つなワタリ@プロ無謀家 | 炎ジョイ!高熱量で創造的に生きる

プロ無謀家&エディトリアルアーティスト「つなワタリ」によるブランディング&創造生活の提案→自分らしく輝き、可能性を追い求めながら生きよう!

謝罪文一覧

アート引越しセンターで強烈な集団イジメで4人が逮捕で謝罪 | 謝罪文 実例66.txt

投稿日:2022-11-10 更新日:

アート引越しセンターで強烈な集団イジメで4人が逮捕で謝罪 | 謝罪文 実例66.txt

つなワタリ@捨て身の「プロ無謀家」(@27watariです。

 

気になった謝罪文の実例を収集してアーカイブしている記事です。謝罪するようなことが起きないことに越したことはありませんが、もしご自身や仲間に何かが起きた時に参考にしていただければ。

 



 

主犯であるアルバイト52歳の指示で社員3人が協力してイジメ

2022年11月9日、同僚男性のパンツを脱がすなど、わいせつな行為をした上にケガをさせたとして、アート引越センターの52歳のアルバイト、27歳の社員、19歳の社員2人が逮捕されました。

 

被害者の男性は、森本容疑者から「気が乗らないから、脱げよ」と指示されると自ら服を脱ぎ、パンツ1枚の状態に。そこに女性の社員が訪れると、森本容疑者が「パンツ脱げよ」と指示した後、男4人で男性の肩を押さえて頭を殴打し、パンツを破って無理やり脱がせたといいます。被害者の男性は、腹部に全治3週間のケガをし、この事件などがきっかけで5月半ばから「適応障害」と診断され、1か月休職。その後、退職したといいます。

 

引用:「気が乗らないから脱げよ」男4人で同僚“いじめ”か…アート引越センター 女性社員の前で“撮影”(日テレNEWS/2022年11月10日 1:23)
https://news.ntv.co.jp/category/society/0a27904b29ce4185ae73461cbffa7345
魚拓URL:https://archive.ph/jiQTd

 

アート引越センターは「野外排便トラブル」では公式謝罪文を出しませんでしたが、さすがに今回はそういうわけにもいきません。この事件を受け、近いタイミングで公式サイトで謝罪を発表するでしょう(アップされたら追記します)。

 

 

 

アート引越センターで発生した集団いじめに対する声

Yahoo!ニュースにあがっている声をピックアップしました。

 

