人物スクラップ ■心のつぶやき

ブログも人生も大局的な意志で完走を目指せ! マラソンランナーの名言集

投稿日:2018-07-01 更新日:

Pocket

ブログも人生も大局的な意志で完走を目指せ! マラソンランナーの名言集

つなワタリ@捨て身の「プロ無謀家」(@27watari)です。7月になりました。6月は「無謀」のイメージを向上を胸に秘めて「3週間で65記事」を掲げながら、達成できずに7月になってしまいました。宣言した記事はコレです。

「無謀」のイメージを向上させるのが、プロ無謀家の役割だ!

7月になってしまいましたが、まずは落とし前をつけるために最後まで完走をめざします。そんなわけで自分へのエールを込めて、マラソンランナーたちの金言を集めてみました。

 



 

孤独な長距離ランナー、マラソン選手に心に響く名言が多い理由

“怒れる作家”と呼ばれたイギリスの小説家、アラン・シリトー『長距離走者の孤独』なんて小説が有名です。

マラソン選手は一人で戦い続ける時間が長いので、必然的に内省的になります。だからこそ心に響く言葉も多いんだと思います。

 

 

 

高橋尚子さんの名言&勝手な感想

まずはシドニーオリンピック金メダリストであり、女子スポーツ界で初の国民栄誉賞を受賞した「Qちゃん」こと高橋尚子さんの名言から。

ブログも人生も大局的な意志で完走を目指せ! マラソンランナーの名言集
高橋尚子
出典:「高橋尚子杯ぎふ清流ハーフマラソン」http://www.gifu-marathon.jp/charity/index.html

 

「一番苦しい、限界と思う場所も、その上を知るとなんでもない場所になる」

 

「つらいとき、逃げたいときこそ伸びるチャンスなのです」

 

「練習がイヤだと思う気持ちが芽生えた時こそ、実は一番伸びるときです」

 

「停滞すればした分だけ、必ず反動で伸びます。 そこをいかに根気よく続けるかが肝心なのです」

 

「何も咲かない寒い日は、下へ下へと根を伸ばせ。やがて大きな花が咲く」

 

高橋選手はけっこうネガティブな状況から抜け出す言葉が目立ちます。小出監督にかなり絞られ、実際は追い詰められていたんじゃないでしょうか。そこを突破できたからこそ、こういう言葉が出てくるし、説得力も出てきます。

 

 

 

瀬古利彦さんの名言&勝手な感想

宗茂・宗猛兄弟、伊藤国光、中山竹通、新宅雅也といったライバルに恵まれた瀬古利彦さん。残念ながらオリンピックでは結果は出せませんでした。現在はDeNAランニングクラブ総監督を務めています。

ブログも人生も大局的な意志で完走を目指せ! マラソンランナーの名言集
瀬古利彦
出典:「DeNA Running Club プロフィール」http://dena.com/running/team/staff01.html

 

「自分が苦しい時は、ライバルもまた苦しいのです。そう思うと、いたずらに苦しんで走ることの無意味さがわかります」

 

「不安を取り除くのはやはり練習しかありません」

 

「練習でできないことは、レースでは絶対にできない。 練習でできることは、レースでもできる」

 

「たくさんの人の支えがあって走ることができている。 感謝の気持ちを忘れない」

 

瀬古選手はライバルに恵まれましたが、それが手枷足枷にもなっていたと思っています。常にライバルと自分を比較する中で戦ってきたので、心もかなり消耗したんじゃないでしょうか。

ピックアップした中に「練習でできないことは、レースでは絶対にできない」という言葉が出てきますが、練習でできないくても本番で出来ることってあると思います。

オリンピックでいい結果を出し切れなかったのも、自分へのプレッシャーが強すぎたような気がします。東京オリンピックの円谷選手と重なる部分があります。

「感謝の気持ちを忘れない」という言葉がいつの発言かはわかりませんが、選手当時ではなかったんじゃないでしょうか。もし現役時代にこの気持ちになっていればメダルも取れたと思います。

偉そうなことを書いてゴメンナサイ。

 




 

有森裕子さんの名言&勝手な感想

初レースで日本女子記録を打ち立てた有森裕子さんはバルセロナ&アトランタと2大会続けてメダルを獲得しました。現在は日本陸上競技連盟や日本プロサッカーリーグの理事を務めています。

ブログも人生も大局的な意志で完走を目指せ! マラソンランナーの名言集
有森裕子
出典:「有森裕子ツイッター」https://twitter.com/animo33

