are only as vibrant as the faith that beats in the hearts of our people.

いま、私はホワイトハウスを出るにあたり、私たちが共有している貴重な遺産を脅かす危険性について危惧しています。世界で最も強力な国家であるアメリカは、海外からの絶え間ない脅威と課題に直面しています。しかし、私たちが直面している最大の危険というのは、(海外からの圧力ではなく)自分自身に対する自信喪失、国家の偉大さへの自信喪失にほかなりません。国家は精神と同じほどに強くなるものです。私たちは誇りと同じくらいにしかダイナミックにはなれません。私たちは、心の中で鼓動する信仰と同じくらいにしか生き生きとできないのです(強い精神、偉大な誇り、大きな自信を忘れないでください)。

 

No nation can long thrive that loses faith in its own values, history, and heroes, for these are the very sources of our unity and our vitality.

自国に対する価値観、歴史、英雄などの信頼を失ってしまっては、どんな国家も長続きはしません。

 

What has always allowed America to prevail and triumph over the great challenges of the past has been an unyielding and unashamed conviction in the nobility of our country and its unique purpose in history. We must never lose this conviction. We must never forsake our belief in America.

アメリカが過去の偉大な挑戦を通じて、常に優勢かつ勝利であることができました。それは、わが国の気高さと歴史の中での独自の目的をめざし続けた不屈の信念に恥じないものでした。私たちはこの信念を決して失ってはなりませんし、アメリカに対する信念を決して捨ててはいけません。

 

The key to national greatness lies in sustaining and instilling our shared national identity. That means focusing on what we have in common: the heritage that we all share.

国家の偉大さへの鍵は、私たちが共有している国家のアイデンティティを持続し、染み込ませていくことにあります。それは、私たちが共通して持っているもの、つまり私たちが共有している遺産に焦点を当て続けていくことを意味します。

 

At the center of this heritage is also a robust belief in free expression, free speech, and open debate. Only if we forget who we are, and how we got here, could we ever allow political censorship and blacklisting to take place in America. It’s not even thinkable. Shutting down free and open debate violates our core values and most enduring traditions.

この遺産の中心にあるものは、表現の自由・言論の自由・開かれた議論にほかなりません。私たちが自分たちが誰であるか、どのようにしてここにたどり着いたのかを忘れてしまったら、アメリカで政治的な検閲やブラックリストに載ることを許すこととなってしまいます。それは考えられないことです。自由で開かれた議論を遮断することは、私たちの核心的価値観と最も永続的な伝統に反したことです。

 

In America, we don’t insist on absolute conformity or enforce rigid orthodoxies and punitive speech codes. We just don’t do that. America is not a timid nation of tame souls who need to be sheltered and protected from those with whom we disagree. That’s not who we are. It will never be who we are.

アメリカでは、絶対的な適合性を主張したり、厳格な正統性や罰則的なスピーチコードを強制したりはしません。私たちはそんなことをしてはいけません。アメリカは、私たちが意見の異なる人々から保護され、保護される必要があるような臆病者の国家ではありません。それは私たちが誰であるかではありません。我々が誰であるかということはそれは決してありません。

 

For nearly 250 years, in the face of every challenge, Americans have always summoned our unmatched courage, confidence, and fierce independence. These are the miraculous traits that once led millions of everyday citizens to set out across a wild continent and carve out a new life in the great West. It was the same profound love of our God-given freedom that willed our soldiers into battle and our astronauts into space.

(建国して)約250年もの間、あらゆる試練に直面しても、アメリカ人は常に比類のない勇気、自信、そして激しい独立心を呼び覚ましてきました。これらの精神は、かつて何百万人もの市民が野生の大陸を渡り、偉大な西部で新しい生活を切り開いた奇跡的な特性といえます。兵士たちを戦場に送り出し、宇宙飛行士を宇宙に送り出したことは、神から与えられた自由への深い愛情と同じものです。

参考アメリカ合衆国の建国は「1776年7月4日」です。ネイティブアメリカンと呼ばれる先住民が暮らしている地にイギリス人が移住して先住民から奪い、アフリカ人の奴隷を集め、1776年にイギリスから独立します。つまりアメリカの基本ベースは、ヨーロッパ系の白人とされています。

 

As I think back on the past four years, one image rises in my mind above all others. Whenever I traveled all along the motorcade route, there were thousands and thousands of people. They came out with their families so that they could stand as we passed, and proudly wave our great American flag. It never failed to deeply move me. I knew that they did not just come out to show their support of me; they came out to show me their support and love for our country.