<アート引越センターで発生した集団いじめに対する声>

・どうしてこれをイジメと表現するの?言葉のだけでなく目に見える怪我をさせたり、立派な犯罪と表記して欲しい。日頃から学校内でのすさまじいことすらイジメというから、加害者も大変なことをした自覚ないままだと思う
・明らかに傷害罪ですよね。ネットでの誹謗中傷にも傷害罪が適用されるのだから、言葉だけでも傷害罪とするのが筋でしょう
・こういう経験はいつまでも心の傷として残る。人生に悪影響を与える。すいませんでしたで済むのは加害者だけ
・全く許せませんね。アート引越センターはことの重大性を自覚しなければならない。こんなことが日常茶飯事に行われている、そんな会社だと見られるし、この業界自体の問題にもなる
・傷害で進めるのが第一優先で、いじめの側面も決着したらいいとおもう。陰湿な嫌がらせは怪我より辛いこともあるだろうから
・いじめなんて表現は止めてほしい犯罪です。いい大人が頭の中は子供以下なんでしょうね。被害者の心の傷は大きい
・一部始終をスマートフォンで撮影されたのはとても辛かったでしょうが、一方で暴行の動かぬ証拠にもなりましたね
・四人居て一人も止めようとしないとは。こう言う奴らには引っ越しを頼む気がしなくなる。アート引っ越しセンターも仕事量が減るだろうな
・皆様にご不快な思いをさせて申し訳ございません、調査の上、厳正に処分致します。位の事をいえよ!って思う
・暴行、傷害、強制わいせつかと。イジメって言葉は、窃盗を万引きとか、小さな子への性犯罪をイタズラと言うみたいに、罪を軽く表現しているように思う
・いじめではなくただの傷害罪。しかも4人いるとなれば集団暴行にもなるね
・成人した大人なんだから、言い逃れの出来ない暴行傷害事件ですね
・同罪のその場にいた男性も19歳だったら、成人男性と扱うべきなのでは? 19で名前をあえて伏せるって庇う余地なし
・いじめって言葉を禁止したらいいのに。傷害、暴行、わいせつ、侮辱、監禁、教唆、脅迫、他にも当てはまる犯罪があると思う
・いい年して呆れる。ヤンキー、体育会系の多い職場は普通の人は避けたほうがいいですね
・52歳のおじさんはずっとこうやって生きてきたんだろうな。狭い世界でボスになって王様気取り
・アート引越しセンターの上層部の人がシッカリと被害者への補償・賠償をし、逮捕された容疑者の社員・アルバイトのヤツらに対しても会社のイメージを著しく陥れた損害賠償請求をしっかりとやって、今後は同じ様なことが二度と起こらないように社として徹底的に対処をして、そこからはじめて客の信用が戻ってくる
・アート引越センターが今回の刑事事件に対してどのように対処するかによって、アート引越センターがどんな会社か判断しても良いかと思います
・この前、アートで引っ越し終えたばかり。感じのよい3人の男性。ひとりはアルバイトって感じではあったけど。連携が取れた動きには惚れ惚れしたし、腰や体を痛めない動きを教育されているんだなと感じた。どこの会社にも、団体にもダメな人はいるし、それで全てダメだと評価してしまうのは一生懸命働いている方達に、私は失礼だと思う
・引越し業界ってダークな印象強いよな。相見積もり取らない客や繁忙期には高い価格吹っかけてボッタクリしている印象。知らぬ客がバカみる構造になっている
・強制わいせつ致傷罪の罰則は、無期又は3年以上の懲役と決して軽くなく、実刑判決もあり得る。社会に与えた影響は大きいでしょうね。会社側の犯罪体質も厳しく非難されるべきでしょう
・昔はアートが窃盗して、最近はサカイでも窃盗があった。元々人手不足だった上にちゃんとした人は宅配のドライバーに行っちゃったりするから引っ越しは大手でも社員教育以前のレベル
・ある大手引っ越し業者で短期バイトの経験があります。業務は引っ越しシーズンなど、連日勤務や、一日に夜遅くまでに、2〜3軒の作業をこなす事もありかなりハードな業務でした。当たり前ですが、指示命令系統の権限は古参の社員の方に有り、ピークでイライラが溜まると、要領の悪い新入社員の方は、いじめに近い形で、古参の社員の方にロックオンされていました
・引越し屋は何故か気性が荒いですね。仕事は確かに楽ではありませんが、楽ではないから人が集まらないのが大きな要因だと考えます。古参が威張る、新株が罵倒されるは公式のようなものです
・10年ほど前引っ越しした時に頼んだ引っ越し業者の若いバイトの子が慣れてないからか少しモタモタしていて上司にボロカスに罵倒されてました。あまりにも酷いから「気にしてないから大目に見てあげて下さいよ」と言ったら少しマシになりましたが客の前であんなに罵倒する必要あるかな? 見てて物凄く気分悪かったです。
・コロナで何かと接触機会も多い引っ越し業者はストレス増大だろう。でも八つ当たり的な解消はダメでしょ。表面化して報道されて良かった。被害者は泣き寝入りするな
・30年ぐらい前に私もバイトで大手の運送会社で働きましたけど、社員の人から酷い扱い受けました。昔から全然変わらないんだなぁ
・セクハラ、パワハラがあると報告すれば、すぐに処罰が下って被害者と加害者が顔を合わせることがないぐらいの会社が多くなったなと思います。加害者の異動が当たり前のところが増えました。日常的にセクハラ、パワハラがあったなら、すぐに報告を安心して仕事出来る環境がないということなのでしょうね。少なくとも当たり前の社員教育がされてないように思います。加害者たちの問題はもちろんですが、会社としての問題が大きいです
・被害者は適応障害ということで、精神科に通うことになったと思うので、その治療費も、相手側に出させないとね。このアルバイト爺は逃げるから、会社側に支払いを命じるよう、訴訟を起こすべき
・他の人にも酷いことしてるんじゃないの? 余罪がたくさんありそう
・完全に犯罪。しかも性犯罪に長期にわたる傷害事件。もはや凶悪犯。会社もよくこんな事件放置してたねえ
