オレ刊!つなワタリ | 自分らしく生きる「インテリジェンスライフ」

エディトリアルアーティスト・つなワタリによる自分らしく輝き、楽しく生きる提案。マイペースな“オレ刊”発信

世界の発明・発見

麻酔の発明 – 230年頃 | 世界の発明・発見

投稿日:

Pocket

中国の名医、華佗(かだ)が使った麻酔「麻沸散(まふつさん)」

 

麻酔の発明 - 230年頃 | 世界の発明・発見
See page for author [Public domain], via Wikimedia Commons
薬学・鍼灸に非凡な才能を持つ伝説的な医師、華佗

 

華佗は麻酔薬を使っての世界で最初の外科手術(開腹手術)を行ったとされています。

使ったのは「麻沸散(まふつさん)」という粉末状の薬。チョウセンアサガオ・アコニット根・シャクナゲ・ジャスミン根を含んでいたとされますが、定かではありません。手術前にブドウ酒とともに投与されたそうです。

 

 

三国時代における医者の社会的地位は非常に低かった

『三国志』華佗伝や『後漢書』方術伝には、名医、華佗の行なった治療例が記録されています。肘に毒矢を受けた関羽の治療頭痛に悩む曹操の相談を受けたエピソードが有名です。

しかし、当時の医者の社会的地位は非常に低かったことを不満に思っていた華佗は、曹操に嘘をつき、曹操の元を離れました。最後はその嘘が発覚して、華佗は獄中死することとなりました。

 

 

世界で初めて全身麻酔に成功した日本人医師、華岡青洲

1804年、華岡青洲(はなおか せいしゅう)がチョウセンアサガオやトリカブトなどを主成分とした薬草を使った全身麻酔薬「通仙散(つうせんさん)」を完成させ、乳がん手術を行いました。これが世界初の全身麻酔の記録とされています。

 

世界で初めて全身麻酔に成功した日本人医師、華岡青洲
By Hanaoka Seishu [Public domain], via Wikimedia Commons
華岡青洲『竒疾外療図卷 完』

 

青洲は全身麻酔薬の開発のために人体実験を何度も行いました。実験台となった実母は亡くなり、妻も失明するなどの大きな犠牲があった末での完成だったそうです。

欧米で全身麻酔が行われたのは青洲の手術成功から約40年後。エーテルやクロロホルムが使われました。

 

 

華岡青洲の栄養になる名言

青洲は「日本の華佗になるのだ」と、大きな目標を掲げて猛勉強したそうです。

『内外合一(ないがいごういつ) 活物窮理(かつぶつきゅうり)』

これは青洲の医療に対する考え方を示した言葉です。

「内外合一」は専門にこだわらずに幅広い知識を持って治療にあたる心構えを示しています。「活物窮理」は人体をよく観察して患者や病気の本質を究め、理解を深めていく教えです。

 

 

嫁姑の確執を描いた有吉佐和子『華岡青洲の妻』

有吉佐和子の小説『華岡青洲の妻』は、青洲の人体実験に身を捧げた妻と母の愛憎を描いた作品。非常に評価が高い有吉作品のひとつです。男子必読!?

 

 

小説『華岡青洲の妻』は舞台化、映画化、ドラマ化などがされました。これは市川雷蔵、若尾文子が出演の映画版です。

 

 

 

 

↓私はこんなヤツです。
【アクセスアップ発信術/2018年版】ブログで共感者を集める9つの決め手
「よかったらツイッターのフォロー、応援よろしくお願いいたします☆」

 

スポンサーリンク



 

お仕事ご依頼、ブログのご感想などはメールでどうぞ。

 

つなワタリ
紙媒体(チラシ・パンフレット・チラシ・書籍・雑誌)の企画・編集・DTP・デザインから印刷物納品まで、関東圏内でのスチール撮影(プロフィール写真・イベント撮影・ライブ記録・レタッチ・定点映像記録撮影/1時間10,000円〜要相談)、WEBメディア掲載サポート(企画・編集・SEOライティング・取材・撮影)、オリジナル小説や企画作品の原稿執筆(プロットからの制作可能)、イベント運営(企画・サポート)などのお手伝いをいたします。下記からお気軽にお問い合わせください。

<特に下記の経験値が高い>
・スーパー特急チラシデザイン
・人物取材全般(オールジャンルが基本だが、より人間に迫るドキュメント系)
・地域活動文化(ボランティア、NPO関連)、草の根アートに精通(20年ほどの経験値)
・50〜2000人規模程度のイベントプロデュース

>> お問い合わせする

>> 会社サイトはこちら

 

-世界の発明・発見
-, , , , , , , , ,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

This site uses Akismet to reduce spam. Learn how your comment data is processed.

関連記事

蔡倫 紙の発明 - 105年頃 | 世界の発明・発見

紙の発明 – 105年頃 | 世界の発明・発見

目次1 中国の役人、蔡倫(さいりん)が植物繊維で紙を発明2 紙は中国からイスラム圏、さらにエジプトへと伝わった3 蔡倫の栄養になる名言は見つからず。かわりに曹操の名言を4 蔡倫のように紙作りを手軽に楽 …

アルキメデスの定理 - 紀元前250年頃 | 世界の発明・発見

アルキメデスの定理 – 紀元前250年頃 | 世界の発明・発見

目次1 アルキメデスが入浴中にお湯があふれる様子を見て発見2 円周率を3.14としたのもアルキメデス3 アルキメデスの栄養になる名言4 歴史上、もっとも偉大な数学者3人の一人、アルキメデス アルキメデ …

インドでの「0(ゼロ)の発明」で完成したアラビア数字 | 世界の発明・発見

0(ゼロ)の発明 – 550〜600年頃? | 世界の発明・発見

目次1 インドでの「0(ゼロ)の発明」で完成したアラビア数字2 「角の数」で表現していたインド数字3 550〜600年頃よりも早い時期に「0(ゼロ)」は発明されていた!?4 「0(ゼロ)」によってもた …

デモクリトス 古代原子論- 紀元前400年頃 | 世界の発明・発見

古代原子論- 紀元前400年頃 | 世界の発明・発見

目次1 極小の粒子(アトム)が集まることによって物質が形成される理論2 デモクリトスの原子論はプラトンやアリストテレスに否定される3 デモクリトスの栄養になる名言4 快活で、よく笑う人だったデモクリト …

すべての道はローマに通ず!蒸留器(錬金術の礎)の発明 - 3〜4世紀 | 世界の発明・発見

蒸留器(錬金術の礎)の発明 – 3〜4世紀 | 世界の発明・発見

目次1 すべての道はローマに通ず! ローマ時代に生まれた多種多様の発明品2 古代ローマの最も代表的な標語「SPQR」の意味3 クレーンも発明され、大規模な建築が盛んだったローマ帝国4 錬金術とは卑金属 …

スポンサーリンク

サイト内検索はこちら

つなワタリです。どうぞよろしくお願いいたします。 


LINE友だち追加

肩書きは「エディトリアル・アーティスト」。集めて、編んで、外に発信することが生業。文章、映像、写真、イベント、コミュニケーションなどを活用しながら編み、考えていることを掘り下げて伝えていきたいと思っている。
サイトタイトルの『インテリジェンス・ライフ』は「intelligence for good life」の略。
輝く未来を一緒に! 無料メールコーチングはじめました。

>>>プロフィール詳細

>>>お問い合わせ

>>>What’s New

>>>ウィッシュ☆ネットワーク|相談・共有・情報交換掲示板

2018年6月
« 5月    
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930  
スポンサーリンク