この4年間を振り返ってみると、どんなことよりも一つのイメージが頭の中に浮かび上がってきます。それは車のパレードの沿道に並ぶ何千人も何千人もの人々の姿です。みな家族と一緒に出てきて、私たちが通り過ぎるときに立ち、誇らしげにアメリカの偉大な国旗を振ってくれました。それは私に深い感動を与えてくれました。彼らはただ私を支持していることを示すためだけに出てきたのではなく、私たちの国への支持と愛を示すために出てきたのです。

参考:「Donald Trump protests attract millions across US and world」  https://www.bbc.com/news/world-us-canada-38705586  ※トランプ就任時は多数の支持者とアンチが登場した。それだけトランプ大統領の誕生は、強烈なインパクトだった。

 

This is a republic of proud citizens who are united by our common conviction that America is the greatest nation in all of history. We are, and must always be, a land of hope, of light, and of glory to all the world. This is the precious inheritance that we must safeguard at every single turn.

これは、アメリカが歴史の上で最も偉大な国であるという共通の信念で結ばれた、誇り高き市民の共和国であることを示したものです。我々は希望の国であり、光の国であり、全世界を照らす国であり続けなければなりません。これは、私たちがあらゆる場面で決して手放してはならない貴重な遺産です。

 

For the past four years, I have worked to do just that. From a great hall of Muslim leaders in Riyadh to a great square of Polish people in Warsaw; from the floor of the Korean Assembly to the podium at the United Nations General Assembly; and from the Forbidden City in Beijing to the shadow of Mount Rushmore, I fought for you, I fought for your family, I fought for our country. Above all, I fought for America and all it stands for — and that is safe, strong, proud, and free.

この4年間、私はまさにその理念のために活動してきました。リヤドのイスラム教指導者の大ホールからワルシャワのポーランド人の大広場まで、韓国議会の床から国連総会の演壇まで、そして北京の紫禁城からラシュモア山の影まで、私はあなたのために、あなたがたの家族のために、そして私たちの国のために戦いました。何よりも、アメリカのために、そしてアメリカという国家を象徴する安全、強さ、誇り、自由など、すべてのもののために戦いました。

 

Now, as I prepare to hand power over to a new administration at noon on Wednesday, I want you to know that the movement we started is only just beginning. There’s never been anything like it. The belief that a nation must serve its citizens will not dwindle but instead only grow stronger by the day.

水曜日の正午に新政権に地位と権力を引き渡すことになっていますが、覚えておいてほしいことがあります。それは、私たちが始めた運動はまだ始まったばかりということです。この4年間にあったようなことは今までにはなかったことです。国家は国民に奉仕しなければならないという信念を持ち続けることによって、日を追うごとに強くなっていくものです。

 

As long as the American people hold in their hearts deep and devoted love of country, then there is nothing that this nation cannot achieve. Our communities will flourish. Our people will be prosperous. Our traditions will be cherished. Our faith will be strong. And our future will be brighter than ever before.

アメリカ人が心の中で献身的な国への愛を持ち続けているかぎり、この国が達成できないことは何もありません。私たちの地域社会は繁栄していくことでしょう。私たちの個人も豊かになっていくでしょう。私たちの築いてきた伝統は大切にされるでしょう。私たちの信仰はより強くなるでしょう。そして、私たちの未来は、これまで以上に明るくなるでしょう。

 

I go from this majestic place with a loyal and joyful heart, an optimistic spirit, and a supreme confidence that for our country and for our children, the best is yet to come.

いま、私は神に誓って喜びに満ちた心、悲観的でない精神、そしてアメリカ国家と未来(子どもたち)にもっと良くなる(the best)がやってくることに揺るぎない自信を持ちつつ、この威厳ある場所から去ります。

 

Thank you, and farewell. God bless you. God bless the United States of America.

