社会問題 ■心のつぶやき

3年後、5年後に社会的悲劇がつぎつぎに起こってしまう!? 深刻な「8050(はちまるごーまる)問題」

投稿日:2018-03-05 更新日:

Pocket

身近でも起こる! 「8050(はちまるごーまる)問題」は深刻な社会問題

最近、「8050(はちまるごーまる)問題」という言葉を耳にした方も多いのではないかと思います。

そうでもありませんか?

簡単に説明すると、「80代の親と50代の子どもが身を寄せる世帯が社会から孤立してしまう」という問題です。

世の中の困窮化に伴い、一般庶民は疲れ切っています。さらに拍車をかけるのが「ひきこもりの長期化と同居家族の高齢化」です。

そして……疲れ果てた80代の親と50代の子どもが社会から孤立し、悲劇的な老後を親子で迎えてしまうのです。

これは今後、身近でもどんどん表面化していく問題です。現在、「8050(はちまるごーまる)問題」に該当する多くの人は我慢強く生活を続けている状況といえるでしょう。しかし、伸びきった緊張の糸はいつか切れる運命にあります。

これから3年後、5年後に糸が切れた家族が続出すると予想されます。

ちょうどオリンピックが終わった後です。日本は経済的に破綻するでしょうし、生活保護なども削減されると思っていた方がいいです。

そうなると……本当に高齢化家族の危機が目の前に迫ってきています。

 

 

 

「8050(はちまるごーまる)問題」の世帯は自己責任という形で切り捨てられる?

厚生労働省『国民生活基礎調査』(平成25年)によると、「親夫婦と未婚の子の同居」は6.7%から12.2%に増加、そして「親一人と未婚の子」という世帯は7.6%となっています。

80代の親ともなると身体に問題が出てきてしまいます。なんらかの介護からの生活困窮、そして……。数字から想像できる未来は、決して明るくありません。

「8050(はちまるごーまる)問題」の世帯は、自己責任という形で切り捨てられるのでしょうか。。。

 

3月5日にやるせない報道が……82歳母と52歳娘、孤立の末に

3年後、5年後に社会的悲劇がつぎつぎに起こってしまう!? 深刻な「8050(はちまるごーまる)問題」
札幌市内のアパートの2人暮らしの母親(82)と娘(52)とみられる遺体が見つかった。死因は低栄養状態による低体温症。母親は昨年12月中旬に、娘は年末にそれぞれ飢えと寒さで死亡したとみられる。(北海道新聞 2018年3月5日)

 

 



 

 

 

孤立社会支援が必要だが、行政に体力があるとは思えない

抜本的問題は……とにかく当事者が挫けずに戦うしかないのか。。。それはツライかも……ですよね。

ひきこもりの長期・高年齢化は年々深刻化してきています。年金もカットされ、満足な収入も得られず、静かに孤立しながら忍び寄る死の気配の中で生きる日々。これでは精神的にさらに追い詰められてしまいますよね。

こういった問題は行政主導で看護師、作業療法士、精神保健福祉士、精神科医などでチームを編成して対処していくべき問題です。しかし、今後、孤立社会支援するだけの体力は行政にも残っていないのではないでしょうか。

内閣府は該当世帯の調査を行うようです。NPO法人「KHJ全国ひきこもり家族会連合会」によると、40歳以上のひきこもりは16万人以上いるそうです。

孤立が深まれば深まるほどに社会復帰は困難になってきます。

 

 

 

切羽詰まった社会に必要なのは意識改革だ

解決策は社会復帰をすることです。当事者が働くことです。でぉりだぇ多様な人材をいかに社会や企業が受け入れ、能力を発揮させるか……そんな姿勢が社会の意志として必要です。

現状では受け皿がなかなか見つかりません。すでに日本は搾取社会になっていますので、高齢者は能力を充分に発揮することもできません。

ひきこもりと企業をつなぐアクションをしたいところですが、残念ながら私にも余裕がありません。

 

 

 

仕事や生活に困っている方は、自治体の相談窓口へ!

平成27年4月から生活困窮者の支援制度がスタートしています。相談窓口では各自の状況に合わせた支援プランを作成し、専門の支援員が解決に向けた支援を行ってくれます。

充分な対応が為されているのかどうかに関しては疑問もありますが、最悪の状況になる前に相談に行くことは必要でしょう。

相談窓口は「自立相談支援機関の窓口を教えて欲しい!」と都道府県、市町村へ問い合わせてみてください。地域によって異なりますが、社会福祉協議会や企業組合、NPO法人などが窓口になっているケースが多いです。

下記から全国の窓口を情報をダウンロードできます。

<平成29年度自立相談支援機関窓口情報(2月1日現在)[497KB] >
http://www.mhlw.go.jp/file/06-Seisakujouhou-12000000-Shakaiengokyoku-Shakai/0000191346.pdf

 



ピンチはチャンス!? 私は誇りに殉じる???

