エンタメ

【円城塔『文字渦』に興奮】アートで、ホラーで、SFな希代の圧巻文学!

投稿日:2018-08-15 更新日:

Pocket

【円城塔『文字渦』に興奮】アートで、ホラーで、SFな圧巻文学 !

つなワタリ@捨て身の「プロ無謀家」(@27watari)です。円城塔さん『文字渦』をご存じでしょうか? 円城塔は、「えんじょう とう」と読みます。作家さんです。『文字渦』は「もじか」と読みます。文字をテーマにした12の連作短編集です。



円城塔さんは、文学界の創造者だ!

作家、円城塔さんは10年ほど前から活動されているようです。

つい先日まで知りませんでした。

ごめんなさい(恥)。

 

ツイッターで流れてきた情報で

『文字渦(もじか)』を知りました……汗

 

これです。

【円城塔『文字渦』に興奮】希代のアートで、ホラーで、SFな本が圧巻!

希代の……アートで、ホラーで、SFな一冊です。

シンプルにその魅力を書いておきます。

 

 

 

 

『文字渦(もじか)』がアートで、ホラーで、SFな理由

 

(1)アートな理由

「なんじゃこれ!」

これが『文字渦(もじか)』を知ったときの第一声でした。

思わず声が出てしまいました。

まずをこれを見てください。新潮社出版部文芸のツイッターです。

 

 

アートの基準はそれぞれあると思いますが、私にとってのアートの基準のひとつは「なんじゃこれ!」です。

驚愕、興奮、刺激などといった、知覚に襲いかかる強烈なインパクトが、まさに求めているアートそのものでした。

 

 

 

 

(2)ホラーな理由

私は本業は編集者です。

見た瞬間に、本になるまでの過程が脳内に鮮明に浮かび上がりました。

 

一字一句を追い続ける編集者、事実関係を丹念に調べる校閲者、画面で拡大して修正を行うデザイナー、インクの盛り加減で文字が潰れることを恐れる印刷責任者……これは何校まで行ったのか? 担当編集者の視力はどこまで落ちたのか? 初版の誤字脱字はどのくらいだったのか?

 

これは恐怖です。ホラーすぎます。

関わった人たちは命がけの妖怪退治みたいなものだったのかな? なんて想像してしまいました。

個人的には担当者全員と話をしてみたいです。ヘタな怪談話より怖くて面白そうです。

 

 

……なんて書くと、これが全編続いていると思われるでしょう。しかし、この「文章とルビを同時に追っていったら脳がショートしそうになる形式」が全編に続くわけではありません。

 

新潮社出版部文芸さん、

宣伝うまいです。

 

最初に大きな衝撃を与えてくれた新潮社さんに敬意を込めて、同じ方向性でこの記事を書いています。。。

 

 

 

(3)SFな理由

私にとってSFとは夢の別世界であり、ファンタジーです。

文学で別世界の扉を提示されるとは思いませんでした。

この扉の存在は非常に大きいです。今後、さらに扉の先を提示する人が現れることでしょう。

円城塔さんが提示してくれるのは当然だとして、別の案内人も登場するでしょう。

それほど扉の存在を提示するってことは大きいことです。

まさに夢のある話です。ファンタジーです。

これぞSFです。

 

・ ・ ・

 

堅苦しく書くと、文字の擬人化などは、白川静の“漢字学”を彷彿させられました。

あとは、理系の感性がバリバリ感じさせられました。非常に数学的に構築されたものが漂っています。

『文字渦(もじか)』にもっとも色濃く出ているのが、SF的な部分のような気がします。

なぜかスピルバーグのイメージが浮かんだんですが、理由はわかりません。。。

 

 



 

 

 

 

『文字渦(もじか)』の口コミを拾ってみました

『文字渦(もじか)』の評判をツイッターから拾ってみました。

すごいすごいと局所的な誇張ばかりが取り上げられるのは、ちょっと疑問に感じる部分もあります。

 

ご本人も“わりとふつうの本”とおっしゃってます。まったく普通ではありませんけど。

 

 

 

 

ちなみにこのルビ打ちのルール、ちゃんとあります。ルールがなければ、作業できません。

 

 

・ ・ ・

 

 

こういう見慣れないルビ画像が目に飛び込んでくると、やはり気になる人が多いようです。

 

これに反応がする人が多いというのは、文化的渇望感があるんだろうなぁ。。。なんてことも感じます。

 

繰り返しますが、皮肉でもなく新潮社出版部文芸さん、宣伝うまいです。

 

『文字渦(もじか)』は視覚的な面白さだけをクローズアップしてても仕方ありません。小説家の松尾清貴さんのつぶやきがもっともわかりやすかったでした。

 

 

こんな感想もありました。

 

 

最近の流行的な部分もさりげなく取り込んでいます。

 

 

 



 

 

 

 

喧嘩を売るつもりはないけれど……私だったら赤字をどうしたか?