・これは酷い、いじめという言葉では済まないレベルの犯罪だよ。いじめの怖いところは主犯格の個人だけではなく周囲の人全体がいじめに加担する空気になってしまうことだよね。何十人もいるクラスや職場でも誰も助けてくれない。たとえ加担はしなくても傍観者になってしまう
・これはイジメではない。完全に犯罪。社員に教育されている会社なら、こんな上司が1人くらいいても事件まで発展しないよね。問題は周りが加担するような空気になっていることですよね。事件になっているのは氷山の一角。こうなる前に誰も「やりすぎだ」と、本部なり声を上げなかったのは、、、社員の中に良心ある人いなかったの?
・いじめに関わったアートの営業所の車輛全車を対策がとられて運輸局が認めるまで使用禁止にするか、アート全車両の30%以上をいじめの処分や対策が取られて運輸局が認めるまで使用禁止にするかやるべき。対策取られて運輸局が認めない限り引っ越し業務は禁止にするべき
・イジメ…。相手に精神的 身体的な苦痛を与える犯罪行為あるいはハラスメント行為。
イジメという言葉は死語にしてはどうか。一般社会なら当然 犯罪行為。教育機関でも犯罪だと認識させる為には、イジメという抽象的で具体的ではない表現にするから罪悪感が薄れるのでは?
・アートの社員や古株バイトリーダーからのパワハラは確かにあったな、良き社員もいるんだが。正直、日払いだからとかの理由でバイトしないほうがいいぞ、生活苦でなければ肉体労働の引越しバイトより他の仕事選択したほうが無難。あと顧客の方々に忠告しておこう、引越し屋さんにありがとうとジュース代とか現金で現場作業員にあげちゃダメ!ほぼ100%リーダーの懐に入るか仲良しだけで分け合うのでホントにコキ扱われたバイトにはジュースなんて買って与えられませんから、可哀想なことに。顧客の方々は引越し代金だけ支払うだけで充分!
・これ普通に思った。引っ越しってしたことないけど、もしすることがあってお礼を渡すなら一人一人に渡さないと、リーダーが全部懐に入れる可能性があるって
・被害に遭われた方、退職されてしまったようですが、その後のサポートはどうなるのでしょうか? 適応障害にもなられているということで、相当精神的な苦痛も味わっていると思います。加害者が裁かれ、お金で解決するのももちろんですか、被害者の方が日常に戻れるまで一生償って欲しいくらいです。本当に酷い事件。
・アート引越センターのまともな人には悪いけど、今後同じようなことを発生させないためにも、厳しく非難するべき
・地方公務員ですが、20年ほど前は、同僚の結婚式となると、新採用職員の男が必ずパンツ1枚にさせられ、円テーブルの上に乗って、口に花を加えたりして、その写真や動画を撮られるのが恒例行事でした。もちろん、その写真は、結婚式当事者に送られております。当該市役所だけかと思ったら、地方大手銀行員の友人の結婚式に行くと、全く同じようにパンツ1枚に若い男がさせられて、テーブルの上で花を加えており、その様子を動画や写真に撮られてました。昔はどこでもこんなことが行われてましたね。暴力は無かったですが、強制的にという意味では暴力のようなものですね
・この一連の屈辱的な行為が行われたことは誰がどう見ても、誰がどう考えてもいじめなんて表現できる人はいないと私は思います。手を払ったり迫ってくる相手の肩を押した程度でいじめではなく犯罪的な罪になるのに、異性の前で半強制的に衣服を脱がされている事実は誰がどう考えてもそれは屈辱でしょう
・イジメというより、リンチ事件。実際にみんなで暴力をしている。こんな恐ろしい事が、日常茶飯事で行われていると思う。被害者は、他にも居るのではないか?アート引越センターの信用問題にも関わるから厳正な処分をしないといけない
・やっぱりアートは昔も今も変わって無いですね。20年位前当時派遣会社から引っ越しの作業に数人で行きましたがかなり酷い扱いを受けた記憶が有ります、確か昼休憩の後夕方の5時位迄休憩無しで作業を行い我々に残業の確認もせず結局終了したのが夜の7時過ぎでした、びっくりしたのが自分達だけトラックの中で煙草を吸い休憩していたのを荷物を車に運ぶ際何度も目撃しました。我々同僚の中でアートの噂は扱いの悪さで有名でした
・バイトした事ありますが、二度と行かないと決めました。仕事も教えてくれないし、口も聞いてくれない。罵倒は当たり前でしたし、イジメまではいかなかったけど、いじられる人は決まってましたね。やっぱりなぁーって、案外表沙汰になって良かったかも。これで少しは良くなるといいですね
・普段から素行が悪い連中だったんでしょうけど、難しいんですよね。今回のように決定的なことしてくれないと解雇も難しい。業務抱えていると穴埋めの問題や人を使いこなせないと上からの評価も下がるのでなかなか思い切ったことが出来なかったりします。口頭で対した効果もない注意するくらいです
・引越しでバイトしたことあるけど、超体育会系というか、血気盛んな雰囲気あった。波長が合う人で徒党組んだりして。そこに非力だったり、気弱だったり、馴染めない奴入ってくると、すぐにやられて辞めていってた。自分は地方中小だったけど、大手の数社もいい噂聞かなかったし、どこも一緒だと思う
・とりあえず、アート引っ越しセンターはUSJのパートナーをおりてくれ。頼む。USJに合ってないよ。パレード見るけどあのアート引っ越しのロゴの入ったのが来ると冷める。協賛しないで欲しい。自ら下りて。USJにお金出すならそのお金で社員教育をちゃんとしろよ
・アート引越センターで短期間働いたことがある。とにかく人使い荒くコキ使われた。休憩も取らせてもらえずただ黙って指示にしたがえ方式。「お客様満足度」という評価さえ高ければ良いということで(業務終了後に客にアンケート書いてもらう)、とにかくリーダー格のヤツは客には良い顔するがバイトや派遣への態度はめちゃくちゃだった