さて、私も当事者みたいなものなので、どうしたものか……非常に悩ましいです。でも、ギブアップするわけにはいきませんよね。でも、頑張りきれない疲労感の日々です。

気分的には誰かに助けられるよりも、誰かを助けたいポジションにいたいキャラです。そんなこともあるので、誇りに殉じる道を歩んでいきそうな予感がします。

とにかく……まずは「月間100万PV」に挑戦ですね! 記録カテゴリーはこちら(https://27watari.com/category/challenging)。

 

 

 

 

 

 

 

↓私はこんなヤツです。
【アクセスアップ発信術/2018年版】ブログで共感者を集める9つの決め手
「よかったらツイッターのフォロー、応援よろしくお願いいたします☆」

 

スポンサーリンク



 

お仕事ご依頼、ブログのご感想などはメールでどうぞ。

 

つなワタリ
紙媒体(チラシ・パンフレット・チラシ・書籍・雑誌)の企画・編集・DTP・デザインから印刷物納品まで、関東圏内でのスチール撮影(プロフィール写真・イベント撮影・ライブ記録・レタッチ・定点映像記録撮影/1時間10,000円〜要相談)、WEBメディア掲載サポート(企画・編集・SEOライティング・取材・撮影)、オリジナル小説や企画作品の原稿執筆(プロットからの制作可能)、イベント運営(企画・サポート)などのお手伝いをいたします。下記からお気軽にお問い合わせください。

<特に下記の経験値が高い>
・スーパー特急チラシデザイン
・人物取材全般(オールジャンルが基本だが、より人間に迫るドキュメント系)
・地域活動文化(ボランティア、NPO関連)、草の根アートに精通(20年ほどの経験値)
・50〜2000人規模程度のイベントプロデュース

>> お問い合わせする

>> 会社サイトはこちら

 

-社会問題, ■心のつぶやき
-

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

関連記事

突破するためには圧倒的な熱量が必要! 燃焼の法則から導き出した「熱量の法則」

突破するためには圧倒的な熱量が必要! 燃焼の法則から導き出した「熱量の法則」

どうもピリッとこない毎日です。モヤモヤ&ウズウズしているような、まるで自分の中のパイプが詰まっているような感覚。こういうときにはどうすればいいのでしょうか? ダラダラ考えていること自体が時間の無駄です …

人生流転 心の「つぶやき」|つなワタリBLOG

こんな人と付き合ってはいけない! 慌てる人・正当化する人・雑な人・八つ当たりする人

目次1 すぐ慌てる人と付き合うと、後始末に翻弄されることになる2 慌てる人にとって最大のストレス発散方法は、八つ当たり3 相手の性質を日常生活の中でチェックする方法がある4 不快な気分を忘れるためには …

人生流転 心の「つぶやき」|つなワタリBLOG

正しい姿勢、深い腹式鼻呼吸が脳を育て、思考を豊かにする

胸を張れ、姿勢を正せ。 脳天を宇宙と直結させよう。   深い腹式鼻呼吸で新鮮な空気を取り入れよう。 脳が活性化し、思考が充実してくる。   風呂に入ったときに 湯船に頭を沈めてみよ …

人生流転 心の「つぶやき」|つなワタリBLOG

人生はシンプルだ。感謝を忘れず、決めたこと行うだけで自分は変えられる

決めたらやれ! そんなことはわかっている。   でも、すぐに忘れてしまう。 脳がイカレテいるんじゃないかと思う。 前頭葉が壊れてしまっているのか? 精神疾患なのか? もしかすると病気なのかも …

「無謀」のイメージを向上させるのが、プロ無謀家の役割だ!

「無謀」のイメージを向上させるのが、プロ無謀家の役割だ!

捨て身のプロ無謀家を肩書きにして世の中に爪痕を残そうとしている「つなワタリ(@27watari)」です。 10日で新規50記事から1カ月。あらたに3週間で65記事を掲げながら、進み具合は牛歩状態です。 …

関連コンテンツ

サイト内検索はこちら

つなワタリです。どうぞよろしくお願いいたします。 


LINE友だち追加

肩書きは「エディトリアル・アーティスト」&捨て身の高熱量「プロ無謀家」。集めて、編んで、外に発信することが生業。文章、映像、写真、イベント、コミュニケーションなどを活用しながら編み、考えていることを掘り下げて伝えていきたいと思っています。また、自分に負荷を与えるのが好きな性質を利用して、「プロ無謀家」として獣道を切り開きたいと思っています。

サイトタイトルの『インテリジェンス・ライフ』は「intelligence for good life」の略。生きた情報(インフォメーションではなくインテリジェンス)を大切にしたいという願望からつけました。

>>>プロフィール詳細

>>>お問い合わせ

>>>What’s New

>>>ウィッシュ☆ネットワーク|相談・共有・情報交換掲示板

2018年9月
« 8月    
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
スポンサーリンク