 

冒頭にも出したゲラの赤字をもう一度載せます。

これですね。

スゴそうに見えます。いや、実際にスゴイです。

 

 

 

丁寧に赤字を入れているなぁ……とも思います。

 

でも、私だったらこのような赤字戻しはしないよなぁ。。。なんて思ったので、書いておきます。

これは新潮社の校閲者に喧嘩を売る気で書くわけではありませんし、自分が正しいと主張したいわけでもありません。

あくまでも私だったら……という話です。

 

・ ・ ・

 

この赤字だと修正するデザイナーが大変過ぎます。

 

混乱しそうな部分は赤と青で色分けしています。しかし、修正部分を目で追っていくと、流れに沿ってない部分が出てきます(とくに後半)。

 

これ、私だったら、3〜4行ごとに抜き出してコピーを取って、そこに赤字を入れてデザイナーに渡します。そして「赤字別紙6枚」みたいな形でゲラとセットにします。

 

この本ではルビの位置も混乱しやすいので、その指示も入れると思います。

そうすれば修正後のチェックもラクになります。

 

いかがでしょうか?

同じように感じた人はいませんでしたか?

いなかったら、老兵は消えゆくのみ……って感じかもなぁ。。。。

 

では、最後に円城塔さんのツイッターを紹介しておきます。

あ、もう一度、『文字渦』も紹介しておきます。

 

 

では!

 

の 記 事 を 書 い た 人

つなワタリ

つなワタリプロフ画像

宮城県仙台市出身。夢を持って上京後、さまざまな活動を経て編集者へ。人が好きで、好奇心が強く、誰かに何かを伝えるのが好きなキャラを活かす形で仕事漬けの日々を過ごし、締切に追われながら、気がつけば四半世紀以上もの時間が経過してしまったロートル。仕事と並行しながらアートイベントを立ち上げ、多様な表現関連の企画にも携わる。同時に杉並エリア中心に地域活動も続けて20年ほどとなる。一旦はバーンアウトし、心身共に低空飛行が続いているが、フリーでエディトリアル・アーティスト「プロ無謀家@つなワタリ」として自分の生き様を模索中。詳しいプロフィールや仕事キャリアなどはこちら


LINEで気軽に問い合わせする
メールで問い合わせする
会社サイトはこちら



-エンタメ
-, ,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

関連記事

【ミュージック・マガジン創刊50周年】邦楽アルバム・ベスト100ランキング

【ミュージック・マガジン創刊50周年】邦楽アルバム・ベスト100ランキング

つなワタリ@捨て身の「プロ無謀家」(@27watari)です。 1969年4月、中村とうよう氏が創刊した『ミュージック・マガジン』が創刊50周年を迎えました。そこで2019年4月1日発行の創刊5 …

【短歌とは? ルールは?】最新の現代短歌って? 誰にでも作れるもの? 枡野浩一さんによる3つの短歌ルール

【短歌とは? ルールは?】最新の現代短歌って? 誰にでも作れるもの?

つなワタリ@捨て身の「プロ無謀家」(@27watari)です。最近は言葉が出てこなくなりました。明らかに脳が劣化してきています。限られた文字数のツイッターもスマートに投稿できません。そこで少し脳を鍛え …

【忠臣蔵はウソばかり!?】歴史の真実と捏造をリストアップしてみた

【忠臣蔵はウソばかり!?】歴史の真実と捏造をリストアップしてみた

つなワタリ@捨て身の「プロ無謀家」(@27watari)です。以前は12月中旬ともなると必ず『忠臣蔵』の話題が出てきていました。ドラマなども放送されていました。大石内蔵助をはじめとする元赤穂藩士47人 …

【歌謡ロックを築いたスーパーシンガー】アン・ルイスの復活ステージに期待

【歌謡ロックを築いたスーパーシンガー】アン・ルイスの復活ステージに期待

つなワタリ@捨て身の「プロ無謀家」(@27watari)です。歌謡ロックの原点ともいわれているアン・ルイスはご存じでしょうか。70〜80年代を走り抜けた存在で、正直、めっちゃカッコ良かったです。 現在 …

フィジェットスピナーより地球ゴマやフィジェットキューブが面白い

フィジェットスピナー より地球ゴマやフィジェットキューブが面白い

【目次】本記事の内容1 2017年のトレンド! アメリカで「フィジェットスピナー」が流行中2 日本にもあった! 回転式遊び道具「地球ゴマ」3 高齢者にオススメのフィジェットキューブ 2017年のトレン …

関連コンテンツ

サイト内検索はこちらから↓

サイト内検索はこちら

アマゾンセール

80%オフも! 日替わり! 売り切れ次第終了! 掘り出し物ザクザク! 最新Amazonセール情報 ↓

同カテゴリーの人気記事

「同カテゴリーの人気記事」はこちら ↓

「ブルボン最高党」結党! ルマンド、アルフォート、エリーゼ……国民的お菓子メーカー、ブルボン最高!

つなワタリです。どうぞよろしくお願いいたします。 


LINE友だち追加

肩書きは「エディトリアル・アーティスト」&捨て身の高熱量「プロ無謀家」。集めて、編んで、外に発信することが生業。文章、映像、写真、イベント、コミュニケーションなどを活用しながら編み、考えていることを掘り下げて伝えていきたいと思っています。また、自分に負荷を与えるのが好きな性質を利用して、「プロ無謀家」として獣道を切り開きたいと思っています。

サイトタイトルの『インテリジェンス・ライフ』は「intelligence for good life」の略。生きた情報(インフォメーションではなくインテリジェンス)を大切にしたいという願望からつけました。

>>>プロフィール詳細

>>>お問い合わせ

>>>What’s New

>>>ウィッシュ☆ネットワーク|相談・共有・情報交換掲示板

2019年5月
« 4月    
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
スポンサーリンク