 

 

なによりコメント数が多いことに驚かされます。いじめという言葉が刺激的なのでしょうか。いつものように「いじめではなく犯罪」といった声が多かったですね。当然です。それにしてもこういった事件は増えているような気がするのは私だけでしょうか? どこかで統計などはとっていないのでしょうか。

 

そろそろ「いじめ」という言葉の取り扱いはマスコミも考え直した方がいい時期にきているのではないでしょうか。

 

主犯は52歳アルバイトということですが、古参アルバイトで偉そうにしていたという図式でしょうか。異常な指示に黙って従うしかなかった若い社員にも違和感を覚えます。

 

昔からある話ともいえますが、それでスルーするような時代であっていいはずがありません。それでは成熟した国家とはいえません。昔から変わらない状況の日本というものに不安を感じてしまいます。

 

 

 

「いじめる」という言葉は、江戸時代に登場

ところで「いじめ」という言葉はいつ生まれたのでしょうか? 調べてみると江戸時代の後期に現れたとされます。式亭三馬の滑稽本『浮世風呂』(←クリックすると、アマゾンのページに飛びます)には「いじめる(苛める)」という言葉が登場しています。

 

「いじめる」以前には、「いじる」が使われていたようです。「いじる」も現在でも使われていますが、「いじめ」とは対照的な印象を与えてくれる言葉です。とはいえ「愛のあるいじり」を「悪意あるいじめ」と受け止める人もいるので、人間関係によって意味合いは変わってきます。

 

 

 

「いじめ」は社会の状況で変化する! 今後はいじめが加速する?

戦中戦後の貧しい時代の日本では、暴力が幅を利かした弱肉強食タイプのいじめが多かったといわれています。それが時代が豊かになるとともに精神的いじめ(仲間はずれ・無視・悪口など)へと変化していったとされます。そしてここ最近、10年ほど前からは再び弱肉強食型の攻撃型へと回帰しているようです。

 

つまり日本は貧しい国になってきているということです。

 

貧しい国は、幼稚な男性による安易な暴力が広がっていく傾向が強くなります。とくに格差社会が進むと、自己防衛としての無関心も増えていきます。

これから日本社会はさらに破綻へと転落していくと予想されますので、体育会系&肉体系職場などでは「いじめ&無関心」が加速するでしょう。

 

さらにネットなどの発達で人間関係での経験値が少ない人が増えているので、もしかすると自殺者や社会からのドロップアウトが増えていくかもしれません。

 

 

 

Yahoo!ニュースにコメントが多いのは危機感の裏返し?

先程も「コメント数が多いことに驚かされます」と書きましたが、これは危険信号かもしれません。もしかすると自分たちの生活が脅かされてしまう防衛本能がコメント数に現れているのではないでしょうか?

 

時間がないのでやりませんが、Yahoo!ニュースのコメント数によって社会精神を分析できるかもしれませんね。

 

 

 

アート引越センターは沈黙を貫くのみ。反面教師となる無策ぶり

先日の排便トラブルは仕方ない部分もありますが、今回は逮捕。さすがにマトモな企業として謝罪文を公式サイトにアップすると思っておりましたが、現時点(2022/11/12午後)では、沈黙を貫いています。

 

マスコミの個別取材には「事実関係を確認したうえで厳正に対処します。このようなことが二度と起こらないよう社員教育を行い、再発防止に努めます」とコメントしているようですが、対応が非常に杜撰ですね。

 

ちなみに企業理念を調べてみると、アート引越センターのビジネスの原点は「あったらいいな」をつくっていくことだそうです。

 

こちらが社長からのメッセージです(クリックすると画像は拡大されます)。

 

アート引越しセンターで強烈な集団イジメで4人が逮捕で謝罪 | 社長からの企業理念の逆をいく現場

引用:寺田政登社長メッセージ(アート引越センタ公式サイト)
https://www.the0123.com/company/message.html
魚拓URL:https://archive.ph/1vPuG

 

残念ながら「あったらいいな」ではなく、「あったらイヤだな」を気持ち提供していく業界の逆リーディングカンパニーといったところでしょう。

 

 

 

広報はいじめを把握してなかった? 見え透いた嘘をつく姑息さ

逮捕者まで出てしまった社員同士のいじめ(犯罪)問題ですが、「週刊女性」の取材に対してアート引越センター広報は、しらを切っているとしか思えない回答をしています。

 