ありがとう、さようなら。みなさまに神のご加護を。アメリカ合衆国に神の祝福を。

 

END

 

引用:「Remarks by President Trump In Farewell Address to the Nation」(Issued on: January 19, 2021)
https://www.whitehouse.gov/briefings-statements/remarks-president-trump-farewell-address-nation/

 

ざっくりした訳もありますが、なにかの役に立てば嬉しい限りです。

 

さて、このトランプ大統領による公式な形での最後のメッセージは、どのような評価をされているのでしょう。

 

その辺を簡単に確認&検証してみようと思います。

 

 



 

 

トランプ氏の退任演説はどう評価されている?

今回のトランプ氏の退任演説のざっくりした翻訳を終えて、このスピーチがどのような評価を受けているかが気になりました。

 

本来ならば丁寧に時間をかけて海外のサイトを検索したいところですが、いまだできていません。国内の記事で何かあるかと検索しましたが、意外と退任演説の評価について言及されている記事が見つかっていません。

 

そこで今回はサラリと国内の記事からトランプ氏の演説自体の評価をピックアップしてみました。

 

 

オバマとトランプの演説の違いとは? 「私が!」と「私たちが!」

気鋭のスピーチライターである蔭山 洋介(かげやま ようすけ)さんがオバマとトランプの演説の違いについて書かれている記事を見つけました。

 

ポイントを抽出しておきます。

 

記事では「私がすごい」と押し出すトランプ氏と「私たちがすごい」というオバマ氏のレトリックの違いが紹介されていました。

 

「オバマは「私がすごい」という言葉は使いません。オバマのレトリックは一貫していて、「私たちがすごい」と言います。政治は誰か一人のリーダーがやるものではなく、民主主義によって「私たち」で自治するものであると言います。凄いのは「私たち」であって、この8年で成し遂げた全ての実績は「私たち」によって達成されたと言います」

 

引用:「オバマ退任演説とトランプ会見の比較から見えてく米国の精神」(ニュースイッチ/2017年01月13日)
https://newswitch.jp/p/7541?page=2

 

今回のトランプ氏の退任演説では、「私たち」という言葉が目立っていたと感じています。

 

就任時にトランプ氏が「私がすごい」と押し出すこととなった理由は、経済界で生き抜いてきたリーダーとして先頭を切って強いアメリカを取り戻すという責任感が強かったのでしょう。

私としては、「私がすごい」という自己主張というよりも、「私は国家のために殉職するぞ!」くらいの覚悟の言葉のように感じます。

 

 

・ ・ ・

 

 

ちなみにオバマ氏の退任演説を調べてみると、なんと! 約1時間にも渡る長時間のスピーチだったようです。

 

これです。

 

 

就任時から一貫して「Yes, We Can.」を貫いたわかりやすいスタンスです。

 

「毎日、私はみなさんから学びました。私はみなさんのおかげで、よりよい大統領になれましたし、よりよい人間になりました」という感謝の気持ちを伝えることからはじまり、最後は「表に出よう。飛び込め。続けるんだ」「チェンジをもたらすのは、みなさんの力なんだ」とポジティブに聴衆を盛り上げます。

 

自己啓発セミナーっぽい展開のような気もしますが、さすがにスピーチの名手と呼ばれる構成です。

 

上品で包み込むような優しさを醸し出しているオバマ氏と比較すると、トランプ氏は粗削り、ぶっきらぼうな飯場の親父という印象になってしまいます(苦笑)。

 

 

・ ・ ・

 

少し話が脱線しますが・・・

 

退任演説では自分の成果を見事に聴衆に訴えて魅了したオバマ氏ですが、自分にとって都合の悪いことは一切口にしていない狡猾な姿勢を指摘する記事を見つけました。

 

その記事によると……

 

