1000回プログラミング学習チャレンジ

【1000回プログラミング学習】「100DaysOfCodeチャレンジ」に倣ってチャレンジ開始!

投稿日:2018-06-25 更新日:

Pocket

【1000回プログラミング学習】「100DaysOfCodeチャレンジ」に倣ってチャレンジ開始!

つなワタリ@捨て身の「プロ無謀家」(@27watari)です。

先日、2020年からはじまるプログラミング教育のことを書きました。

【2020年から小学校でプログラミング教育必修化】親が備えておくこと

 

実際、私は全然プログラミングに関しては無知です。完全無欠の無知です。何も知りません。

そこでプログラミング学習を始めることにしました。題して「1000TimesOfProgrammingチャレンジ」。完全無知が1000回の独学で何を身につけるかウオッチングしてください。



世界中で「100DaysOfCodeチャレンジ」が広がっている

「100DaysOfCodeチャレンジ」という取り組みをご存じでしょうか。

100日間プログラミング学習を続ける取り組みで、「#100DaysOfCode」をつけて自分の学習状況をツイートするだけのものです。

 

オフィシャルサイトはこちらです。

【1000回プログラミング学習】「100DaysOfCodeチャレンジ」に倣ってチャレンジ開始!
「#100DaysOfCode Official Website | #100DaysOfCode」
http://www.100daysofcode.com/

 

英語だらけです。

 

基本ルールは以下の2点です。

 

<Two Main Rules #100DaysOfCode>
(1)Code minimum an hour every day for the next 100 days.
100日間、1時間程度の勉強をする。

(2)Tweet your progress every day with the #100DaysOfCode hashtag.
進捗状況を「#100DaysOfCode」を付けてツイートする。

 

なるほど。

要するに「#100DaysOfCode」を付けてツイートすることで、情報を共有したり、励まし合ったりするアクションなんだと思います。

そこで考えてみました。。。

 

 

 

 

「#100DaysOfCode」ならぬ、「1000TimesOfProgramming」をスタート!

私はまったくプログラミングのことがわかっていません。

知識はホントにゼロです。

コードを勉強する以前の話です。

 

そこで考えました。

 

そして決めました!

 

「1000TimesOfPrograming」をはじめます!

 

まずはプログラミングの知識がゼロなので、手探りでプログラミングのことを学ぶことにしました。

「1000Times」としたのは、短時間でもオッケーで、なにかひとつでも学べば「1回」とカウントした方がいいかな? という単純な理由です。

これから1000回、プログラミングの状況、歴史、内容などを、多方面に食指を伸ばして整理していきます。

 

 



 

 

 

「1000TimesOfProgramming」の必須ルールは3点

やるにあたって、ルールを考えました。

そして以下の3つにすることにしました。

 

<Three Main Rules 1000TimesOfProgramming>
(1)1000回、プログラミングに関する知識を吸収する

(2)進捗状況を「#1000TimesOfProgramming」を付けてツイートする。
  ※「#1000TOP」も可。

(3)1000回達成時の目標を設定する。
※ただ1000回やるだけでは意味ないですから。

 

いかがでしょうか?

 

 

 

 

つなワタリの「1000TimesOfProgramming」宣言

ここで私なりのアクションを決めました。

 

(1)1000回達成までの軌跡をブログで紹介していく。
※1000回はあくまで回数。時間設定はしない。

(2)ブログを書いたら「#1000TimesOfProgramming」を付けてツイートする。
※もしくは「#1000TOP」を付ける
※仲間を広く求める(「熱量の法則」に基づく)

(3)1000回達成時には、iphoneアプリ的なものを開発する
※すべての行動には、目標設定が必要。

(3)に関しては、iphoneアプリと書いていますが、アプリ的な一般の人たちにとって役に立つものをリリースするって感じです。

 

さて、できるかな?