「当社の社員である岩倉については、勤務態度は真面目だったと聞いておりますが、アルバイトの森本に関しては聞いておりません。また、被害者の男性が退職した理由は“いじめ”が原因だとは把握しておりませんでした」

 

引用:『アート引越センター』女性社員の前でパンツを脱がせて…壮絶ないじめを生んだ従業員の異常生活と指示した阪神ファン男(週刊女性PRIME/2022/11/13)
https://www.jprime.jp/articles/-/25808?page=2
魚拓URL:https://archive.ph/07CT7

 

そもそも今回はアート引越センターで働いている者同士のの問題ですので、会社に何らかの事情聴取がないままの逮捕は考えられないでしょう。

 

それにしても主犯は阪神ファンということで、ユニホーム姿の写真が何枚も公開されています。これでは阪神ファンだから問題があると言わんばかりです。よくある「オタクだから」という報道に近い悪意を感じてしまいます。

 

それにしてもアート引越センターの対応はマトモな企業のスタンスではありませんね。反面教師としても得るとことが少なくありません。引き続き今後もウォッチングしていきます。

 

こうなると最終的に謝罪なりを発表するのかどうかが気になってきます。

 

どうやら……だんまりの可能性が高そうですが。。。

 

 

 

常習的いじめや金銭トラブルも発覚! アート引越センターは知らぬ存ぜぬ

文春オンラインの後追い記事がエグいことになっています。逮捕された容疑者の常習的ないじめの過去、さらに生々しい金銭トラブルまで明らかにしています。ブログに載せるのもおぞましい内容でした。

2年ほど勤めたアート社を退職した岩倉容疑者は別の仕事に1年従事したという。だがこの仕事も続かず、再びアート社に就職している。直後の配属先は不明だが、今回の事件時点では葛飾支店で働いていた。なぜアート社はかつて問題を起こしたことがある元社員を再就職させたのか。

「(暴力行為や金銭トラブルについて)当社は、ご指摘の事実を把握しておりません。当社が当該社員から自主退職の申出を受けたのは、日常的な暴力行為を原因とするものではなく、異なる理由を原因とするものです。(再就職については)当社においては、一度当社を退職した従業員を積極的に再雇用する制度があるところ、当該社員については、上記の退職申出の理由や従前の勤務状況その他の事情を勘案して、再雇用に至ったものです」

 

引用:《アート引越センターいじめ》「女性社員の前で全裸を撮られるより屈辱的…」逮捕の従業員(27)の元同僚が明かす“別の先輩いじめ”と“300万円金銭トラブル”(文春オンライン/2022/11/13)
https://bunshun.jp/articles/-/58637?page=3
魚拓URL:https://archive.ph/yF2KN

 

この対応ではアート引越センターが公式に謝罪することはなさそうですね。すごい会社です。

 

 

 

アート引越センターいじめ記事第二弾に対する声

Yahoo!ニュースにあがっている声をピックアップしました。

 

