世界の発明・発見

紙の発明 – 105年頃 | 世界の発明・発見

投稿日:2017-12-19 更新日:

Pocket



 

中国の役人、蔡倫(さいりん)が植物繊維で紙を発明

 

蔡倫 紙の発明 - 105年頃 | 世界の発明・発見
See page for author [Public domain], via Wikimedia Commons
後漢の宦官だった蔡倫

 

紙の発明以前は木や竹を薄く削り、札状の板に文字を書いていました。

蔡倫はボロ切れや樹皮、魚網、植物のクズなどを細かく砕き、水に溶かし、粘着剤を使ってうすく乾かして固めるという方法で紙を作り出しました。

ただし、近年では蔡倫が発明した以前に紙は作られていたという説が有力となっています。

 

 

紙は中国からイスラム圏、さらにエジプトへと伝わった

757年(751年?)、中国遠征軍がイスラム兵士の捕虜となったことがきっかけで、紙はイスラム圏へと伝わりました。793年にはバクダッドに製紙工場が生まれています。

その後、10世紀にはエジプトに、12世紀にはスペインからヨーロッパ全域へと紙は広まっていきました。

それまでヨーロッパでは皮が使われていましたが、瞬く間に紙が使われるようになりました。

日本には610年に、高麗からやってきた曇徴(どんちょう)に伝えられたとされています。

その後、木材パルプによる製紙法は19世紀に入ってからと、少し間が空きました。

 

 

蔡倫の栄養になる名言は見つからず。かわりに曹操の名言を

蔡倫の名言のかわりに同時代(後漢)に生きた三国志の覇王である曹操(そうそう)の名言を紹介します。

 

後漢の丞相・魏王で、三国時代の魏の基礎を作った曹操
By Wang Qi (1529 – 1612) (A copy of w:Sancai Tuhui) [Public domain], via Wikimedia Commons
曹操は後漢の丞相・魏王で、三国時代の魏の基礎を作った

 

『法を制して自らこれを犯さば、何をもって下を帥いん(自分で法をつくった法を自ら破ってしまっては、部下が付き従うはずがない)』
『他人の商度、人の意の如きは少なし(他人の当て推量ほど、あてにならないものはない)』
『危うきに乗じて、もって倖を求む』
『将たるものは、怯弱の時あるべし。ただに勇をたのむべからず』
『戦にも負けてみるがいい。敗れて初めて覚り得るものがある』
『燕雀安んぞ鴻鵠の志を知らんや』
『山は高きを厭(いと)わず 海は深きを厭わず』
『快楽に溺れる人生ほど、詰らない人生はない』
『どんな職業でも成功すれば、妬みを買うものだ』

 

 

蔡倫のように紙作りを手軽に楽しめるキット

これは牛乳パックで紙を作るキットですが、普通の紙を使ったり、植物を使ったりすると面白さが増すと思います。

 

の 記 事 を 書 い た 人

つなワタリ

つなワタリプロフ画像

宮城県仙台市出身。夢を持って上京後、さまざまな活動を経て編集者へ。人が好きで、好奇心が強く、誰かに何かを伝えるのが好きなキャラを活かす形で仕事漬けの日々を過ごし、締切に追われながら、気がつけば四半世紀以上もの時間が経過してしまったロートル。仕事と並行しながらアートイベントを立ち上げ、多様な表現関連の企画にも携わる。同時に杉並エリア中心に地域活動も続けて20年ほどとなる。一旦はバーンアウトし、心身共に低空飛行が続いているが、フリーでエディトリアル・アーティスト「プロ無謀家@つなワタリ」として自分の生き様を模索中。詳しいプロフィールや仕事キャリアなどはこちら


LINEで気軽に問い合わせする
メールで問い合わせする
会社サイトはこちら



-世界の発明・発見
-, ,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

関連記事

デモクリトス 古代原子論- 紀元前400年頃 | 世界の発明・発見

古代原子論- 紀元前400年頃 | 世界の発明・発見

  目次1 極小の粒子(アトム)が集まることによって物質が形成される理論2 デモクリトスの原子論はプラトンやアリストテレスに否定される3 デモクリトスの栄養になる名言4 快活で、よく笑う人だ …

世界で初めて全身麻酔に成功した日本人医師、華岡青洲

麻酔の発明 – 230年頃 | 世界の発明・発見

  目次1 中国の名医、華佗(かだ)が使った麻酔「麻沸散(まふつさん)」2 三国時代における医者の社会的地位は非常に低かった3 世界で初めて全身麻酔に成功した日本人医師、華岡青洲4 華岡青洲 …

アルキメデスの定理 - 紀元前250年頃 | 世界の発明・発見

アルキメデスの定理 – 紀元前250年頃 | 世界の発明・発見

  目次1 アルキメデスが入浴中にお湯があふれる様子を見て発見2 円周率を3.14としたのもアルキメデス3 アルキメデスの栄養になる名言4 歴史上、もっとも偉大な数学者3人の一人、アルキメデ …

インドでの「0(ゼロ)の発明」で完成したアラビア数字 | 世界の発明・発見

0(ゼロ)の発明 – 550〜600年頃? | 世界の発明・発見

  目次1 インドでの「0(ゼロ)の発明」で完成したアラビア数字2 「角の数」で表現していたインド数字3 550〜600年頃よりも早い時期に「0(ゼロ)」は発明されていた!?4 「0(ゼロ) …

すべての道はローマに通ず!蒸留器(錬金術の礎)の発明 - 3〜4世紀 | 世界の発明・発見

蒸留器(錬金術の礎)の発明 – 3〜4世紀 | 世界の発明・発見

  目次1 すべての道はローマに通ず! ローマ時代に生まれた多種多様の発明品2 古代ローマの最も代表的な標語「SPQR」の意味3 クレーンも発明され、大規模な建築が盛んだったローマ帝国4 錬 …

関連コンテンツ

サイト内検索はこちらから↓

サイト内検索はこちら

80%オフも! 日替わり! 売り切れ次第終了! 掘り出し物ザクザク! 最新Amazonセール情報 ↓

つなワタリです。どうぞよろしくお願いいたします。 


LINE友だち追加

肩書きは「エディトリアル・アーティスト」&捨て身の高熱量「プロ無謀家」。集めて、編んで、外に発信することが生業。文章、映像、写真、イベント、コミュニケーションなどを活用しながら編み、考えていることを掘り下げて伝えていきたいと思っています。また、自分に負荷を与えるのが好きな性質を利用して、「プロ無謀家」として獣道を切り開きたいと思っています。

サイトタイトルの『インテリジェンス・ライフ』は「intelligence for good life」の略。生きた情報(インフォメーションではなくインテリジェンス)を大切にしたいという願望からつけました。

>>>プロフィール詳細

>>>お問い合わせ

>>>What’s New

>>>ウィッシュ☆ネットワーク|相談・共有・情報交換掲示板

2019年1月
« 12月    
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031  
スポンサーリンク