 

実際、ロートルですし、ホントに知識ゼロですから、どう変化していくのか、私自身も楽しみです。

 

 



 

 

 

 

「1万時間の法則」は本当? じつは異論も多い。本筋は「1000Times」だ

ちなみに掲げた「1000Times」には、それなりに理由があります。

ちょっとだけ説明します。

何かを習得することと時間には深い関係性があります。

「1万時間の法則」というのは聞いたことがあると思います。

これはフロリダ州立大学の心理学者であるたアンダース・エリクソンが“提唱した法則”です。

【1000回プログラミング学習】「100DaysOfCodeチャレンジ」に倣ってチャレンジ開始!

アンダース・エリクソンは「超一流」研究の第一人者。世界中のアンダース・エリクソンはトッププレーヤーたちを30年以上に渡って科学的に研究し、導き出した10の鉄則を『超一流になるのは才能か努力か?』にまとめている

出典:「Dr. K. Anders Ericsson – FSU Psychology – Florida State University」 https://psy.fsu.edu/faculty/ericssonk/ericsson.dp.php

 

じつは「1万時間の法則」には大いなる誤解があります。

エリクソン自身すらも一般的に伝わっている「1万時間の法則」を否定しているんです。

 

・ ・ ・

 

「1万時間の法則」を世界的に広めたのは、マルコム・グラッドウェルという、雑誌『THE NEW YORKER(ニューヨーカー)』のスタッフライターです(当時)。

【1000回プログラミング学習】「100DaysOfCodeチャレンジ」に倣ってチャレンジ開始!

マルコム・グラッドウェルは1996年に『ニューヨーカー』のスタッフライターとなる。現在は『ワシントン・ポスト』ニューヨーク支局長を務める

By PEN American Center (Philip Kerr and Malcolm Gladwell) [CC BY 2.0], via Wikimedia Commons

 

 

【1000回プログラミング学習】「100DaysOfCodeチャレンジ」に倣ってチャレンジ開始!

『ニューヨーカー』は1925年に創刊。ルポルタージュ、批評、エッセイ、風刺漫画、詩、小説などを掲載。アメリカでもっともスマートでスタイリッシュなカリスマ雑誌。熱狂的ファンに支えられている

『ニューヨーカー』公式サイト
https://www.newyorker.com/

 

2008年に発売されたグラッドウェルの『Outliers(アウトライアーズ)』は発売3ヵ月で100万部を突破した超ベストセラーとなりました。※日本では『天才! 成功する人々の法則』というタイトルで発刊。

じつはエリクソンの研究結果から導かれた“提唱した法則”は「超ハイレベルな競争の中でトップになるためには1万時間かかる」というものでした。

それをグラッドウェルがエリクソンの“提唱した法則”を曲解した形で「何かを習得するのに1万時間かかる」として伝えてしまったわけです。

 

 



 

 

 

知識がゼロの場合、数多くの「点」を打つことが有効

「1000Times」に関してですが、これは私自身の体感に基づいています。単純にキリがイイというのもありますけど(苦笑)。

新しいことを始めるとき、脳は長時間の学習に適応できません。

 

脳を新しいことに馴らすためには、

細切れの刺激が必要です。

 

少なくとも私はそう考えています。

私は超劣等生の頃がありました。

学年でもビリ5本指に入るほどの劣等生でした。

そこで短期集中で勉強しました。

 

時間は計っていませんでしたが、時間をかけることは求めませんでした。とにかくコロコロと勉強する教科を変えながら勉強していきました。要するに脳との接点を増やすことで脳への親和性を強くすることを狙ったわけです。

また、知識がゼロの場合、とにかく「点」を増やすことがもっとも大切です。「点」が増えれば増えるほど「線」でつながり、「面」へと体系化していき、飛躍的に能力がアップしていきます。

 

結果、ほんの3カ月程度でトップクラスになっていました。

ちょっと計算してみましょう。

毎日、5教科を短時間勉強したら、3カ月で450回となります。

これを各教科1時間とするのもいいんですが、勉強とは本来そんなモノではありません。

 

「点」を数多く打つことを意識すると、下のような「学習曲線」を描きながら一気に成長できる可能性が高まります。

【1000回プログラミング学習】「100DaysOfCodeチャレンジ」に倣ってチャレンジ開始!