<アート引越センターいじめ記事第二弾に対する声>

・このような発表を公式にする企業の倫理感が高いわけがないでしょう、企業体質が従業員の質を物語っていると言っても過言ではないでしょう。実際に犯罪者として逮捕されている従業者がいる以上、詳細な調査を実施した上で回答すると嘘でも発表できないものですかね
・もっと教育されるべきです。 引越し屋に限らず、物流企業の運送屋にもそのような人は多いと思います
・ここまで大事になってから会社のこの見苦しい言い訳、社会人として良識も無い。あんな社員やバイトが好き勝手にやれる企業体質、アート社全部とは言わないがこれは大きな痛手だね
・社員採用の基準は、体力と運転免許があれば良いそうですね。法令遵守や思いやり、誠実性なんかは不問です。人に借金させて退職したのに舞い戻るなんて、余程アートは働きやすいのでしょうね。というか、再雇用する時点で人事管理が出来ていない
・サンドウィッチマンは、CM料を倍額請求して放映禁止を求めるべき! 企業側も起用タレントが、イメージを損なう事をした場合にペナルティを科すのだから、その逆もあって然るべき
・いじめ自殺を教育委員会と一緒になって隠蔽する、学校と同じレベルで対応としては最悪。顧問弁護士に相談の上で、当たり障りないコメントを発表したのだと思う
・把握してなかった、と公表するのは、当社は管理能力がありません、と白状してるようなもの。世間に知ってて放置した、と思われるよりはマシということなんだろう
・今後このような事が無いよう社内アンケートをもとに徹底的に社員およひアルバイトの教育を行なっていきたいと思います。また、いじめが発覚した際には犯罪として警察に通報します。くらい言えば良いのに
・いじめではなく暴行事件です! 週刊誌さんも、面白おかしくじゃなくきちんと伝えるべき
・経営陣がいかに無能かを証明したと言えますね。責任取るべきは社長だろう
・記事内のアート側のコメントを見ても、恐らくこのような問題は氷山の一角に過ぎず、企業としてこうした体質があったことを見て見ぬ振りをしていたか、肯定していたのは否めないでしょうね
・逮捕に至るまでこういう社員が就労させていたアートの人勤管理がなっていない。仕事をすれば良い訳ではない
・人がいないからこのような低次元の人間でも採用しているのでしょう
・企業体質が問われる問題だ。引越し業者だけでなく、人材不足の分野は柄が悪い、素行が悪い人間でも雇う傾向がある。企業として、もう一度良く考えるべきだと思う。働くすべての従業員が気持ちよく働けるよう、素行の悪い従業員には指導または退職勧告するべきだ
・今回の事件内容を知れば普通の感性であればアート社に引越し業務依頼したくないと思わせる内容でした。人員不足という問題から容疑者を再雇用せざるを得なかった事情もあったのかもしれませんが、問題をさほど大したこととは認識していなかったからこその再雇用、そして今回の事件で逮捕という結末に至ったのではないでしょうか。アート社は本気で職員のモラル教育徹底、職場環境改善を果たさないと慢性的人員不足で収益減少、店舗縮小も考えなくてはいけない事態に直面していると危機感をもって真摯に対策してほしいです
・どんな職場にも、いじめがあるのかもしれないけれど、子供並みのイジメが横行しているのは、その会社の管理不足と言えると思います。理不尽ないじめは被害者の将来に多大なる影響を与え、到底許されるものではありません
・社会への適応能力こそあっても、対人における露骨な忖度、偏見、差別観念が旺盛で、自分より弱い誰かを貶めることを精神安定に利用する人間は世の中に特定数いる。彼らもまた、心に疾患があると言ってもよい
・アートのコメントが酷い。社員間のいじめが起きたのは会社の問題よりも個人の問題だと思う。しかし、会社は、当社が当該社員から自主退職の申出を受けたのは、日常的な暴力行為を原因とするものではなく、異なる理由を原因とするものです。と全くの無関係の位置にいると言っている。問題社員を採用した会社がこのような無責任なコメントを言って良いのか。アートに依頼して何かあった時には無責任なことになると思ってしまう
・アートの隠蔽体質が酷すぎる。一事が万事、顧客にもこうした態度で、不誠実な仕事をしていると、容易に想像できる
・以前、名古屋で引っ越しの際に何社か見積もりに来ていただきました。最後に来られたのがアートで部屋や荷物を見たり聞いたりするよりも先にファイルを広げられ1時間ほど他社の悪口を言って見積もり金額は一番安くしますよ。っていう感じでした
・いじめの範疇を超えて犯罪です
・アートに依頼して何かのトラブルが発生した時には、誠意ある対応は望めないでしょうね。そういう会社でしょう
・退職届に理由を書いて退職してもシカトする会社ですもんね。会社は何を言われても知らません、把握してしてませんですよね。会社がしっかり話しを聞こうとしませんよね
・業種柄に体力が求められますが、社員教育を徹底しないと本件含む社会全体の同業に対するマイナスイメージは払拭できませんね