 

「初めて自分で自分をほめたいと思います」

 

これは二大会連続の五輪メダルを獲得したゴール後のインタビューでの言葉です。

有森さんは才能もあり、体力にも恵まれ、さらに自分を追い詰める精神力も強い方だと感じます。反面、プライドかなり高い方なんだと思います。

かなり孤独な生き方をしてきたような気がしますし、他人に対して必要以上に壁を作ってきたような印象です。そこが有森さんの強さでもあり、落とし穴でもあるような気がします。

以前、柔道家の小川直也さんをインタビューしたことがあるんですが、やはり有森さんと同じ印象を感じました。

天才にもさまざまなタイプがいますが、有森さんや小川さんにはクレバーな追走者が必要なタイプのような気がしています。

 

 

 

増田明美さんの名言&勝手な感想

現役時代には日本最高記録12回、世界最高記録2回更新。現在は大阪芸術大学芸術計画学科教授、スポーツジャーナリスト・スポーツライター・レース解説者・タレント・ナレーターなど、多方面で活動中の増田明美さん

ブログも人生も大局的な意志で完走を目指せ! マラソンランナーの名言集
増田明美
出典:「増田明美・公式サイト」http://www.akemi-masuda.jp/

 

「体の中に哲学がある人はあまり言葉に出さないもの」

 

「人生は遠泳のようなもの。スピードだけではゴールにたどり着けず、心と体の持久力が求められます」

 

「人はみな長距離走者」

 

「福士さんは抜かれても決して後ろを振り返らない。彼女は自分と戦っています」

 

「失敗を重ねたからこそ、プライドを捨てて、新しい自分へと変わることができたのではないかと思います」

 

「マラソンはよく人生にたとえられます。たとえ最後にゴールしたとしても、その人が走った道のりからは、何か必ず得るものがあるはずです。大切なのは、なぜ自分は走るのか、自分なりの答えを見つけることではないかと思います」

 

「ラジオのパーソナリティは失敗の連続でした。実家に電話をかけて愚痴をこぼすと、父が『生きている証拠に今日も恥をかき』という川柳を紹介してくれました。本当に救われた気がして、電話口でボロボロ泣いたことを覚えています」

 

増田さんは大局的にマラソンを見ている方です。スポーツとその人の人生を重ね合わせています。天性のものなのかどうかはわかりませんが、現役時代はかなり悲しい思いをされたような気がしています。誰にもわかってもらえない気持ちをグッと飲み込んで上を向いて生きてきた強さと優しさを感じます。さらに天然のような愛嬌も備わっているのが魅力です。

 




 

ハイレ・ゲブレセラシエさんの名言&勝手な感想

世界記録を破ること27回、オリンピック金メダル2回の実績を持ち、“皇帝”の異名を持つハイレ・ゲブレセラシエさん。2000年のオリンピック1万メートルでは、0.09秒差で優勝した名場面が語り継がれています。

これです。

 

「マラソンの最中は何が起きても不思議はありません。どう乗り切るかは自分次第。そのためにもマインドを鍛えましょう。僕のことを思い出して笑顔をキープしてください。笑顔でいることで、走っていることが本当に好きなんだと自分に暗示をかけることができます。すると身体もそう感じるようになり、楽しんで走ることができるようになります。それでも辛い時は、大切な人のことを考えたり、これまでの練習を振り返ったり、練習以外にも、マラソンへの準備として日常生活のなかで努力してきたことを思い出してください。走るあなたを支えてくれる全ては、あなたの心、マインドにあります」

笑顔の素晴らしさが印象的なハイレ・ゲブレセラシエさん。彼はエチオピアの英雄であり、国民に夢を与える存在でした。彼の笑顔は、使命感の笑顔だと感じています。

先日、千住博さんのルノワールの笑顔のコメントを紹介(https://27watari.com/water-knowledge-yamatane-012)しましたが、要するにそういう笑顔なんです。超越した笑顔を獲得した人間は強いです。

 

 

 

個人的には「ハイレ=増田>高橋」と感じています

気になったマラソン選手の名言をピックアップしました。他にもたくさんありましたが、キリがありません。

個人的に言葉のステージは「ハイレ=増田>高橋」と感じています。

もちろん人物の優劣をつけているわけではありません。

自分と向き合い、大局的に自分の活動を俯瞰することは大切をこの3人から感じました。

さて、私も「プロ無謀家」として無謀イメージ向上のために、笑顔で目標達成をめざそうと思います。

では!