学習曲線は英語では「Learning curve」。さまざまな曲線があるが、知識がゼロを逆手にとると、急激なカーブを一気に描くことができる

By Alanf777 [CC BY-SA 3.0], from Wikimedia Commons

 

そんなわけで、15分でも、1時間でも、キリの良い部分を「1回」として学んでいけば、遅くても半年から1年で、ある程度のところまで行ける“可能性が高い”と思っています。

もちろん狭い学校での結果に基づいた話など、説得力はありません。

しかし、体感としての「1000Times」がどういう結果につながっていくかにも興味があります。

 

では、

「1000TimesOfProgramming」

スタートです!

 

 

 

↓私はこんなヤツです。
【アクセスアップ発信術/2018年版】ブログで共感者を集める9つの決め手
「よかったらツイッターのフォロー、応援よろしくお願いいたします☆」

 

スポンサーリンク



 

お仕事ご依頼、ブログのご感想などはメールでどうぞ。

 

つなワタリ
紙媒体(チラシ・パンフレット・チラシ・書籍・雑誌)の企画・編集・DTP・デザインから印刷物納品まで、関東圏内でのスチール撮影(プロフィール写真・イベント撮影・ライブ記録・レタッチ・定点映像記録撮影/1時間10,000円〜要相談)、WEBメディア掲載サポート(企画・編集・SEOライティング・取材・撮影)、オリジナル小説や企画作品の原稿執筆(プロットからの制作可能)、イベント運営(企画・サポート)などのお手伝いをいたします。下記からお気軽にお問い合わせください。

<特に下記の経験値が高い>
・スーパー特急チラシデザイン
・人物取材全般(オールジャンルが基本だが、より人間に迫るドキュメント系)
・地域活動文化(ボランティア、NPO関連)、草の根アートに精通(20年ほどの経験値)
・50〜2000人規模程度のイベントプロデュース

>> お問い合わせする

>> 会社サイトはこちら

 

-1000回プログラミング学習チャレンジ
-, , , , , , , ,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

関連記事

コンピュータは道具。プログラムはそれを動かす言葉 | 1000回プログラミング学習

コンピュータは道具。プログラムはそれを動かす言葉 | 1000回プログラミング学習

  つなワタリ@捨て身の「プロ無謀家」(@27watari)です。題して「1000TimesOfProgrammingチャレンジ」というプログラミング学習をやる(https://27wata …

「侍エンジニア塾」は個人に寄り添った「プログラミングスクール」

プログラミング学習「侍エンジニア塾」は、使い倒してこそ価値がある

つなワタリ@捨て身の「プロ無謀家」(@27watari)です。さまざまなプログラミングスクールはありますが、「侍エンジニア塾」はイノベーションを起こす担い手を育てることを目標にした学校です。 ウリは“ …

【2020年から小学校でプログラミング教育必修化】親が備えておくこと

【2020年から小学校でプログラミング教育必修化】親が備えておくこと

2020年から小学校でのプログラミング教育が必修化されます。 実際、現場では賛否両論あるようです。 正直、私も何人かの意見を聞きましたが、是非の判断などはつけられませんでした。 もちろん決定事項に関し …

関連コンテンツ

サイト内検索はこちら

つなワタリです。どうぞよろしくお願いいたします。 


LINE友だち追加

肩書きは「エディトリアル・アーティスト」&捨て身の高熱量「プロ無謀家」。集めて、編んで、外に発信することが生業。文章、映像、写真、イベント、コミュニケーションなどを活用しながら編み、考えていることを掘り下げて伝えていきたいと思っています。また、自分に負荷を与えるのが好きな性質を利用して、「プロ無謀家」として獣道を切り開きたいと思っています。

サイトタイトルの『インテリジェンス・ライフ』は「intelligence for good life」の略。生きた情報(インフォメーションではなくインテリジェンス)を大切にしたいという願望からつけました。

>>>プロフィール詳細

>>>お問い合わせ

>>>What’s New

>>>ウィッシュ☆ネットワーク|相談・共有・情報交換掲示板

2018年9月
« 8月    
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
スポンサーリンク