・近所で引越し作業していた同社の方達がいて、後輩らしき人が水だけでも一口飲ませてくださいって懇願していて、もう一人が先輩が甘ったれたら事言ってるんじゃねーって怒ってるのを目撃したことある。同社でアルバイト経験ありますが…その時の先輩もやたら煽るような発言をしてきた記憶がある。暴力沙汰があっても何ら不思議ではない会社だと思う
・業界リーダー格のアートが、人材管理面においてもこの体たらくとは思ってもいなかった。常識的な人材を選別募集していたのでは作業員が集まらないブラック体質が公にされ、企業イメージが大きく傷ついたのは間違いない
・こういうものを「いじめ」と呼んでいるのは大きな間違いである。これは、重大な犯罪として厳しい処罰を行うべき内容である
・事実として事件が発生している以上、把握していないと開き直るのではなく、一日でも早く全容を明らかにして、改善する意思を示すべきではないのかと思います
・逮捕されても在籍し続けられるのがな信じられん。どんな会社でも即解雇される案件だと思うのだが…。某引越会社は内部通報使って手を上げた社員を一発解雇出来る制度を取っているけどね。そうでもしないと、この業界の社員はガラが悪い人が多いから社風が変わらないんだよな
・あの業種はそうだろうな、というのが正直な意見です。ちょっと変わった人が多いというか、体育会系というのとはまた違うキレ具合いというか、思考的にマッチョな人種が多かったです。なので、本気で業界全体でイジメや暴力撲滅を目指したとしても、なかなか浸透できない難しい業界なんだろうなと思います
・内部通報の仕組みがないのか。周りが麻痺しているのか。きちんとした会社はいじめが有れば、内部通報をしたり、様々な方法があり、そういう教育をしている。記事を見ると、容疑者も周囲も幼稚な中学生レベル。会社も、イジメを放置した学校レベル
・根本的な人間性に問題がある、こういうタイプの人間って一定数いると思われる。学生時代からイジメをする人たちは多分、大人になってもこうなのだろう。成長しないし、反省も後悔もしない
・社員が100人いたら1人2人どうにもならんやつがいる。それは組織としてありえる事、しかし問題を起こさないように指導、教養する。そして問題が発生したら再発防止に努める事、この会社、事件を調べる姿勢も見えないし危機管理がなってない
・社長はなにをしているのか。外部の人を入れた調査委員会をつくり、全社的に問題点を洗い出した方が良い
・この会社の倫理観のなさを感じました。この状況において知らないとか有り得ないでしょ。本当に知らなかったら それこそが大問題
・入社する人のチェックの甘い会社に引っ越しなんて頼めない、自宅に入られるのに怖すぎます
・知らぬ存ぜぬが、新たな被害者を出してしまったことを考えてほしい
・大学時代に研究室に所属していた院生が気に入らない4年生を完全に無視をして、その学生は自殺した。イジメなんて中学生まで、長くても高校生になったら収束すると思っていたけど社会人でも全然ありますよね
・知らなかったでは済まない話。もちろん懲戒解雇だし、逮捕されたの全員に対して損害賠償請求するんだよね? 見せしめになる位に高額請求しないとこういう事件は無くならない
・明らかな犯罪行為であり、『いじめ』と表現するべきではない。報道機関なら、事件の実態に照らしてキチンと表現し報道してもらいたい
・程度の低い大人が溢れる会社だと、コンプラどころか人権すら守られる事はなさそう…こう言った環境の職場はかなり多そうだし、第三者機関などで定期的に監査とか義務化した方がいいと思う
・日雇いのアルバイトで何日か派遣されたことあったが、社員の人の態度は人によってだったかな。当たり前に丁寧語や敬語で話して、指示もちゃんとくれる人と、おい、とか手前とかで呼んで指示もろくにくれないのにめっちゃ怒鳴られたりと、当たり外れの激しい会社だった
・社員がこんなんばっかりだからバイトが定着しないのわからないんだろな
・信用できない企業に引越しを依頼する事はできない! どれだけ安くても….
・学生時代にここでバイトしたとき、社員(リーダ含む)のバイトの扱いがひどかったです。決して教育などではなく、あからさまな嫌味、罵声、中傷など。。。モラルがとにかく低かった印象です。正直、今回のは氷山の一角だと思います
・会社としての管理体制が全くなってない。言い訳だらけ。経営者の質の程度がわかる
・過去に色んなアルバイトを経験した事あるけど、引越業界はマジでその日の担当者で当たりハズレが半端無かった。パワハラ当たり前な超・高圧的な奴が担当者の日は、1日中暴言吐かれまくる。5分前に担当者が言っていた事と正反対の事を平気で言ってきて、またブチ切れて来るなど何度もあった
・こんな酷いイジメ、会社が気づかないわけがないだろうに
・そういう事が当たり前の環境で誰も不思議と思わず通報もしない会社なんでしょう。他の引越し会社も同じ様な環境なんでしょうかね?
・この記事ほんかな? 信じられない。仕事の指導が行き過ぎた体罰と違って只のイジメですよね。しかも一旦離職して簡単に再雇用するのも信じられないです。会社の評判を下げるかも知れないのに。コワい