(オバマ氏は)「無人機による戦争」の道を本格化し、おびただしい死傷者を生み出した。反米意識を高揚させ、テロを誘発する悪循環に導いただけとも言える。

引用:さようなら、オバマ「あなたは史上最悪の爆弾魔でした」 (PRESIDENT 2016年2月13日号)
https://president.jp/articles/-/21210?page=1

 

言葉と行動と思考(言ってること、やってること、考えていること)というのは必ずしも一致するわけではありません。とくに政治家の場合は顕著です。つまり、政治家(指導者)の言葉は鵜呑みにしてはいけないのです。

 

政治家に限らず、人物観察には「言葉と行動と思考のチェック」は欠かせません。

 

記事では『言葉と行動と思考のトリレンマに陥りがち』というフレーズが出てきます。

 

支持を得るためには、不都合な真実は隠し、甘美な言葉を並べていくしかありません。厚顔無恥さもスピーチには必要なのかもしれません。

 

 

・ ・ ・

 

さて、話を戻します。

 

 

言うまでもなく、

スピーチは重要です。

 

ブランディングのためには、スピーチを疎かにしてはいけないと感じさせられました。

 

オバマ氏は「間」のとり方も見事です。

 

完全に聴衆とのエンタメになっています。相手のアクションを尊重し、盛り上げ、大事な部分で力強くアピールして歌舞伎で見得を切るように「間」をとっていくことで、聴衆の心を鷲掴みしていきます。

 

オバマ氏はかなりスピーチの研鑽を積んできているのでしょうね。聴衆を気持ちよくノセる術に長けています。

 

トランプ氏は自分の掌に相手を乗せようとしている気持ちが透けて見えるのが残念だったかもしれません。とはいえオバマ氏よりもはるかにピュアだと思いますが……。

 

さて、話が少し脱線しましたが、とにかくブランディング醸成のためにはスピーチは欠かせない存在ってことですね。

 

 



 

 

<おまけ>トランプ大統領の検証は必要だ

アマゾンで「トランプ大統領」と検索すると(←クリックすると、アマゾンのページに飛びます。以後のリンク同様)、さまざまなトランプ回顧本?が出てきます。

 

トランプの真実: トランプ・ファミリーとホワイトハウスの素顔はトランプに寄り添った形の「トランプ政権の真実の姿」を描いた内容として評価が高い一冊です。

「言葉と行動と思考のトリレンマ」を思い出してください。トランプ氏を言葉と印象だけで判断するのは危険かもしれません。

 

トランプは再選する! 日本とアメリカの未来はケント・ギルバート氏による分析本です。

「対中国の強固路線」は特筆に値する働きだったトランプ氏ですが、残念ながら本のタイトルのように再選は果たすことができませんでした。

結果として世界がどう変わるのか? 日本はどのような影響を受けるのかを思考するために必要な一冊です。

 

では!

 

 

↓[ Googleセレクト 関連コンテンツ ]↓



wordpressやるなら
エックスサーバーがオススメ!

このサイトはスタート時より「wordpress × エックスサーバー」によって運営しております。他のサーバーとも契約をして別サイトを構築しておりますが、エックスサーバーの使い勝手がイチバンです。セキュリティ、サポートに満足しております。しかも低コストです。利用者が多いので情報がネットに多いことも助かります。

詳細は下記ボタンより

 

-ブランディング
-, , , , , , , , , ,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

関連記事

【自分に克つ】スイッチ思考で「なまけ依存症」から脱出【ダメ人生さようなら】

【自分に克つ】スイッチ思考で「なまけ依存症」から脱出【ダメ人生さようなら】

つなワタリ@捨て身の「プロ無謀家」(@27watari)です。「やめたくても、やめられない」。これが依存症の特徴です。正の依存症ならいいのですが、負の依存症になると大変です。 最近、私が浮上できない原 …

no image

隻眼のラッパー Fetty Wap(フェティ・ワップ)の弟が射殺される

【目次】本記事の内容1 26歳のラッパー、フェティ・ワップの弟がニュージャージーで射殺される2 左眼を失ったラッパーに降りかかる試練と信念 26歳のラッパー、フェティ・ワップの弟がニュージャージーで射 …

no image

【岡村隆史さん結婚】矢部さん含め、ナイナイ二人が愛され続けるブランディングの基本にあるのは……

【目次】本記事の内容1 どうしてもラジオで伝えたいということがありまして2 岡村さん結婚で明らかになっていること……すでに入籍済3 相方である矢部浩之さんのコメント4 「オールスター披露宴」を東野幸治 …