 

 

 

↓私はこんなヤツです。
【アクセスアップ発信術/2018年版】ブログで共感者を集める9つの決め手
「よかったらツイッターのフォロー、応援よろしくお願いいたします☆」

 

スポンサーリンク



 

お仕事ご依頼、ブログのご感想などはメールでどうぞ。

 

つなワタリ
紙媒体(チラシ・パンフレット・チラシ・書籍・雑誌)の企画・編集・DTP・デザインから印刷物納品まで、関東圏内でのスチール撮影(プロフィール写真・イベント撮影・ライブ記録・レタッチ・定点映像記録撮影/1時間10,000円〜要相談)、WEBメディア掲載サポート(企画・編集・SEOライティング・取材・撮影)、オリジナル小説や企画作品の原稿執筆(プロットからの制作可能)、イベント運営(企画・サポート)などのお手伝いをいたします。下記からお気軽にお問い合わせください。

<特に下記の経験値が高い>
・スーパー特急チラシデザイン
・人物取材全般(オールジャンルが基本だが、より人間に迫るドキュメント系)
・地域活動文化(ボランティア、NPO関連)、草の根アートに精通(20年ほどの経験値)
・50〜2000人規模程度のイベントプロデュース

>> お問い合わせする

>> 会社サイトはこちら

 

-人物スクラップ, ■心のつぶやき
-, , , , , , ,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

関連記事

no image

迷える人に捧げる! 人生を変える方法

      目次1 迷える自分(現在進行形)が、迷える人に捧げます2 自分を変える方法〜自戒を込めたマイルール(順不同) 迷える自分(現在進行形)が、迷える人に捧げます …

人生流転 心の「つぶやき」|つなワタリBLOG

一か八か! 覚醒させよ! 人生を一気に取り戻したい人は、危険な橋を渡りなさい!

人生をなんとかして逆転させたい! そう思っている人は多いと思います。 そのための方法はこれです。 危険な橋を渡りなさい! この方法を3ヶ月から半年やれば 覚醒するはずです。 もちろん刺し違える気概が必 …

人生流転 心の「つぶやき」|つなワタリBLOG

【願いを叶える法則】潜在意識・顕在意識・宇宙の意識〜3つの意識を知れば、必ず夢は実現する!

目次1 「自分らしくない」ともがいている人は、「3つの意識」を活用しよう2 潜在意識は変化をストップさせる存在3 アスペルガー? 誰しも急激な変化に対応できない4 潜在意識と決別する! 第一歩を踏み出 …

2つのポイントさえ押さえれば、人は自然と動くようになる!

2つのポイントさえ押さえれば、人は自然と動くようになる!

目次1 人は喜ばせると、喜んで動き出す!2 どんな言葉をかけるかが大きなポイント3 相手の欲求(深層心理)を知ろうとすることが必要4 相手の「欲求」を知り、適切な「言葉」を投げかける 人は喜ばせると、 …

人生流転 心の「つぶやき」|つなワタリBLOG

逃げることは負けではないが、逃げ癖がつくのはヤバイ。だから苦しみを楽しめ! 楽しみ癖をつけろ!

逃げることは大切だ。 逃げる決断が必要な場面もある。 逃げることは、必ずしも卑怯ではない。 逃げことは、必ずしも負けではない。 最悪を事前に回避するという意味で 逃げることは重要な選択のひとつだ。 し …

関連コンテンツ

サイト内検索はこちら

つなワタリです。どうぞよろしくお願いいたします。 


LINE友だち追加

肩書きは「エディトリアル・アーティスト」&捨て身の高熱量「プロ無謀家」。集めて、編んで、外に発信することが生業。文章、映像、写真、イベント、コミュニケーションなどを活用しながら編み、考えていることを掘り下げて伝えていきたいと思っています。また、自分に負荷を与えるのが好きな性質を利用して、「プロ無謀家」として獣道を切り開きたいと思っています。

サイトタイトルの『インテリジェンス・ライフ』は「intelligence for good life」の略。生きた情報(インフォメーションではなくインテリジェンス)を大切にしたいという願望からつけました。

>>>プロフィール詳細

>>>お問い合わせ

>>>What’s New

>>>ウィッシュ☆ネットワーク|相談・共有・情報交換掲示板

2018年11月
« 10月    
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  
スポンサーリンク