 

 

アート引越センターに限らず、肉体系の業種の闇は深そうですね。

 

では!

 

あ わ せ て 読 ん で ほ し い

気になった謝罪文を収集しています。謝るようなことが起こらないにこしたことはありませんが、何かの時のために参考にしてください。

 

wordpressやるなら
エックスサーバーがオススメ!

このサイトはスタート時より「wordpress × エックスサーバー」によって運営しております。他のサーバーとも契約をして別サイトを構築しておりますが、エックスサーバーの使い勝手がイチバンです。セキュリティ、サポートに満足しております。しかも低コストです。利用者が多いので情報がネットに多いことも助かります。

詳細は下記ボタンより

 

 

謝罪文一覧の最新記事

-謝罪文一覧
-, ,

執筆者:

関連記事

アート引越センター従業員が野外排便!? アートウンコしセンターはどう謝罪する? | 謝罪文 実例029

アート引越センター従業員が野外排便!? アートウンコしセンターはどう謝罪する? | 謝罪文 実例029

つなワタリ@捨て身の「プロ無謀家」(@27watari)です。   気になった謝罪文の実例を収集してアーカイブしている記事です。謝罪するようなことが起きないことに越したことはありませんが、も …

大阪王将「仙台中田店」衛生管理が最悪!? ナメクジやGが大量発生? | 謝罪文 実例026

つなワタリ@捨て身の「プロ無謀家」(@27watari)です。   気になった謝罪文の実例を収集してアーカイブしている記事です。謝罪するようなことが起きないことに越したことはありませんが、も …

no image

シートベルトのデータを改ざん?ジョイソン・セイフティ・システムズ・ジャパン | 謝罪文 実例007

つなワタリ@捨て身の「プロ無謀家」(@27watari)です。気になった謝罪文の実例を収集してアーカイブしておきます。謝罪することが起きないことに越したことはありませんが、何かが起きた時に参考にしてい …

花王「メリット」が無知をカミングアウトして炎上! 自衛隊大阪地方協力本部は「誤解をまねく」謝罪でプチ炎上 | 謝罪文 実例59

花王「メリット」が無知をカミングアウトして炎上! 自衛隊大阪地方協力本部は「誤解をまねく」謝罪でプチ炎上 | 謝罪文 実例59

つなワタリ@捨て身の「プロ無謀家」(@27watari)です。   気になった謝罪文の実例を収集してアーカイブしている記事です。謝罪するようなことが起きないことに越したことはありませんが、も …

no image

ヒップホップ野外フェス「NAMIMONOGATARI2021(波物語2021)」過密開催の謝罪 | 謝罪文 実例012

つなワタリ@捨て身の「プロ無謀家」(@27watari)です。気になった謝罪文の実例を収集してアーカイブしておきます。謝罪することが起きないことに越したことはありませんが、何かが起きた時に参考にしてい …


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

関連コンテンツ

サイト内検索はこちらから↓

サイト内検索はこちら

アマゾンセール

80%オフも! 日替わり! 売り切れ次第終了! 掘り出し物ザクザク! 最新Amazonセール情報 ↓

同カテゴリーの人気記事

「同カテゴリーの人気記事」はこちら ↓

「ブルボン最高党」結党! ルマンド、アルフォート、エリーゼ……国民的お菓子メーカー、ブルボン最高!

つなワタリです。どうぞよろしくお願いいたします。 


LINE友だち追加

肩書きは「エディトリアル・アーティスト」&捨て身の高熱量「プロ無謀家」。集めて、編んで、外に発信することが生業。文章、映像、写真、イベント、コミュニケーションなどを活用しながら編み、考えていることを掘り下げて伝えていきたいと思っています。また、自分に負荷を与えるのが好きな性質を利用して、「プロ無謀家」として獣道を切り開きたいと思っています。

サイトタイトルの『インテリジェンス・ライフ』は「intelligence for good life」の略。生きた情報(インフォメーションではなくインテリジェンス)を大切にしたいという願望からつけました。

>>>プロフィール詳細

>>>お問い合わせ

>>>What’s New

>>>ウィッシュ☆ネットワーク|相談・共有・情報交換掲示板

70代のLINEスタンプおじいちゃん Appleの2021年CM「Macの向こうから - 日本でつくる」出演者一覧 auブックパス Google トレンド IT用語辞典 e-Words IT用語辞典バイナリ LINEスタンプを作る SEOチェキ WWEのシナリオ Yahoo!知恵袋 “ サツマイモのコリアンダーソースがけ ” “ シュリンプの焼き串 ” “ ズッキーニとチキンのケバブ ” 「リラックまん(チョコレート味)」 「リラックマ」をモチーフにした和菓子 いじめ お酒が飲めない、飲まない日本の有名人 ぬるぽ アングレーム国際漫画フェスティバル「遺産賞」 エックスサーバー(XSERVER)を装った詐欺メール オススメ有料&無料wordpressテーマ コピー防止は、さほど防止できない サイト状態を確認する無料の便利サイト サブドメインとサブディレクトリ タウンワークを装った詐欺メール ネットショップ/セール情報 パワーランクチェックツール ビジネスホテル「ドーミーイン」 ポンポコラーメン マヌカハニー好きな有名人 ルッソ兄弟 七ヶ宿ダム湖カレー 大仏三姉妹 岩本三千代 愛知県西三河地方 有料wordpressテーマ 東京五輪の聖火リレーの辞退者続出 検索避け 沖縄しいたけ田中 源流ポッチョン 無料漫画サービス 福田赳夫「天の声にも変な声がたまにはある」 超お得なティファニー風ダイヤモンドジュエリー 道の駅七ヶ宿 電脳マヴォ
2022年11月
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
282930  
スポンサーリンク