【今後のフリーランスに必要なもの】「賢い経営者思考」が生き抜く必須ポイント

【今後のフリーランスに必要なもの】「賢い経営者思考」が生き抜く必須ポイント

つなワタリ@捨て身の「プロ無謀家」(@27watari)です。「青木 想(Sou Aoki)@愛すべき経営企画室」さんのツイートを見て、思わず反応してしまいました。   やべっ! 一人もいな …

【J.Y.Park パク・ジニョン】正しく自分を磨きブランディングする方法

【J.Y.Park パク・ジニョン】正しく自分を磨きブランディングする方法

つなワタリ@捨て身の「プロ無謀家」(@27watari)です。J.Y.Park(パク・ジニョン/朴 軫永)という方をご存知でしょうか。日本のソニーミュージックとTWICEを輩出した韓国の大手芸能事 …

関連コンテンツ

サイト内検索はこちらから↓

サイト内検索はこちら

アマゾンセール

80%オフも! 日替わり! 売り切れ次第終了! 掘り出し物ザクザク! 最新Amazonセール情報 ↓

同カテゴリーの人気記事

「同カテゴリーの人気記事」はこちら ↓

「ブルボン最高党」結党! ルマンド、アルフォート、エリーゼ……国民的お菓子メーカー、ブルボン最高!

つなワタリです。どうぞよろしくお願いいたします。 


LINE友だち追加

肩書きは「エディトリアル・アーティスト」&捨て身の高熱量「プロ無謀家」。集めて、編んで、外に発信することが生業。文章、映像、写真、イベント、コミュニケーションなどを活用しながら編み、考えていることを掘り下げて伝えていきたいと思っています。また、自分に負荷を与えるのが好きな性質を利用して、「プロ無謀家」として獣道を切り開きたいと思っています。

サイトタイトルの『インテリジェンス・ライフ』は「intelligence for good life」の略。生きた情報(インフォメーションではなくインテリジェンス)を大切にしたいという願望からつけました。

>>>プロフィール詳細

>>>お問い合わせ

>>>What’s New

>>>ウィッシュ☆ネットワーク|相談・共有・情報交換掲示板

70代のLINEスタンプおじいちゃん Appleの2021年CM「Macの向こうから - 日本でつくる」出演者一覧 auブックパス Google トレンド IT用語辞典 e-Words IT用語辞典バイナリ LINEスタンプを作る SEOチェキ WWEのシナリオ Yahoo!知恵袋 “ サツマイモのコリアンダーソースがけ ” “ シュリンプの焼き串 ” “ ズッキーニとチキンのケバブ ” 「つなワタリ×LINEスタンプ」宣言 「リラックまん(チョコレート味)」 「リラックマ」をモチーフにした和菓子 お酒が飲めない、飲まない日本の有名人 ぬるぽ アクセスSEO対策ツールズ エックスサーバー(XSERVER)を装った詐欺メール オススメ有料&無料wordpressテーマ コピー防止は、さほど防止できない サイト状態を確認する無料の便利サイト サブドメインとサブディレクトリ ネットショップ/セール情報 パワーランクチェックツール ビジネスホテル「ドーミーイン」 ポンポコラーメン マヌカハニー好きな有名人 ルッソ兄弟 七ヶ宿ダム湖カレー 大仏三姉妹 岩本三千代 愛知県西三河地方 有料wordpressテーマ 東京五輪の聖火リレーの辞退者続出 格安予約サイト『一休.com』 検索避け 楽天市場ダイヤモンドジュエリー「Ladia(ラディア)」 源流ポッチョン 無料漫画サービス 福田赳夫「天の声にも変な声がたまにはある」 超お得なティファニー風ダイヤモンドジュエリー 道の駅七ヶ宿 電脳マヴォ
2021年3月
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031  
スポンサーリンク